パリャーソ

  • news
  • パリャーソ
  • セレッソ
  • 「セレッソ」ツアー
  • いままでのパリャーソ
  • ライナーノーツ
Palhaço news 
最新ニュース | 言葉音楽会関連 | 過去のニュース



■3/3 言葉音楽会のダイジェスト、今度は3/4から24時間オンデマンド放送!

言葉音楽会vol.2 疑似パノラマ

配信期間は3月末までとなりました。
期間中にめいっぱいお聞きください!


みなさまお聞きいただけましたか~!
プレゼント、これいますぐ応募してください。
もうね、スタッフMi今回みなさまのために応募我慢します。そんでスタッフMiのぶんのプレゼントどなたかもらってください。
もう、いいです、みなさまに喜んでいただけるならばそれこそがスタッフMiの喜びです。
どうですか?良かったでしょう「じゃあね」。スタッフMi焼き芋食べながら聞いてたんですけど「じゃあね」でまた切なくて胸がこういっぱいになってしまいました…。

ラジオNIKKEI本多さま、いい番組を本当にありがとうございます。

さてその本多さま、素敵な番組が作れて可愛くて美人なだけじゃなく、さらに優しくてよく気がつく繊細な方です。
なにしろ今日オンエア聞けなかったという方のために「オンデマンド放送」でもこの「ラジオがやってくる! 谷川俊太郎と自由学園の子どもたち」を配信してくれるということで、ああもうほんとありがとうございます。

で、そのオンデマンド放送の聞き方は?というとこれがもう既に番組ホームページ「特別番組『ラジオがやってくる! 谷川俊太郎と自由学園の子どもたち』」で詳しく解説されていますのでみなさまぜひご覧くださいね!!

オンデマンド放送は本多さまからのメールによると配信期間は約2ヶ月間(予定)3月末まで、24時間聴けるとのことなので、ぜひみなさまももう何度でも聞いて自由学園初等部のみんなと「じゃあね」歌ってくださいね~!



■3/2 言葉音楽会のダイジェストいよいよ明日オンエア

もう、あの、ほんと春です。

いや、まだ寒いだろとかそういうことじゃなくてですね、スタッフMiついさっきラジオNIKKEI本多さまより再びメールをいただいてしまったんですよ。
ああ、なんかこう、生きててよかったっていうか、ほんとに、人生ってこういういいことも起こるもんなんだな~なんて、いま幸せに浸ってます。

もうなんていうか、この、メールからなんかね、沈丁花の香りまでしてるような、そんな気さえしてます。
何が幸せって、なんか本多さまってばどうやらスタッフMiを心の中であだ名つけて呼んでくれてるみたいなんです。
宛名があだ名で書いてあるんだと思うんですよ、これ英文メールでいうと「Dear スタッフMi」ってなる部分ですね。 ここに「関係者各位」って書いてあるわけです!!
ちょっと堅苦しい感じもするけど、でも、こんなきりっとした素敵なあだ名で呼んでくれてるなんて幸せ過ぎ…。

そんな個人的なことはともかく、そのメールに記されていた情報からスタッフMi新たな情報を鋭くキャッチしました!
番組ホームページ「ラジオがやってくる! 谷川俊太郎と自由学園の子どもたち」、ここご覧ください。
ここ本多さまが書いてるんだと思うんでまず一言一句漏らさず読んでくださいね。
で、そのページの下の方、そこになんと!!「放送内でプレゼント告知、放送後にオンデマンド配信があります。」の記載が!!
ってことは?番組中でプレゼントの告知がある、つまり、番組を聞くとプレゼントがもらえるかもしれない、とこういうことですね。
ああもう本多さま番組を作るだけでもすごいのに可愛くて美しいし、しかもそれだけじゃなくてさらにプレゼントまでくれるなんて、スタッフMiいいですわかりました、もう毎日この番組聞きます。毎日聞いて毎日応募します!!

これみなさんも是非聞いてプレゼントもらってください。
なんでしょうねプレゼント。
ひょっとすると賢作さんか続木さんか俊太郎さんもらえたりするんでしょうか。
となるともらったらもらったで結構困るけど本多さまがくれるっていうならもらいますよスタッフMi。

あっ、そうそう、3月3日ってラジオの日なんだそうです。
ラジオっていいんですよね、なんか、自分が受信してるっていうその感覚が。
そういえば俊太郎さんもアンティークのラジオ集めてるし。
そんなこんないろいろ思いつつ是非お聴きくださいね。
言葉音楽会当日お越しいただけなかったみなさまはもちろん、現場でお聴きいただいたみなさまも、初等部生のインタビューなんかもあるそうなのでさらに楽しめると思いますよ~!

関連URL:民放統一キャンペーン『ラジオがやってくる!』のウェブサイト



■2/28 言葉音楽会のダイジェストがついに3/3(水)19:15 ラジオNIKKEIでオンエア決定!

ってなわけで、みなさまがやや忘れかけてたこのオンエア、スタッフMiはちゃんと覚えてましたよ。
ほんとですよ。
ほんとなんです。
ほんとに忘れてなかったんですよ~~っ!

じゃさっそく本題に入りますけど、とにかくそのダイジェストの詳細情報をラジオNIKKEIのメディア本部情報制作局というものすごいかっこいい部署のものすごい美人担当者である、本多麻記子さまよりメールで送っていただきました。

いいですかみなさま、いまさらっと書きましたがここ非常に重要ポイントなのでしっかり読んでくださいね。
スタッフMi宛てにメールを送ってくれたということは、どういうことかというと、つまりスタッフMiも本多さまにメールが送れるということですね。

いや、別にそれだけなんですけどね。
でもなんか羨ましくないですか。
なんか何がどうって言うんじゃないけどそこはかとなく羨ましくないですか。

そんなことはさておき、そうです、詳細情報行きますよ~、メモの準備はいいですか~っ。

放送媒体と時間
ラジオNIKKEI第一放送
3/3(水) 19:15~20:00

特別番組タイトル
ラジオがやってくる!谷川俊太郎と自由学園の子どもたち
■そのほか配信媒体
※ラジオNIKKEIは、全国エリアの短波ラジオ(SW)放送局です。
ラジオでお聴きになる場合は下記周波数でご聴取いただけます。
短波放送 第1放送:3.925MHz、6.055MHz、9.595MHz

以上オンエア情報、ラジオNIKKEI本多さま、情報提供ありがとうございました。



■2/19 言葉音楽会の模様はライブレポで!

みなさまご来場本当にありがとうございました。
今回も実に楽しくて素敵な会となりました。
ライブレポを「第二回言葉音楽会、行ってきました」にアップしましたのでご覧くださいね~!

注目の衣装、1着は賢作さん、で?残るもう1着は果たして誰のものか…。



■パリャーソ@モコモコの話と言葉音楽会の追加写真 (11/21 up)

パリャーソファンのみなさまお元気ですか。

このところすっかり秋ですね。いや、冬ですか。秋ですよね。いやすごい暖かい冬かな。いやいやすごい寒い秋ですって。いやいくら寒いったってこの寒さは秋?冬?
すんませんどっちでもいいのでとりあえず話進めていいでしょうか。

さて、スタッフMi、いまなにしろ季節は秋真っ只中なのでなんとか物思いにふけろうと頑張ってます。
なんとか頑張ってTAM office衣装部夢ちゃんに洋服注文できるような大人の人になりたいです。

あ、みなさま、いまなんかそれのどこがパリャーソと関係あるんだって思ったんじゃないですか。
鋭い!鋭すぎてスタッフMi先端恐怖症になりそう!
ものすごい関係あるんでもうちょっと待っててくださいね。

日夜勉学勤務育児競輪競馬暴飲暴食不倫昼寝散歩と忙しく活動されているみなさまを見習ってみようと、スタッフMiとりあえず手始めに11/20日、一日休暇をとってみました。
ああなんていい響き「休暇」
いいですよね~「休暇」
はいみなさまも一緒に言ってみてください「休暇」

なにしろ自然を愛するスタッフMi、自然に生きてたらどういうわけかラッキーなことに自然に休みが増えていくのでいままで特に休暇を取ろうとか考えた事ってなかったんですよね。
なんかすごい新鮮です。

ともかく早速休暇届けを自分に提出し無事認可が下りたので何をしようか考えに考えたあげく前々から行く予定だったパリャーソライブat町田モコモコに行く(ライブレポ参照)ことに即決定!

と、そんなようなわけで大いに休暇を堪能した一日でした。
しかし休暇っていろいろ起こって楽しいもんですね。

それで、その楽しい休暇に堪能したパリャーソと、俊太郎さんが出演した第一回目の「言葉(ことのは)音楽会」の写真、やっとアップできる状況になりました。2010年2月13日(土)にはこの「言葉(ことのは)音楽会」の第二弾もありますので是非ご予約くださいね。

写真は全て Honest Wise さんの撮影&提供です。Honestさん、ありがとうございます!!

Highslide JS
続木さん自薦 1
今後この写真をプロフィールに使いたいという続木さん。
Honest Wiseさんの写真について続木さんからめぐみさんに「被写体になっている人の良い部分に光を当てようとする目のやさしさがなせるわざでしょうか。」とのコメントがあったそうです。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
続木さん自薦 2
これはハーモニカについて話をしているとこですね。
続木さんって誰に対してもいつも同じく優しく接してくれるんですよね。
音楽が聴けることはもちろんだけど、続木さんに会えることもライブの楽しみの一つになってる方、多いと思います。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
続木さん自薦 3
このとき続木さんが話していた学園で学んだことの話、とってもいい話でした。
続木さんの話きっと学園生のみなさんの心に残ってると思います。
Photo:© Honest Wise

Highslide JS
俊太郎さんの衣装
TAM office衣装部の夢ちゃん作、俊太郎さんの衣装。
衣装は俊太郎さんと賢作さんそれぞれデザインが違います。
こっちは袖にボタンのない形状で俊太郎さんの好みに合わせてあるそうです。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
賢作さんの衣装
こっちは袖にボタンがあって、ピアノを弾くのに邪魔にならなくていいですよね。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
お披露目
衣装を見せている俊太郎さん。
嬉しそうにお披露目してました。
Photo:© Honest Wise

Highslide JS
背中
賢作さんの方はこの背中も特徴。
ちょっと色が違うところがいい感じ。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
待ってる
なにかきっかけ待ちですかね。なんかこの様子が可愛いですね。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
こんなに
音が出るとこがこんなにあったらどれがどれだかわかんなくなんないんでしょうか。
Photo:© Honest Wise

Highslide JS
そういえば
俊太郎さんの眼鏡もおしゃれなんですよ。
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
そういえば、といえば
賢作さんと
Photo:© Honest Wise
Highslide JS
ほら
続木さんは青系で、三人ともスタンドカラーですね
Photo:© Honest Wise

パリャーソロゴ
パリャーソ

パリャーソ [ 続木力+谷川賢作 ]

もじゃもじゃ頭が揺れ、細い目が線になり、うなり声が上がると、力強いリズムとタッチが空間を揺さぶる。これに呼応し、続木のハーモニカが震える。さらに谷川がアグレッシブに反応し、温かく粋なかけ合いが続く。ときには郷愁を漂わせたり、雄大なスケールを感じさせたり・・・、ふたりの持ち味が小気味よく交差する。(絹川賢治)

パリャーソとは、ポルトガル語でピエロ、道化師の意味。ジャズにしっかりと軸足をおきつつも、ポップスから童謡・ラテンまでジャンルにとらわれず、古今東西の名曲を演奏する二人組。2001年12月の結成以来、全国各地でのライブ、コンサートはすでに400本近い。ヨーロッパ各地で研鑽を積んだ続木と作・編曲家としても多彩な活動を繰り広げる谷川との粋なかけあいは多くのファンを魅了している。
アルバムは、02年4月「パリャーソ」04年3月「ヌアージュ」05年6月「グリオ」など。最新作は、09年3月「セレッソ」(JMCK-3009)

続木力 Tsuzuki Chikara
-ハーモニカ-
1958年京都生まれ。 自由学園高等科在学中に、日本のブルースハーモニカの草分け、妹尾隆一郎の演奏に接し、ハーモニカを独学する。
77年、家業の製パン技術を学ぶべく渡仏するが、80年頃からパリを中心にヨーロッパを旅して路上演奏するようになり、ジャンルを問わず数多くの多国籍ストリートバンドに参加する。
89年より、フランスのシンガー・ソングライター、ジャック・イジュランのレコーディング、コンサートツアーなどでサポート。
92年に帰国し、ジャンルを越えてセッション活動をしている。
97年にリーダーアルバム「ディライト」を、ホリプロ・ポニーキャニオンよりリリースした他に、小林桂、鈴木重子、西村由紀江、六角幸生、その他数多くのレコーディングに参加。
現在は、谷川賢作(p)とのデュオユニット「パリャーソ」、宮野弘紀(g)吉川よしひろ(cello)とのトリオ「S.K.B」、実兄の続木徹(p)との「続木ブラザーズ」、小泉清人(g)とのデュオなど、幅広く演奏活動を行っている。

谷川賢作 Tanikawa Kensaku
プロフィールは谷川賢作プロフィールをご覧ください



 パリャーソ 7th album & おーらいレコード 100th album『セレッソ』

Cerezo

「Cerezo」パリャーソ with フレンズ
好きなことやって生きるって、なんて素晴らしい。
JMCK3009 ¥2,500 (税込)



パリャーソ [ 谷川賢作 & 続木力 ]
with
Friends are …
荒玉哲郎 大坪寛彦 岡野裕和 岡本博文
川瀬眞司 小室等 こむろゆい サキタハヂメ
島田和夫 上海太郎 谷川俊太郎
津田兼六 深川和美 船戸博史 前重英美
山田晴三 山村誠一
ちんどん通信社 [ 林幸治郎 小林信之介 ジャージ川口 ウッチー内野 仮屋崎郁子 ]
mitatake [ 佐野岳彦 見田諭 ]
    収録曲
  1. マイ・ワイルド・アイリッシユ・ローズ
  2. Take me to a record shop
  3. ちからのいっぱい
  4. 汽車と川
  5. 待ちぼうけ
  6. キートンの船長さん
  7. リトル・ナッツ・アイランド
  8. 北風と太陽
  9. 月の砂
  10. 冬の夜
  11. ジャパ二-ズ・ルンバ
  12. 桜(朗読)
  13. セレッソ

CD[「セレッソ」によせて
1999年の春、おーらいレコードは1枚のCDをつくりました。それから10年・・・。
まさか、100枚目のCDをリリースすることになるとは。
春になれば、咲く花は同じでも、それを眺めている私たちはどこか少しずつ違っていたりしている。限りある命だからこそ、自由に生きるとしても悲しくて切ない気分が息をひそめているし、 何気ない日々の暮らしの中にだって、優しい幸福な時間は何度もやってくる。
ああ、また、新しい風が吹いてくる。
この『セレッソ』は、おーらいレコードのまさに、<今を生きる>そのものです。
おーらいレコード・清水紹音

セレッソ録音風景
録音に同行したおーらいレコード社長のじょうおんさんから録音風景が届きました。
この日どんな音楽が生まれたのか、それはセレッソを聴いてのお楽しみです!
Highslide JS
賢作さん
まずはパリャーソから賢作さん
どの曲を弾いているところでしょうか
Previous   Next
Highslide JS
力さん
こちら力さん
真剣な眼差しです
Previous   Next
Highslide JS
小室家のお二人
手前がゆいちゃん、奥が等さん
「ここはこんな風にやろうか」なんて打ち合わせつつ
さて指示を出しているのはどっちでしょう
Previous   Next
Highslide JS
師弟対決!?か!?
手前がmitatakeのtake担当の佐野岳彦、奥が力さん
「ここどんな風にやるんだっけ?」なんて確認しつつ…
違いますよー、たぶんプレイバック中ですね
Previous   Next
Highslide JS
mitatakeのお二人
手前がmitatakeのmita担当の見田諭、奥が佐野岳彦
これは貴重なショットです!!
おーらい社長のじょうおんさん撮影の写真には珍しく、ピントがばっちり合ってます!!
紙コップの袋にではありますが
Previous   Next
Highslide JS
みんなで
これは全員でのコーラス録りですね
プレイバック中です
Previous   Next
Highslide JS
録音が終わって
どこにもないものがこうやってここにできあがったということが素直に嬉しい瞬間です
それはライブでも同じです
パリャーソの旅はこうして続いていきます
Previous   Next


おまけ - パリャーソの旅
全国津々浦々いろんなところでいろんな人と出会いながら

Highslide JS
なんて素敵な
こういう雰囲気いいですね
障子や窓の外の木や畳が、ピアノのそばでお客さんと一緒に音楽を聴いています
Previous   Next
Highslide JS
何億円でも
ここはなんと1億円の家のモデルルーム、というかモデルハウスというんでしょうか、そういうところだそうです
1億円というのは1日1円貯金して1億日かかって貯まるのが1億円、1億人の人から1円づつ貰い続けてやっと貯まるのが1億円、そういう途方もない金額です。
それはともかく、こういう場所でライブができるのも身軽なパリャーソならではです
※この家にパリャーソはついてきません
Previous   Next
Highslide JS
どこでもないどこかへ
パリャーソの音楽はいつどんなところで聴いても、聴く人の心をいろんなところへ旅させてくれます
これはどこか講堂のようなところでしょうか
ステージが始まるとこの場所が海になったり山になったり路地裏になったりします
Previous   Next
「セレッソ」発売記念
「卯の花の匂う垣根に…パリャーソ2009」ツアー

2009年6月26日(金) 寝屋川から2009年7月1日(水)名古屋まで計6ヶ所、各地で様々なゲストを迎えてお送りします。

いよいよ近づいたセレッソツアーに向けて被害者、いや、出演者のみなさんからツアー出発に向けての意気込みなど無理矢理寄せていただきました!
とにかくもう早くしないとツアーが始まってしまう!っという焦りのあまり提出順に貼り出してしまいましょう。




出演者の皆さんメッセージありがとうございます!

ちなみに深川さんは「バカっぽくてすみません~。」というコメント付きでコメントを送ってくれましたが、そうですか~、いや~深川さんもバカだったんですね。大丈夫です、なんとなくそんな気はしてました。深川さんバージョンの「ばか」も聴いてみたいですね。

寝屋川のお知らせそしてミタタケのミタじゃない方として有名な佐野さんからも熱いメッセージが!しかしあれですね、なんかまだ帰れるつもりのようですがいいんでしょうか。頑張ってください。

続いて届きました、ミタタケのタケじゃない方として知名度の高い見田さんからも、やっぱり何人出るのか、俺たちのギャラは大丈夫なのかという切実なメッセージですね。ギャラはひとグループごとに出るのだとしたら、mitatakeは二人だから…

おおお、そんなことを心配してる今、前重英美さんからも届きました。これはなんとも素敵なメッセージ!よく音楽業界では何をやるかぜーんぜん決まっていないときにこういう言い方をしますが、セレッソツアーは違いますよー。ばっちりみなさんに楽しんでいただくために準備万端です。

津田さんからも届きました。このミュージカルというのは昨年神戸で上演された「赤毛のアン」ですね。この短い文章の間になにかこう、賢作さんがいきなりはじけて相当困った様子がよく現れてて感動しました。

続いて山村さんのメッセージ、いいですね、そうです、そんな感じなのでみなさん気軽に来てください。

ああ、良かった、小室さんのコメントがいま届きました。あ、ごめーん、mitatake、なんか偶然っていうか~、いまものすごい突風が吹いてきて下の方にずり落ちちゃって…。いやそれにしても小室さんありがとうございます。スタッフM、ちょうど今小室さんのコメント書いてたとこだったんですけど間に合ってよかったです。
私事になりますが、昔ゆいちゃんに連れてって貰った小室さんの別荘で壁に掛けてあった民族楽器を勝手に弾いたのは僕です。この場をお借りしてお詫びします。

はい、みなさまおはようございます、本日は24日、ということはもう明日の次がツアー初日なんですよね。しかしそれにしても、ツアー初日からいきなりライブという過酷なスケジュール、心中お察しします。どうなんでしょう、なんかこう、生まれ変わったらなにになりたいと思いますか。さあそんな爽やかな朝の思索の時間の真っ最中ですが、今日もメッセージいただきました。

ベースの岡野さん、なんというか、なんですね、その、多少どうであっても体が元気ならそれがなよりだとスタッフMほんとにそう思います。

次の患者さん、あっ、川瀬さんでした。川瀬さんすごいですよね。文章で日本語を放棄するってなかなか普通できないことです。そういえば川瀬さんも昨年の「アン」に出演していたんですよね。何があったのでしょうか。

ということでみなさま、出演者からのメッセージは到着し次第すぐさまなんのチェックもせずにここにアップしますのでお楽しみください!
出演者のみなさまも、まだまだメッセージお待ちしていますので、賢作さん宛にメールでお送りくださいね。
あとツアー中に泣きたいことや誰にも言えない辛いことがあったら遠慮なくメッセージを送ってください。全てここにアップします。

ツアーの予約をしていないという方、どんな人たちなのか興味がわいたという方、雑菌が誰なのかこの目で確認したいという方、なんか変わったものを見てみたいとふとここ5~6年ずっと思ってるという方、みなさまぜひぜひお近くの会場をスケジュールページでご確認のうえ会場にご予約ください。
出演者一同&スタッフ一同大歓迎でお待ちしています。サインが欲しいとか握手してくれとかそういうのも全然OKな出演者なのでお気軽にお声をおかけください。引っ越しの手伝いしてくれとかはやんわりお断りすると思いますが、でも一応言ってみると案外いけるかもしれません。ちなみにスタッフMはお箸以外はもてません。

6/26(金)大阪 寝屋川市 寝屋川市民会館小ホール
6/27(土)兵庫 三田市 三田市総合文化センター郷の音小ホール
6/28(日)広島 尾道市 なかた美術館1F展示室
6/29(月)大阪 吹田市 メイシアター中ホール
6/30(火)大阪 大阪市 フラミンゴ・ジ・アルーシャ
7/1(水)愛知 名古屋市 TOKUZO


セレッソツアーチラシ

各レコード店やインターネット通販、また、各ライブ会場で扱っています。
「通販可能な作品」のカテゴリはTAM officeでの通販が可能な作品一覧です。
画像をクリックすると通販の方法が表示されます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


copyright (c)2000 - 2010 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com