パリャーソ

  • news
  • パリャーソ
  • セレッソ
  • 「セレッソ」ツアー
  • いままでのパリャーソ
  • ライナーノーツ
Palhaço news 
最新ニュース | セレッソツアー関連 | 過去のニュース



■紹音さん撮影シリーズ その4

セレッソツアーの紹音さんの写真かなりいい感じです。
いったい何があったのでしょうか。
アップした以外にもまだまだいい写真があるんですけど、サーバの容量の関係で全てをアップできないのが残念です。
そんな紹音さんの撮影シリーズ、セレッソツアー完結編ということで今回は6/30の大阪と7/1の名古屋の模様をお送りします。

こうして見てみると、このツアーは会場のバリエーションも面白いですね。
ホールやレストラン、画廊にライブハウスとそれぞれにその場の雰囲気があって、非常に興味深いです。

で、9/12~13の「夏音アート2009」、これは野外ということで、屋内とはまた違う開放感の中で聴く音楽を楽しんでいただけます。
暑さも含めて夏にしか味わえないものってありますよね。
夏の夜の雰囲気を是非味わっていただけたらと思います。

制作スタッフもみなさまに楽しんでいただけるよう着々と準備を進めていると思いますので是非ご期待ください!

紹音さん撮影シリーズその4 6/30大阪編 7/1名古屋編をアップしました。

Highslide JS
準備中
小室さんのリラックスぶりがいいですね。
6/30大阪で
Previous | Next
Highslide JS
盛況です
これはほぼ満席なんではないでしょうか。
写真は縮小してあるのでこれだと見えないですが、料理もおいしそうできっと楽しんでいただけたと思います。
6/30大阪で
Previous | Next
Highslide JS
ステージが終わって
なんかこの写真好きです。
賢作さん、小室さん、前重さん、力さん。
6/30大阪で
Previous | Next
Highslide JS
名古屋で
マリンバを弾いているのがsoyのお二人。
7/1名古屋で
Previous | Next
Highslide JS
soy
マリンバだけじゃないんですね。
いろんなパーカッションもこなすお二人です。
7/1名古屋で
Previous | Next
Highslide JS
記念写真
左端は下の方の記事に告知のある、 MID-FM 76.1MHz「架空旅団平野達也の時空旅行」の平野さんです。
写真の画質が荒れててすみません。
それでもsoyのお二人の可愛さは伝わってしまうという…。
soyも「夏音アート2009」に出演するんです。
なんだか急に「夏音アート2009」に興味が出てきたという方、いいんですよ、お待ちしてます。
7/1名古屋で
Previous | Next


■セレッソツアー関係 セレッソツアー最終日のライブ録音がオンエアされます!

mid_fm imageセレッソツアー最終日名古屋TOKUZOのライブ録音が MID-FM 76.1MHzの「架空旅団平野達也の時空旅行」でオンエアされます。
あ、予定ですね。オンエア予定です!
やっぱり野球のあれやこれやでどうにかなるのかもしれませんが… 「ON AIR予定日 7月13日と20日の月曜PM7:00~8:00 2週にわたって放送致します」
ということですのでみなさま期待してお待ちください。
しかしこれ2週にわたるともうステージ全部オンエアになるんじゃないかって勢いですね。言ってもらえれば生で延々やるのでいつでも言ってくださいねMID-FMさま。総勢30名くらいで押しかけます。

おーらいの紹音さんから写真レポが届きました!
もうほんと今回いい写真が多いです。mitatakeが女の人を撮ってる間にこうしてちゃんと要所要所を撮っていてくれたんですね~。

紹音さん、さすが元デザイナーだけあって構図が素晴らしいんですが、今回はどうしたことか、ピントも合ってるものが多数。
枚数が豊富なので厳選しつつアップして行きますのでお楽しみに。

まずは26日と27日撮影の中から超厳選を各日3枚ご紹介です!

Highslide JS
夜になりかけ
26日
これはたぶん寝屋川の会場前ですね。
ところで寝屋川って名前は良く聞くような気がするけど、何か美味しいものでもあるんでしょうか。
Previous | Next
Highslide JS
自然に
26日
みんな笑ってます。
音楽ができあがる現場をそのまま体験できるのがライブの良さですね。
Previous | Next
Highslide JS
これが
26日
mitatakeの二人。
音楽のことだけをいつも考えて
いるんじゃないとこがいいんです。
Previous | Next
Highslide JS
川瀬さん
27日
ギターって押さえる弦と弾く弦が同じじゃないと音が出ないんですよね。
間違うと音が出ない。左右お互いは同じ会社にいるんだけど部署が違ってつきあいはないみたいなんですね。
川瀬さんの中ではこっちで押えてるんだからそっち空気読めよ!とかなってるんでしょうか。大変ですね。
なんかもう考えただけで恐ろしい楽器です。それでも素晴らしい音楽を作り出せるんですね、
そんなことを考えると人間ってすごいな、生き物って不思議だなと思わずにいられません。
Previous | Next
Highslide JS
岡野さん
27日
ベーシストは人格者が多いそうです。
常に状況を判断し冷静に対処し、つまり指揮者みたいな感じなんだと思います。
誰も言うことを聞かなくてもいつもにっこり笑っている、そういうひとに、憧れてたんでしょうね宮沢賢治は。
Previous | Next
Highslide JS
パリャーソ
27日
慌てて現場で書いてるわけではありません。
じゃないと思います。
なんか好きですこの写真。
Previous | Next


■セレッソツアー 終了しました(7/2)

みなさま本当にたくさんのご来場ありがとうございました。
パリャーソ with フレンズの最新アルバム「セレッソ」、様々な理由で会場でお買い求めいただけなかったみなさま、ご安心ください。全国各CDショップでも、通販でもいつでもお求めいただけます。もうほんと便利ですよね通販。いくら買っても全然重くないのがいいですね。

で、mitatakeの佐野さんから6/30日のレポートが到着したので、ぜひぜひミタタケレポをご覧ください!写真も本文中にたくさん入っています。

以下賢作さんからの写真レポも届きました!


Highslide JS
ちんどん通信社さん
そうです、佐野さんは主に女の人を撮っていたのでちんどん通信社さんのステージ写真がなかったのです。
運良く賢作さんが撮っておいてくれました。これは6/30のステージです。
Previous | Next
Highslide JS
もう一枚
これも6/30のステージです。
「おい佐野!女の写真ばっか撮ってんじゃねえぞお」
Previous | Next
Highslide JS
巨大な
マイケル。
「なぜか客入れ時にマイケルのすんごいステージがずっと流れてる
どうすんごいかというと昔のビートルズのステージみたいに、失神客が続出で次々担架で運ばれていくのです。
コンサートが戦場のようだ、、、」
これも6/30ですね。
Previous | Next
Highslide JS
待ってます
「さらさらサラダ」は野球の影響で放映中止になってたんですね。
8月の5~7日の間のいつか、が次の放映予定です。
Previous | Next
Highslide JS
うどん
「問題の大阪なのにうどんがまずいぞ定食
take担当にそんなオーダーのドラマがあったなんて、、、
知らなかった それと社長のやさしさがよくでていますね。
この心配りがバックステージでもあったらいいのにね。
見つめて帰るだけではなく」
Previous | Next
Highslide JS
うどん
「こちらは昨日(7/1)名古屋で食べた"美味い!味噌煮込みうどん"」
Previous | Next
 
そして見田さんからも
Highslide JS
それにしても
mitatakeって、二人とも実にいいものを持ってますね。
もう遠慮せずもっとどんどん出してください。


便利ツール:パリャーソの動きがひと目でわかる!! TAM office情報部特製「パリャーソいまどこマップ

セレッソ」は各ライブ会場でも販売中です。



■セレッソツアー あろうことか6日目にして本日最終日(7/1)

全国のパリャーソファンのみなさま、このセレッソツアー、6日目なのにもう最終日なんです。
なんかやっぱり一日24時間無いですねこれは。もう確信しました。
地球温暖化とかなんか関係あるんでしょうか。あとそういえば今月何日かにすごい皆既日食があるとかで、それもなんか関係あるのかも知れません。
太陽ってもう何十億年もずっと光ってるし、やっぱりいつも光ってなくちゃなんないプレッシャーみたいなものもそれなりにあるだろうし、いろいろ嫌になることも充分考えられます。なんか木星とか勝手にすごい大きくなってて太陽になりたそうだし。

そんなわけで時間が経つのがすごい早いですが、それはそれとして、7月といえば本格的に夏です。そんな夏の蒸し暑い夜、TOKUZOでパリャーソ&小室等&soyの爽やかな笑顔と音楽に包まれて気持ちよくお過ごしください。
どんなステージになるんでしょうか、期待して待っててくださいね!



■セレッソツアー、5日目も初日と同じ新鮮さ(6/30)

たいてい5日目くらいはもう疲れてきてて気力だけで頑張る!みたいな感じになるバンドが多いんですけど、パリャーソ with フレンズは違いますね。なんで毎日新鮮な気持ちでやれるのか、不思議な気がします。
たぶん、みんなものすごく自然に生きてるからだと思うんです。生きてると音楽をやっちゃうんだと思います。
たぶん毎日の生活と音楽をやるということが同じなんですね。

もっとこうしたいとか、こういう音が欲しいとか、その部分で各自努力はしても、音楽をやることに違和感がないというのか。だから聴いてる人も普段の自分のままで音楽を有り難がらずに聴いていられるんだし、だから楽ちんになれるんだと思うんです。

パリャーソって、聴いてると音楽が自分の頭の上で鳴ってるんじゃなくて、自分が音楽にひたひたに浸ってる感じがします。
パリャーソ with フレンズ、一度聴くと後になってその聴いていた場そのものが懐かしくなるんです。その場にいたこととか、その場で聴いた音、見たもの、そこにいた人たちがを含めて心の中に残るんです。



■セレッソツアー、意外なことに中盤だというのにもう4日目!(6/29)

4日目ともなると普通の人ならもうだいたい見るとこ見たし、ふーちゃんの餌おばあちゃんに頼んだけど…心配だからそろそろ帰ろうか?なんてことにもなるわけですが、パリャーソ with フレンズ、なにしろパリャーソなんで全国のみなさまに夢と希望を振りまくためまだまだ旅を続けます!

ところで尾道から大阪っていうとどう行くのが早いんでしょうね。おそらく電車だと思うんですが裏をかいてパリャーソは車で移動します。だってみんなが早いと思うと電車混みますよね。混むということは渋滞になるということだから、渋滞の電車は避けて車で移動するわけです。なんかもうそこまで計算し尽くしてるってそういう部分があのクオリティの高い音楽を生み出す源なんですね。

さて、そんなカミソリのように切れるパリャーソに本日はまた大勢のフレンズが加わって夏の、あれ?もう夏なんですかね?夏って8月ですよね?まあいいか、夏の祭典が繰り広げられることになってます。ていうかこれこのツアーに参加したフレンズが全員出る日があったらよかったですね。えっある?なんと9/12~13の「夏音」がそれ?いやーそれは気づかなかったです、なんかもう痒いと思ったら既にかかれていたみたいな気分ですね。

ともかく本日もまたパリャーソはあのふわふわで固くてざらざらしてて噛めそうで噛めない寝る前によく見る砂嵐っぽいあれ、のようなちょっと怖い安心感、そして優しい激しさ、静かな熱気で吹田のみなさまをわくわくさせてしまうんですね。是非一度味わってください。音だけじゃない、パリャーソの世界があるんです。

今日は賢作さんから写真レポートが届いてます!届いた順に、「」内タイトル/コメントは賢作さんが仮で付けたのをそのまま流用してます~。

Highslide JS
なかた美術館で
「コンサート会場にはいろいろ絵が展示してあります
どれも高そう、、、
ピアノの後ろにはビュッフェの絵が。でも我々のイメージするビュッフェとはちと違う!?
そう晩年で画風を変えたらしい。」
Previous | Next
Highslide JS
ピカソなんですって
そういえばピカソ美術館行ったことがあります。
谷岡ヤスジに似てるんでびっくりしました。
まるっきりアサーーーーーーーーッの鳥の彫刻?が大事に展示されててシュールだったのだけが記憶に残ってます。
Previous | Next
Highslide JS
ギターって
1枚目のビュッフェを別の角度から撮ったそうです。
ギターって面白い形ですよね。
ピアノってあんまり描かれてない気がします。
大きいから人と合わせて描きにくいんでしょうか。
ピアノの中って不思議で面白いんだけど。
Previous | Next
Highslide JS
「熱く語る川瀬さん!」
「三田の郷の音ホールの楽屋にて」
Previous | Next
Highslide JS
「そろそろ打ち上げ終了か?」
「おねむな力様とタケ
まだまだ語る見田君」

※三田での打ち上げと思われます
Previous | Next
Highslide JS
「三田のホールを袖から」
袖からの光景って好きです。
期待でわくわくするお客さんが待ってるその雰囲気がいいんです。
Previous | Next


■セレッソツアー、なんと3日目にして早くも3日目!(6/28)

というわけで、もうなんか勢いつきすぎてこのぶんだと5日目くらいには10日目くらいになりそうですが一日一日を精一杯生きるパリャーソwithフレンズのツアー、本日は尾道に登場です。

本日の会場なかた美術館さんはサイトを見ていただくと日本の画家のコレクションも充実しているのがわかると思いますが、なんかいいですね。西洋だからいい作品とか、そういうの無いですからね。

パリャーソもまさにそれです。パリャーソはパリャーソなところがいい。何風とかなんとかっぽいというのじゃないのがいいんです。
パリャーソは谷川賢作&続木力そのもので、二人でやるからどっちかがどっちかに合わせるってのとは違うからいいんだと思うんです。
で、今日は小室さんが参加して3人なんですけど、それってそこにパリャーソが3人いるっていうことなんですよね。

それぞれがそれぞれのルーツを大事にして一緒にいて、もちろん聴く人も自分のままで聴いてていい。そういう安心できる場所だからスタッフMはパリャーソのライブが好きなんです。
パリャーソは何人でもパリャーソ。だからこれだけ多くのミュージシャンが日替わり参加できるんでしょうね。

と、いうようなことを考えてるところに佐野さんからドトールの子が可愛すぎて困るという第3回レポ到着。早速ご覧ください!



■セレッソツアー、2日目突入(6/27)

お待たせしました、寝る時間も惜しんで寝ているというmitatakeのツアレポ、第二回は歌&ハーモニカ以外担当の見田諭がお送りします!
mitatakeの写真いいんですよこれが。携帯電話でこんなちゃんと撮れるんですね。じょうおんさん、ちょっっと見田さんに弟子入りしてください。

ところで、ツアー二日目ということは二日酔いの一日目、いや前ノリしてるから二日酔いも二日目なんですが、そんなパリャーソwithフレンズ+社長の今日の現場は三田です。
大丈夫ですか、三田ですよ、三田は「さんだ」ですよね?ですよね?東京タワー見えたらそれ間違ってますのでとにかく急いで西の方向に曲がってください。
ということで、ちょっと三田について調べてみました。
なんかおいしいもの有るでしょうか。
大きいアウトレットモールがあるんですね。あっ、三田牛というのが住んでるとこがこの三田なんですねー。ということは、今日は週末だし、ご家族でアウトレットにおでかけ&郷の音ホールでパリャーソを聴いて、三田牛を買って乗って帰る、なんて楽しそうでいいですね。そんな家族いいなあ。スタッフMもその家の子になります。もちろん二人でも一人でも何人で来てくださる方も大歓迎ですよ。会場で友達ができるかもしれません。どうですこれ、なんて素敵な一日!まだチケット買ってなくても大丈夫です、行ってお金払えば入れないなんてことはそうそうありません。もしどーしても超満員で入れない場合、尾道は完売ということですがまだ吹田、大阪、名古屋があります。

しかしmitatakeって忙しいんですね。セレッソツアー参加に加えてなんと28日は
28日 (日) 大阪府箕面市 café EZE mitatake + 中村仁美(Bass)
ということでmitatakeとしてのライブもあるんですよね。
で、なんかこのEZEというお店おしゃれっぽい雰囲気な感じなような感じですけど、大丈夫でしょうか、mitatake追い出されたりしないでしょうか。
ちょうど明日は尾道チケット完売ということなので、惜しくも尾道を逃したみなさま、是非mitatakeを聴きに行ってみてくださいね。

で、mitatake、これ詳細情報あったらここで告知してください
もう明日だけど。

それではみなさま、第二回ミタタケレポどうぞご覧ください。text&photoは見田諭、コメントは以後面倒だから書きませんがみなさまのスタッフMです。

佐野さんより写真レポートも到着しました!

Highslide JS
大変なんです
社長ってたぶん大変なんでしょうね。
大変なことが多すぎて大変だと気づかないことが多いのかもしれません。けど。
Previous | Next
Highslide JS
雑菌が大事なんです
これは三田へ向かう車内ですね。撮りたてです。
小室さんも言ってます。
雑菌とともに生きてゆくことが大事だと。
でも消臭はしたいですよね。
Previous | Next
Highslide JS
力抜けてます
力さんのベストショットを是非と佐野さんにお願いしたらとっておきと言って送ってくれました。
佐野さんのコメント
「弟子の立場上これを提供していいのか悩みどころです。」
人間はこうして悩みながら成長していくんですね。
Previous | Next
Highslide JS
つい
再び撮りたて。フリーマーケットでしょうか。
しかし力さんの視線はその向こうに
Previous | Next
Highslide JS
なんでしょう
スノーモービルでしょうか。
そういえば21世紀はこんな乗り物でチューブの中を走る未来だった気がします。
たぶん寄り道ができなくなるからやめたんですね
Previous | Next
Highslide JS
三田と言えば三田牛ですが
三田牛
ではないと思います。
Previous | Next



■セレッソツアー、スタートです!(6/26)

ついに今日から始まった「セレッソ」ツアー、みなさん、やっと始まってほっとしてるんじゃないでしょうか。
早く始まってくれないとこのままスタッフMの日記帳になるんじゃないかと思ってたんじゃないんですか。きっと思ってたはずです。

そんなことよりも!これだけいいメンバーが出たり入ったり出たと思ったら戻ってきたりするステージ、そうそう聴ける機会はないんですが、それがわかっているのに同行できないのが残念です…。ほんとにいいんですよパリャーソ。
スタッフMって怠け者だから普段ほとんど外に出ないんですけど、それでも、聴ける機会があったらなるべく聴きたい是非聴きたいやっぱり聴きたいと思うのがパリャーソです。
なんていったらいいんですかね、こう、夏祭りがありますね。賑やかで楽しい夏祭り。花火大会でもいいけど。あれの本体じゃなくて、そこからちょっと離れたとこです。
祭りの音は聞こえるんだけどそこは日常っていう雰囲気っていうか。

で、ピアノとハーモニカ、どっちも見慣れてるってことではなんか一番身近な感じだけど、それが違うんですよ。ピアノとハーモニカってこんな音がするものなんだなって、きっと初めて聴く音です。
ピアノとハーモニカなんてよく知ってるし~、とか思ってる方、そういう方にこそ是非体験して欲しいですね。パリャーソって。CDももちろんいいんだけど、ライブで、そこで音楽が出来上がっていく様子を一度は目と耳で体験してほしいですねー。ほんとそう思うんです。

いよいよmitatakeのmitatakeレポも始まる予定です。届き次第アップするのでmitatakeファンのみなさまもどうぞお楽しみに。


そんなこんな言ってるうちに賢作さんから昨日の強化合宿の模様が届きました

Highslide JS
会議中です
おーらいレコード社長のじょうおんさん。音を紹介する「紹音」と書いてじょうおんと読みます。
スタッフMも以前何度か一緒に旅をして、そのたび思い出深い出来事がありました。今回はどうなるのでしょうか。
今後の日本の運命などについて語り合っているのでしょうか。やっぱりそうは見えませんね。
ともかく「夏音」の運命について語ってほしいです。
Previous | Next
Highslide JS
登良屋さん
宿泊した旅館だそうです。とらやさんでしょうか。
そういえば寅さんはいつもこういう宿に泊まっていましたね。
こういうところってここの家に住んでるみたいな気持ちになって居心地がいいんですよね。
Previous | Next
■なんと、おーらい絡みの真夏のイベント「夏音」開催決定のようです!
おーらいアーティスト総勢何十名が集結するという噂の「夏音」、詳細は後ほど。




■とうとう東京組

出発です!
賢作さん力さん&mitatakeはなにやら内緒の話があるらしく、前日に出発なのです。
賢作さんは車で移動ということで、ちょっと見てください!お見送りに行ってきました!
案外行動派っていうかアウトドア系っていうか、そんなスタッフMの一面に驚いてもらえてるでしょうか。
なにしろ「さらさらサラダ」同様新鮮な情報にこだわる当サイトとしては撮りたてをアップしないわけにはいかないわけです。

これ、外がなんか暗っぽいのは携帯で撮ったからだと思います。暗雲立ちこめてるわけじゃないんですよ。
あ、なんかいまなぜか、どういうわけか急にふと思い出したんですけど、そういえば今回のセレッソツアーのメンバーがほぼ総出演の「夏音」っていうのがあるとかありそうとかとかなんとかいうのを聞いたことがあるようなないような気がするんです。
もしかしたらこのツアー中に詳細がわかるかもしれません。なにかわかったらパリャーソ&パリャーソフレンズファンのみなさまにスグお知らせしますね!

Highslide JS
出発
パリャーソを聴いてると、自分の心がわくわくしてるのがはっきりとわかるんです。
旅に出たいなと思うんです。


■いよいよ近づいて参りました、卯の花ツアー!

セレッソツアーチラシもうなんかすごい勢いです。毎日たぶん24時間ない感じで過ぎてます。毎日ちゃんと計ってないと思って少しずつ減らされてるような気がします。
そんな状況ですが、そう、ものすごいあと少しでツアーに出るパリャーソ with フレンズ、いまおにぎり作ったりおやつ買いに行ったり下着に名前書いたりしてるころです。

気の早い出演者なんかはもう会場で待ってると思いますが、ともかく各地でいろんなフレンズが迎えてくれるというか待ち構えてるというかたまたま近くにいるというか、そういう感じで各所のステージに参加してくれます。
毎日聴いても毎日いろんなバリエーションのパリャーソを味わえる、なんか幸せすぎて怖い、というツアーです。これサブタイトル「幸せすぎて怖い」ツアーにしましょう。

で、そのしあこわツアー、これ、一体延べ人数何人の出演者になるんでしょうか、スタッフMは高度な数学は苦手なので各自目の前の最高級電子計算機で計算していただきたいんですけど、なんといってもこのツアーのいいとこは、そういういろんな顔ぶれのステージが聴ける!ということですね。
しかも組み合わせがいろいろあって、なんか豪華。それ考えたらチケットも安くてお得だし場所だって結構おしゃれなとこばっかりだし、音楽はもちろん最高だし。

ほんとにこれはおすすめです。
パリャーソを知らなかった方も是非一度聴いてください。ほんとに気楽に来てみてください。ライブっていうとなんか金髪の人とか顔に鋲が打ってある人とかがやってると思ってると思いますよね?
でもパリャーソは大丈夫です普通のおじさんときれいなお姉さんしか出ません。あとmitatake。

目の前でこの人からこの音楽が出てくる、という楽しさ、これは聴くだけとは全然違う楽しさなんですよねー。
お近くの現場までぜひおいでください!
スケジュールページで詳細をご覧ください



■セレッソツアーもうすぐ

雨の中じめじめした梅雨の季節、雨雲が空を覆い尽くし陰鬱な空気が頭を押さえつける…そんな毎日…。
というわけでも無いんですよねこれが実際。最近は明るい色の傘なんかが増えたり、長靴もなんて言うんですか、イギリスのガーデニングのイギリス人のかなり妙齢のご婦人が履くようなおしゃれな農耕用具を履いている女の人なんかが増えててですね、そういう、雨を楽しむ人がすんごい増えてますね。
さて、そんな楽しく心躍る日々にさらに楽しみを増やしてしまうパリャーソの「セレッソツアー」が、ついにとうとう本格的にそろそろだんだんなんとな~く近づいて参りました。
全国のみなさま各会場へのお席のご予約はお済みでしょうか。
当日行けば入れんだんべ?とか言ってるとあとでどうなっても知りません。この時期外は案外冷えたりもするのでできることなら屋根のある場所でお聴きいただきたいと思っております。
パリャーソのスケジュールをしっかりご確認の上、遠慮無く各会場にご予約ください。


パリャーソロゴ
パリャーソ

パリャーソ [ 続木力+谷川賢作 ]

もじゃもじゃ頭が揺れ、細い目が線になり、うなり声が上がると、力強いリズムとタッチが空間を揺さぶる。これに呼応し、続木のハーモニカが震える。さらに谷川がアグレッシブに反応し、温かく粋なかけ合いが続く。ときには郷愁を漂わせたり、雄大なスケールを感じさせたり・・・、ふたりの持ち味が小気味よく交差する。(絹川賢治)

パリャーソとは、ポルトガル語でピエロ、道化師の意味。ジャズにしっかりと軸足をおきつつも、ポップスから童謡・ラテンまでジャンルにとらわれず、古今東西の名曲を演奏する二人組。2001年12月の結成以来、全国各地でのライブ、コンサートはすでに400本近い。ヨーロッパ各地で研鑽を積んだ続木と作・編曲家としても多彩な活動を繰り広げる谷川との粋なかけあいは多くのファンを魅了している。
アルバムは、02年4月「パリャーソ」04年3月「ヌアージュ」05年6月「グリオ」など。最新作は、09年3月「セレッソ」(JMCK-3009)

続木力 Tsuzuki Chikara
-ハーモニカ-
1958年京都生まれ。 自由学園高等科在学中に、日本のブルースハーモニカの草分け、妹尾隆一郎の演奏に接し、ハーモニカを独学する。
77年、家業の製パン技術を学ぶべく渡仏するが、80年頃からパリを中心にヨーロッパを旅して路上演奏するようになり、ジャンルを問わず数多くの多国籍ストリートバンドに参加する。
89年より、フランスのシンガー・ソングライター、ジャック・イジュランのレコーディング、コンサートツアーなどでサポート。
92年に帰国し、ジャンルを越えてセッション活動をしている。
97年にリーダーアルバム「ディライト」を、ホリプロ・ポニーキャニオンよりリリースした他に、小林桂、鈴木重子、西村由紀江、六角幸生、その他数多くのレコーディングに参加。
現在は、谷川賢作(p)とのデュオユニット「パリャーソ」、宮野弘紀(g)吉川よしひろ(cello)とのトリオ「S.K.B」、実兄の続木徹(p)との「続木ブラザーズ」、小泉清人(g)とのデュオなど、幅広く演奏活動を行っている。

谷川賢作 Tanikawa Kensaku
プロフィールは谷川賢作プロフィールをご覧ください



 パリャーソ 7th album & おーらいレコード 100th album『セレッソ』

Cerezo

「Cerezo」パリャーソ with フレンズ
好きなことやって生きるって、なんて素晴らしい。
JMCK3009 ¥2,500 (税込)



パリャーソ [ 谷川賢作 & 続木力 ]
with
Friends are …
荒玉哲郎 大坪寛彦 岡野裕和 岡本博文
川瀬眞司 小室等 こむろゆい サキタハヂメ
島田和夫 上海太郎 谷川俊太郎
津田兼六 深川和美 船戸博史 前重英美
山田晴三 山村誠一
ちんどん通信社 [ 林幸治郎 小林信之介 ジャージ川口 ウッチー内野 仮屋崎郁子 ]
mitatake [ 佐野岳彦 見田諭 ]
    収録曲
  1. マイ・ワイルド・アイリッシユ・ローズ
  2. Take me to a record shop
  3. ちからのいっぱい
  4. 汽車と川
  5. 待ちぼうけ
  6. キートンの船長さん
  7. リトル・ナッツ・アイランド
  8. 北風と太陽
  9. 月の砂
  10. 冬の夜
  11. ジャパ二-ズ・ルンバ
  12. 桜(朗読)
  13. セレッソ

CD[「セレッソ」によせて
1999年の春、おーらいレコードは1枚のCDをつくりました。それから10年・・・。
まさか、100枚目のCDをリリースすることになるとは。
春になれば、咲く花は同じでも、それを眺めている私たちはどこか少しずつ違っていたりしている。限りある命だからこそ、自由に生きるとしても悲しくて切ない気分が息をひそめているし、 何気ない日々の暮らしの中にだって、優しい幸福な時間は何度もやってくる。
ああ、また、新しい風が吹いてくる。
この『セレッソ』は、おーらいレコードのまさに、<今を生きる>そのものです。
おーらいレコード・清水紹音

セレッソ録音風景
録音に同行したおーらいレコード社長のじょうおんさんから録音風景が届きました。
この日どんな音楽が生まれたのか、それはセレッソを聴いてのお楽しみです!
Highslide JS
賢作さん
まずはパリャーソから賢作さん
どの曲を弾いているところでしょうか
Previous   Next
Highslide JS
力さん
こちら力さん
真剣な眼差しです
Previous   Next
Highslide JS
小室家のお二人
手前がゆいちゃん、奥が等さん
「ここはこんな風にやろうか」なんて打ち合わせつつ
さて指示を出しているのはどっちでしょう
Previous   Next
Highslide JS
師弟対決!?か!?
手前がmitatakeのtake担当の佐野岳彦、奥が力さん
「ここどんな風にやるんだっけ?」なんて確認しつつ…
違いますよー、たぶんプレイバック中ですね
Previous   Next
Highslide JS
mitatakeのお二人
手前がmitatakeのmita担当の見田諭、奥が佐野岳彦
これは貴重なショットです!!
おーらい社長のじょうおんさん撮影の写真には珍しく、ピントがばっちり合ってます!!
紙コップの袋にではありますが
Previous   Next
Highslide JS
みんなで
これは全員でのコーラス録りですね
プレイバック中です
Previous   Next
Highslide JS
録音が終わって
どこにもないものがこうやってここにできあがったということが素直に嬉しい瞬間です
それはライブでも同じです
パリャーソの旅はこうして続いていきます
Previous   Next


おまけ - パリャーソの旅
全国津々浦々いろんなところでいろんな人と出会いながら

Highslide JS
なんて素敵な
こういう雰囲気いいですね
障子や窓の外の木や畳が、ピアノのそばでお客さんと一緒に音楽を聴いています
Previous   Next
Highslide JS
何億円でも
ここはなんと1億円の家のモデルルーム、というかモデルハウスというんでしょうか、そういうところだそうです
1億円というのは1日1円貯金して1億日かかって貯まるのが1億円、1億人の人から1円づつ貰い続けてやっと貯まるのが1億円、そういう途方もない金額です。
それはともかく、こういう場所でライブができるのも身軽なパリャーソならではです
※この家にパリャーソはついてきません
Previous   Next
Highslide JS
どこでもないどこかへ
パリャーソの音楽はいつどんなところで聴いても、聴く人の心をいろんなところへ旅させてくれます
これはどこか講堂のようなところでしょうか
ステージが始まるとこの場所が海になったり山になったり路地裏になったりします
Previous   Next
「セレッソ」発売記念
「卯の花の匂う垣根に…パリャーソ2009」ツアー

2009年6月26日(金) 寝屋川から2009年7月1日(水)名古屋まで計6ヶ所、各地で様々なゲストを迎えてお送りします。

いよいよ近づいたセレッソツアーに向けて被害者、いや、出演者のみなさんからツアー出発に向けての意気込みなど無理矢理寄せていただきました!
とにかくもう早くしないとツアーが始まってしまう!っという焦りのあまり提出順に貼り出してしまいましょう。




出演者の皆さんメッセージありがとうございます!

ちなみに深川さんは「バカっぽくてすみません~。」というコメント付きでコメントを送ってくれましたが、そうですか~、いや~深川さんもバカだったんですね。大丈夫です、なんとなくそんな気はしてました。深川さんバージョンの「ばか」も聴いてみたいですね。

寝屋川のお知らせそしてミタタケのミタじゃない方として有名な佐野さんからも熱いメッセージが!しかしあれですね、なんかまだ帰れるつもりのようですがいいんでしょうか。頑張ってください。

続いて届きました、ミタタケのタケじゃない方として知名度の高い見田さんからも、やっぱり何人出るのか、俺たちのギャラは大丈夫なのかという切実なメッセージですね。ギャラはひとグループごとに出るのだとしたら、mitatakeは二人だから…

おおお、そんなことを心配してる今、前重英美さんからも届きました。これはなんとも素敵なメッセージ!よく音楽業界では何をやるかぜーんぜん決まっていないときにこういう言い方をしますが、セレッソツアーは違いますよー。ばっちりみなさんに楽しんでいただくために準備万端です。

津田さんからも届きました。このミュージカルというのは昨年神戸で上演された「赤毛のアン」ですね。この短い文章の間になにかこう、賢作さんがいきなりはじけて相当困った様子がよく現れてて感動しました。

続いて山村さんのメッセージ、いいですね、そうです、そんな感じなのでみなさん気軽に来てください。

ああ、良かった、小室さんのコメントがいま届きました。あ、ごめーん、mitatake、なんか偶然っていうか~、いまものすごい突風が吹いてきて下の方にずり落ちちゃって…。いやそれにしても小室さんありがとうございます。スタッフM、ちょうど今小室さんのコメント書いてたとこだったんですけど間に合ってよかったです。
私事になりますが、昔ゆいちゃんに連れてって貰った小室さんの別荘で壁に掛けてあった民族楽器を勝手に弾いたのは僕です。この場をお借りしてお詫びします。

はい、みなさまおはようございます、本日は24日、ということはもう明日の次がツアー初日なんですよね。しかしそれにしても、ツアー初日からいきなりライブという過酷なスケジュール、心中お察しします。どうなんでしょう、なんかこう、生まれ変わったらなにになりたいと思いますか。さあそんな爽やかな朝の思索の時間の真っ最中ですが、今日もメッセージいただきました。

ベースの岡野さん、なんというか、なんですね、その、多少どうであっても体が元気ならそれがなよりだとスタッフMほんとにそう思います。

次の患者さん、あっ、川瀬さんでした。川瀬さんすごいですよね。文章で日本語を放棄するってなかなか普通できないことです。そういえば川瀬さんも昨年の「アン」に出演していたんですよね。何があったのでしょうか。

ということでみなさま、出演者からのメッセージは到着し次第すぐさまなんのチェックもせずにここにアップしますのでお楽しみください!
出演者のみなさまも、まだまだメッセージお待ちしていますので、賢作さん宛にメールでお送りくださいね。
あとツアー中に泣きたいことや誰にも言えない辛いことがあったら遠慮なくメッセージを送ってください。全てここにアップします。

ツアーの予約をしていないという方、どんな人たちなのか興味がわいたという方、雑菌が誰なのかこの目で確認したいという方、なんか変わったものを見てみたいとふとここ5~6年ずっと思ってるという方、みなさまぜひぜひお近くの会場をスケジュールページでご確認のうえ会場にご予約ください。
出演者一同&スタッフ一同大歓迎でお待ちしています。サインが欲しいとか握手してくれとかそういうのも全然OKな出演者なのでお気軽にお声をおかけください。引っ越しの手伝いしてくれとかはやんわりお断りすると思いますが、でも一応言ってみると案外いけるかもしれません。ちなみにスタッフMはお箸以外はもてません。

6/26(金)大阪 寝屋川市 寝屋川市民会館小ホール
6/27(土)兵庫 三田市 三田市総合文化センター郷の音小ホール
6/28(日)広島 尾道市 なかた美術館1F展示室
6/29(月)大阪 吹田市 メイシアター中ホール
6/30(火)大阪 大阪市 フラミンゴ・ジ・アルーシャ
7/1(水)愛知 名古屋市 TOKUZO


セレッソツアーチラシ

各レコード店やインターネット通販、また、各ライブ会場で扱っています。
「通販可能な作品」のカテゴリはTAM officeでの通販が可能な作品一覧です。
画像をクリックすると通販の方法が表示されます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


copyright (c)2000 - 2010 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com