パリャーソ

  • news
  • パリャーソ
  • Night Harvest
  • セレッソ
  • いままでのパリャーソ
  • ライナーノーツ
Palhaço news 
最新ニュース | 過去のニュース



■ほぼ全人類のの心の暖炉、「パリャーソと遊ぶ茗荷谷の冬の夜」決定〜!

160108image

こんな素敵なドア。
とりあえずこのドアの向こうに行ってみたくなるこの魅力。

160108image

インテリアのショールームでもあるので椅子やテーブル、照明器具等は全て購入も可能!
ライブ中に試用ができる素敵使用。

160108image
スピード感
激しいスピード感もパリャーソの魅力のひとつ。
実際赤いクーペで疾走するパリャーソとかものすごいカッコいいとおもうんです。
10kmくらい離れて見たら。
いやーほんとお待たせしました。
なかなかないパリャーソの東京公演、しかもあのパリャーソと遊ぶ茗荷谷の夜を生んだCONTRASTO GALLERIAでのライブ、これ普段からなにかとお世話になってるようでなってないけどそのうちいつかものすごいお世話してほしいという願いを込めてCONTRASTO GALLERIA柏渕さん及びパリャーソ並びにTAM officeの公式見解とは一切関係なく勝手にスタッフMiからみなさまへの新春一発目のお年玉ということで有り難く受け取っていただいて構わないので形振り構わず一切の迷いや世間体や予算の都合等を捨ていますぐ即刻ご予約いただきたいと思います。

もうね、まずスタッフMiお知らせしたいのはなんと言ってもここのオーナーの柏渕さんご夫妻とそのゆる〜い人柄全開の柔らかい雰囲気がそのままそこかしこににじみ出てる会場そのものの魅力、これです、これがとっても居心地良くて大好きです。

冬の夜ぽっかりと夜に浮かぶインテリアギャラリー。
窓から漏れる灯がなんとも優しくて通りかかるとつい入りたくなってしまうわけです。
扉の中は見るからに暖かそうな、ここにいればなんか大丈夫!って感じの光があふれ返ってて、ほんとにここ来た途端無条件で安心してしまうみなさま続出。

パリャーソの音楽とCONTRASTO GALLERIAの暖かい空気に触れて、来たときは知らない人同士だったみなさまが帰るときにはすっかり打ち解けてしまうという茗荷谷の一夜になること間違いなしです。

んで、そんな楽しいライブのひととき、みなさま各自お好きな飲み物とか食べ物とかを飲食しながら聴けたらもっとさらにがつんと楽しいですよね〜!
それわかる、それわかるんですが残念ながらギャラリーなのでCONTRASTO GALLERIAとしてはチラシにも明記してある通り飲食の提供は一切できないんですね…。
ただ、みなさまが個人として偶然なぜかわからないけど不思議なことにたまたまその日に限って持ってる!という飲食物はどうにもしようがないということで、みなさまつまり大いに偶然持って来ちゃうといいんじゃないかな〜と思います〜!
正月だしそれはもうね!

ってなことでみなさま親類縁者友人知人その他全人類誘い合わせてご来場くださいね。
スタッフMiも現場潜入してみなさまと一緒に楽しんでしまいます!

ご予約既に受付中ですのでどんどんがんがんご予約ください。
お待ちしています〜!

関連URL:スケジュール「1/8(金) 茗荷谷 パリャーソ ライブ 2016新春
関連URL:ライブレポ「11/10/28 パリャーソ@茗荷谷



■聴くだけであらゆる意味でめいっぱい暖まる、とってもお得な冬の関西方面パリャーソツアー

ていうかですね、ついこの間秋のツアーだったパリャーソツアーがなんと今回は冬のツアーということで、といってもまたこれおーらい紹音さんが付けわすれたのかタイトルついてないですけどもうね、いいですねそういう細かいことはどうでもね!
ツアーだとかツアータイトルだとかパリャーソにとって最も負担が少ない移動手段及び経路はどうかとか関係ないけどついでにスタッフMiの家賃並びに電話料金問題とかその他一切、細かいことから大きなことまで所詮生きてる間の夢です夢、みなさま!
もうこれそういう、おーらい紹音さんから全人類に向けてのメッセージだと思いますね完全に。

そんなこんな諸行無常の響きが響きまくる紹音さんの世界とは一切関係なく今回も情熱のパリャーソツアー、これ6日間に亘ってみなさまの体温を2〜3度上げに行くので各地各所行けるとこに行けるだけ行って各ご家庭の消費電力量及び消費灯油/ガス量を思う存分引き下げていただきたいと思います〜!

しかしほんとライブはこれミュージシャンだけじゃなくお客さまみなさまと一緒に作る空間ってことで何度聴いてもいつも違う雰囲気違う楽しさで飽きることがない、ここですここ、ここがほんとに素敵なとこですね。
その時その場所そのメンバーだからこそでき上がる音楽の楽しさ。
これが音楽の本当の楽しさだとスタッフMiつくづくそう思います。

で、ですねみなさま。
この間聴いたからもういいや〜とかどうせまた来るから今回はいいか〜なんて思ってるみなさまそれ違う、違うわけですマジで。
そんなこと言ったらスタッフMiとか先月末に家賃払ってるから今月末は払わなくていい、そういうことになるわけですねこれ論理的に言ってどうしても。
そう考えていただくと前回行ったから今回はいいやという論がいかに人間として間違っているかがよくわかっていただけるんじゃないかな!

ってなことでもうこれ今からパリャーソはもちろんのこと各会場の全主催&全スタッフ総力をあげてみなさまの怒濤のご予約お待ちしていますので遠慮なく好きなだけご予約いただきたいと思います。

んで、今回のツアーの日程はというと


ということで小さいところから大きいところまでいろんな会場でいろんなパリャーソを楽しんでいただけるいろんな楽しさいっぱいのラインナップ。
冬だからこそより一層味わえるパリャーソの音楽の暖かさ、まだ聴いたことがないというみなさまもいっぺん聴いていただくとほんとに「ああ、いいなあ」と思わず心が言ってしまう意外にも素直な自分に出会ってみてくださいね〜!

関連URL:スケジュール「パリャーソツアー2015年12月



■気付けば秋、そしてパリャーソツアー

151022image
秋のパリャーソ
冬に旅立つ心にパリャーソ。
楽しさ満載かつ微妙な哀愁がたまらなく大人の秋。
はいはい〜!!
いやーそんなことよりなんかこうあれですね、ありますね、なぜかこう、気付いてみればすぐ気付くことなんだけど気付かないと気付くまで気付かないこと。

スタッフMiつい最近もなんかなんだかこう鼻水とくしゃみが出まくっててなんかこう頭がいたいような気もするしとにかくなんか寒くていや今年の秋は下手すると冬より寒いわーとか思ってたんだけどそんなこんなしてるうちになんだか咳も出てきてはいたんだけど、ま、秋だからそんあこともあるかなと思って代々木のアイリッシュパブに友達のパーカッション奏者北川友里ちゃんがやってるアイリッシュバンド「KOUCYA」、これが歌ありケーリーダンスありの可愛くも本物のほんとすごいバンドなんでいっぺん聴いて欲しいんですがそれが出るっていうんで珍しく独りでっていうかいろんな人誘ったんだけど誰も一緒に行ってくれないんで単独潜入したんだけど1ステージ終わったところでどうにも体調悪くなって途中で帰ってごめんねごめんねと謝りつつ帰宅途中ああこれ風邪絶対風邪!みたいな。
ありますね?

あるいはこの間俊太郎さん和歌ちゃん秋山基夫さん3人が出るイベントの撮影行ったらなんとまこりんが来ててあ〜まこり〜ん!!とか言いつつ楽しく過ごして終演後打ち上げ行ってまこりんと隣同士でわいわいやってる途中でまこりんが「こういうときに誰かがDiVaツアーのチラシ配ってくれるといいんだよね〜」って言うから「そうそう、ほんとそうだよね〜!ほんとなんでこういうチャンスに配らないのかマジ考えらんない」とか相づち打ってる途中でっていうかここでDiVa関係者スタッフMiだけだから誰かってそれスタッフMi確定!みたいな。

ありますね?

あと俊太郎さんのMacとかメンテナンスした後でなんか困ったことあったらいつでも言ってくださいって言ったけど実際スタッフMiのほうがあらゆる意味で常に困ってる、みたいな。
ありますね?

で、なんの話でしたっけ、そうですそう、風邪薬なんですけどこれよく「ひきはじめの風邪に」とか書いてある薬があるわけですが、これが判断難しい。
そもそも風邪っていつひいたのかがわからないのでですね、いま自分がひきはじめなのかどうなのか、これ、これがわからないわけですね。
このいったい「自分がいつ風邪をひいたのか」問題、これがなぜ社会的に話題にならないのかマジ不思議です。

さらに問題なのはひき始めと小康状態とひき終わりは体調的にほぼ同じでですね、ということはこれひきはじめというのが期間の問題なのか症状の問題なのか本人の精神力の問題なのか、これ、この大事なとこの判断が風邪でそれどころじゃない絶不調な本人に突如突きつけられるわけです。

人はいつどうやってこの「自分がいつ風邪をひいたのか」問題に対処できるようになるんでしょうか。
スタッフMiもいつかそんな的確な判断ができるようになりたいと思います。

ってなことでそんな細かいことはともかくそんなこととっくに気付けよ!というお知らせ、なんと気付いたらパリャーソツアーだったというお知らせです!!

のその前にまずお詫びです!!

下の記事でお伝えしていた10/23の箕面の16:15からの公演はなにかの会員限定ということで一般参加は無しということで、楽しみにしてくださっていたみなさま本当に申し訳有りません。

ていうかもうね、過去おーらいレコード社長の清水紹音さんからの情報はその日その日でバラバラに入ってきてあとあらツアータイトルがつくとかいうこともわりとあるんで以前からツアーならツアーとしてツアータイトルは最初に付けてまとめて送って欲しいと思ってたんですね。
そうじゃないと情報が入ってきた段階でその都度告知内容をを書き換えないといけなくなるんで非常に情報が錯綜して、結果、お客さまみなさまが混乱してしまうおそれがあるわけで、スタッフMiそれは避けたい。

みなさまのスタッフMiとしてはそれなんとしても避けたいわけです。
ここ大事です、スタッフMiがこういかにみなさまのことを考えているか、なんて素敵なの!
というここ非常に大事ですがそれはともかく先行きますが普通ツアーとなるとそれなりにいろいろ各方面手配調整等あると思うんで気付いてみたらツアーだったとかもうね、有り得ないですねこれ。

有り得ないけど有る不思議。
その辺一体どうなってるのか、一体お客さまのことをどう思ってるのか、っていうかそもそもパリャーソのことをどう考えてるのか、おじさん二人組だからってそんないい加減な扱いでいいのか、いや、気持ちはわかる、なんかこうたとえばまこりんと行く東海道五十三次飛脚体験ツアーとか優子さんと出かける秋の関西、風景と味覚を味わう2泊3日蜻蛉玉作り体験とお土産付きみたいな「なにがどうなるわけでもないけど一緒に行くというだけで微妙にわくわく感」みたいなのがないのはよくわかるんですがそれはそれとして全体の企画というか工夫がしてあるというサービスが必要だと思うわけですスタッフMi。
というスタッフMiの良さはもう完全に忘れていいので早速ツアーの日程ご覧ください。


ってなことで紹音さんのことはみなさまひとまずおいといてパリャーソはパリャーソ、いいものはいい!ってことでパリャーソの楽しさと音楽の良さはこれスタッフMiが保証しますのでみなさま遠慮なく各地各所思う存分パリャーソと過ごす秋の日をお楽しみくださいね〜。

ご予約ものすごいお待ちしています!

関連URL:スケジュール「パリャーソツアー2015年10月


15/10/11に公演情報が変更となりました。
変更後の情報は
10/23(金) 箕面 ぱぴぷぺパリャーソ
10/23(金) 箕面 ぴあぴあコンサート
でご覧いただけます

**以下の告知は15/10/10までの公演情報に基づく告知です**

■なんだかとってもききまくる、1日2回、夕と夜

151023image
とってもよく聴く
一度聴いたら忘れられないパリャーソのあの音あの音楽。
思う存分聴きまくる秋の一日。
そんなこんないろいろさまざまそれぞれの出会いと別れの秋。
ていうか別に出会いだけでも別れだけでもいいですがなんかなんだかなにかとなんにつけても人恋しい秋。

この秋の微妙な寂しさの原因物質はおそらく誰もがわかってはいるが誰もが認めたくないこの後冬になりそう感満々な思わせぶりな秋の感触のせいだと思いますが、なぜ秋は秋らしさよりもむしろこの冬になりそう感を全面にアピールしてくるのか、そこです、そこですね問題は。

で、そんな秋自身の今後のあり方問題は秋自身に今後の人生の中でじっくり考えてもらうとしていまたまたま秋の話になったのでさっそくお伝えしたいお知らせはこれ!

10/23(金) 箕面 ぱぴぷぺパリャーソ 開演16:15
10/23(金) 箕面 ぴあぴあコンサート 開演19:00

ってなことでこれ間違いじゃなくどっちも10/23(金)で合ってます。
つまり同じ場所に居るだけで夕方と夜、1日最高2回までパリャーソに会えるという微妙に風邪薬っぽいあたりがなんだか素敵&お得さらにほのかに心強い好企画。
これは聴く!
いや、これ聴いて!

大丈夫でしょうかこれ薬事法関係大丈夫でしょうか大丈夫ですか完全に大丈夫ですねみなさまいつも程良い反応ありがとうございます。
ともかく来たものはただでは返さないその企画姿勢、実に好き。それ実にいい。

で、これ夕方の部は「ひとつの曲をいろんなパートにわけて練習して最後にみんなで大合奏!」ということで読んで字のごとくなこと海の如しですが一応解説すると一つの曲を、いろんなパートにわけて、練習して、最後にみんなで大合奏!ということで完全にわかっていただけるんじゃないかなと思います。

つまりはっきり言うとどういうことかというとですね、いろんなパートが練習して最後に一つの曲をもういいですか、そういうことなわけですね。
対象年齢年長〜中学生且つ要申し込みで定員30名参加費100円または100まーぶというわりと狭き門ですが、この難関をなんとかして突破するとぱいよいよ君もぴぷぺパリャーソのメンバーになれる!
というなんだか考えようによっては考えただけで生きる力がふつふつと全身に漲ってくる感じがする気がする予感がたまりません。

そして夜の部はというとこれは通常のパリャーソライブですがなんと対象年齢無制限なのであらゆる年齢のみなさまに楽しんでいただける親切設計!
10/1予約受付開始、定員50名、料金は予約2,000円当日2,500円だがしかしお子さま同伴の保護者のみなさまは500円さらに18歳以下無料ということで、これ一見複雑だけどよく考えると実に納得が行く、数学で例えると(賢作さん+続木さん)おーらい紹音社長=0っぽい味わいの料金設定が魅力です。

そんなこんなの夕と夜のパリャーソ漬けの一日、みなさまこれは是非なんとしてもお早めにお申し込みご予約完了の上なんとも楽しい秋の日を目一杯脳裏に焼き付けていただきたいと思います!

関連URL:スケジュール「10/23(金) 箕面のパリャーソ夕と夜



■はいはい〜、次は関西あたりでどかーーーーんとパリャーソ

141128image
行ってしまっていいのですか
っていうかもうこの際だからいっそパリャーソと遊んでしまうということで
とにかくご来場いただければパリャーソのどこがどういいのかすぐさま即刻直ちにわかる ということになってます。
っていうかですね。

あのー、鹿児島方面にどかーーーーーんとツアーに行ったパリャーソのどこにどう触発されたのかあるいはどかーーーーーんぶりに先輩としてなにかこう違う、そうじゃない!!というところがあったのかですね、ともかく口永良部島がどかーーーーーーんといってしまったことについてこれ事務所としてなにか一言お詫びしたほうがいいのかということも考えたわけです。

が、考えたわけですがよく考えると少なくともスタッフMi全然悪くないわけですねこれ。
かといってじゃあ口永良部島が悪いのかというとそもそも本人生まれついての火山島なので決して悪気があるわけじゃないわけです。
となるとやっぱパリャーソがおじさんだから嫌だったのかということになると思うんですが、その辺は完全に謎ということでご理解いただければと思います。

んで、そのどかーーーーーーーんを企画したいまっていうか前からスタッフMiが最も注目してるTOKUDA企画のチラシに触発されたのか今回の関西方面「この星はパラダイス?」ツアーは各所独自のチラシでみなさまの心の奥の奥まで食い込もうとしてるとこがもうね、なんかとっても素敵。

これ、これです、この東京以外発の勢い。

チラシ作るの面倒だし。
とか
作ったことないし。
とか
どうせ絵下手だし。
とか
AKBとかチラシなくたって満席になるし。
とか
おじさんだし。

とかですね。
それ違う。そういうことじゃないわけですねこういうことは。
なんていうか夢っていうかな〜。

なんか東京からなんだかって人らがどっかに来てなんかやるらしいけどまあやりたいならやれば〜?って感じじゃない微妙に説明し辛いけど非常に大事なこの姿勢、これですね。
こういう感じで各地各所が盛り上がってると日本全国面白そうなとこが増えて、そう思うだけでもなんだか楽しいことになってくる気がします。

あと、これスタンプラリーとかあったら面白いですね、賢作さんゲットだぜ!みたいな。
嬉しいかどうかは別として。
あと全会場のスタンプ集めるとパリャーソの肩たたき券もらえるとか。
いや〜もうなんかスタッフMi自宅だとマジ才能溢れすぎて幸せすぎて怖い…。

ってなことでパリャーソ自体とはほぼ関係ない話になってますがもうね、いいですね。
暑いし。

は?
これで宣伝になるのか?
ですか?

はいはい〜!!そんな細かいことはともかく遠慮なくどかーーーーーーーーん(by TOKUDA企画)とご予約くださいね〜!!

関連URL:スケジュール「6/19(金)〜6/22(月) パリャーソ この星はパラダイス?ツアー



■で、11/28(金)〜30(日)、「鳴くな夜明けのー」ツアーに突入

141128image
パリャーソ全3箇所ツアーへ
11月のパリャーソツアーは大阪兵庫滋賀に登場、ぜひご予約ください!
ってなことで27日のDiVa東京ライブが終わったと思ったらすぐさまパリャーソツアーに突入の11月末、すっかり冬になってきたような気がして一切外に出ないみなさまの気持ちもわかるけど大丈夫ですみなさま。

これね、外に出るまではわりと本気で勇気いるけど一旦出てしまえばあとはひたすら暖かいとこを目指して進むだけなので思うほど辛くないです。
なにしろ外にいるよりはどっか入ったほうが暖かいことだけは確実なのでこの際遠慮なくパリャーソツアー各地各所に起こしいただければと思います〜!

ていうかパリャーソライブはなにしろ聴いてるだけで自然に盛り上がって暑くなること請け合いなのでいつのまにかなんとな〜くしっかりと暖房費節約できる、ここ、ここです重要なのは。

もうね人数集まれば集まるだけ一人一人の体温で室温が上がるという物理学的にも完全に納得のいく安心のシステムでみなさまの凍えた心に楔を打ち込みまくるパリャーソの魅力をじっくりしっかり味わっていただきたいということで今回のツアーはなんと久々にゲスト無しの各ステージ。

隅から隅までパリャーソ100%ストレートライブっつーことでファンのみなさま、今回特にお勧めツアーです。

盛大且つ遠慮なく思う存分お楽しみくださいね〜!

関連URL : スケジュール「11/28(金)〜30(日) パリャーソ 鳴くな夜明けのー 2014ツアー



■8/17(日)、久しぶりの東京公演で盛り上がる日!

140817image
東京に登場
真夏のパリャーソで盛り上がる成城学園の夜。
ご予約お待ちしています!
はいはい〜!!っていうかもうなんすかこの暑さはマジで。
ちょっとですね、夏だからしょがないと思って我慢してたけどもう限界ですスタッフMi。

いや、なんかね、わかるんです。
わかるんですよ地球も傾きたくて地軸傾いたわけじゃないってことはわかるんです。
なんかこういろんなその天の川銀河系とか太陽系とかの経営方針があってその下で地球もこの46憶年ですか、わりと地味にこつこつ頑張ってきたし、そういう中でこういろんなね?アンドロメダ銀河がだんだん近づいてきたりとか太陽風がやたら強くなったりとかする中で中間管理職としてさまざまな方面と折衝してなんとかやってきた、そういう苦労もわかるんです。

が、なぜもうちょっと人類に対して優しくなれないのか。
そこですそこ。
地球がいまいち伸び悩んでるのはそういうとこだと思うんですよ実際。
そこが問題だと思うわけです。
このままいくとみんな火星に移住しちゃうけどいいんでしょうか地球。

ってな感じで日々地球とお話してるとっても暇なみなさまにこの夏TAM office並びにスタッフMiが自信を持ってお勧めするライブ、あるんです。

8/17(日)成城学園前 Palhaço at BEULMANS

いや〜これほんとに久々のパリャーソ東京ライブっつーことでパリャーソファンのみなさまほんっとにお待たせしました!!
なかなか機会がなくて聴けそうで聴けないのがパリャーソの東京ライブ。
いつも関西・九州方面に行ってしまいがちなパリャーソですが大丈夫、関東東北北海道北陸北海道方面のみなさまを忘れてるわけじゃないことをこの辺で一発嫌というほどみなさまに思い知っていただきたいと思います。

パリャーソのそよ風に吹かれてるうちに思わず盛り上がって結果的にものすごい熱くなると思うけど、いい、もうそういう細かいことどうでもいいです。
ていうかみなさま、気温は人間の力ではすぐ変えられないわけですね。
でも気温よりも体温の方が高ければ高いほど涼しくなるわけでこれ学校で習ってますね。
ってことは?
はい。
パリャーソライブで盛り上がれば盛り上がるほど涼しくなるってことでみなさまの盛り上がりでいくらでも夏は涼しくできるわけです。

いつまでも地球のせいにしてても夏は涼しくなりません。
なにしろ反省とか一切しません地球。
その辺を完全に踏まえて楽しむパリャーソの熱い夜、今すぐご予約完了し当日めいっぱい盛り上がりまくってくださいね〜!

関連URL : スケジュール「8/17(日)成城学園前 Palhaço at BEULMANS



■6/20(金)〜6/23(月)、今度はパリャーソ「夏は来ぬ」ツアー

パリャーソ夏は来ぬツアー2014
「夏は来ぬ」ツアー
今回は果たしてどんなステージになるのか。
そんなことより夏は来ぬって一体夏が来てるのか来ないのかどっちなのか。
そんな日本語の奥深さを瞼で噛みしめつつ二人のおじさんと過ごす夢の一夜。
パリャーソ&各地各所の現場スタッフがみなさまを心からお待ちしています。
ついこの間関西方面ツアーから帰ってきたパリャーソ、なんとというか当然というかやっぱりというかとりあえずというかパリャーソといえば夏、の「夏は来ぬ」ツアーを敢行ということでいかにこのパリャーソがこう、なんですか、あのー、ほんとね、そういうことでみなさまがいま思った通りなんですがそうです、それです、要するにいかに関西方面のみなさまに愛されているかってことでですね、いままさにみなさまのパリャーソに対するっていうよりむしろ紹音さんに対するあらゆるいろんな思いが渦巻いているこの現代社会において、パリャーソがいまみなさまのひとときの心の安らぎひとつぶの感情のきらめきっていうんですか、そういうことでほんとマジでこれ朝ご飯さっき食べたばっかりなのにもう晩ご飯みたいなことで糖質ダイエット的にどうなのかという問題はこの際抜きにしてはっきり言うといますぐご予約ください。

もうあのーこういうことって何をどう言っても結局そこに行き着くということはすっかり大人のみなさまにだからこそ話せるわけですスタッフMi。

最近ずいぶん長いこと東京でパリャーソのライブ聴いてない気がするんですがもう、あのー、いいです。
関東のぶんも関西のみなさまに楽しんでいただけるのであればスタッフMi喜んでパリャーソ差し出します。

夏はやっぱりパリャーソ。
いいです、今日はみなさまそれだけ覚えて帰ってくれればスタッフMiもうそれでいいです。

ただ一つ言えることは、パリャーソライブに行っても行かなくても夏。
つまりどうあがいてもどうせ夏ってことで一切遠慮なく各地各会場に押し寄せで、是非パリャーソの夏を見て聴いて味わっていただきたいと思います〜!

っていうかこれまだ真夏じゃないんできっとそのうち熱狂の夜パリャーソの夏ツアーとかもあると思うけど備えあれば憂い無し、「夏は来ぬ」ツアーで盛り上がりまくったまま真夏のパリャーソに突入してくださいね!

関連URL : スケジュール「パリャーソ 夏は来ぬツアー



■2014パリャーソ「春風に吹かれて」ツアー、いよいよ4/24(木)宝塚から!

パリャーソ profile140424
「春風に吹かれて」ツアー
春の風と共に各地を訪れるパリャーソ。
今度は関西方面にどんな風が吹くのかな〜!
みなさまお待たせしました。
なんかこうなんとなく目一杯春ってことでなんかもうなんとなくどこでもいいからお出かけしたい。
お出かけした上にさらにもう一つなんか楽しいことに出会いたい。
なんでもいいからとにかくどこか遠くへ行きたい。
できれば家賃とか無い世界に行ってしまいたい。

そんなみなさまにぴったりのお出かけ場所、各地各所の主催者のみなさまとパリャーソが用意して待ちかまえてます。
家賃は確実にある世界だけどそれ以外は案外みなさまの思う通りその通りの素敵な世界が繰り広げまくられること間違いなしのパリャーソ「春風に吹かれて」ツアー、これがなんと4/24(木)宝塚からスタートし、4/25(金)芦屋、4/26(土)京丹波、4/27(日)養父、そして最終日4/28(月)大阪と5日間5ヶ所に亘ってお楽しみいただけます!!

パリャーソの関西方面ツアーってことはですね、ピアノチューナーはTAM office写真倶楽部関西方面支社長でもある鈴木優子さんが参加すると思うので、とりあえずパリャーソとかどうでもいいけど優子さんファンのみなさまも各所で優子さんに会えるチャ〜ンス!
優子さんといえば最近は賢作〜その旅の記録で写真レポもしてくれてるんですがなにしろパリャーソの音楽の半分は優子さんのピアノに対する愛情とパリャーソに対する愛情が作り出すと言っても過言では無いと思うスタッフMi、絶対お勧めのツアーです。

わりと年鑑通していろんな風に吹かれまくってあちこち飛んで行ってるパリャーソですが、パリャーソの音楽と2人の人柄にほんとによく似合うがこの春のツアー。

みなさまもわくわくふわふわ春のパリャーソの風に吹かれていろんな世界を旅してくださいね〜!
旅は行きたいときが行けるとき、一切躊躇せずいますぐご予約ください。
お待ちしています!

関連URL : スケジュール「パリャーソ 春風に吹かれて ツアー



■パリャーソ秋のツアーは京都と大阪で素敵な秋を大収穫!

パリャーソ profile131025
秋の京阪にパリャーソ登場
10月のツアーは京都と大阪!
パリャーソの音楽と一緒に秋の風を楽しんでくださいね〜。
はいはい〜!!
なんかもう真夏の暑さからようやくやっと解放された感じの秋がいきなりですね、なんていうかやや投げやりな感じで突如冬に向かおうとしてるこの緊張感のある空気、これスタッフMi嫌いじゃないです。
とか思ってると今日あたり微妙に窓締め切ってると暑いし、実際何考えてるかいまいち信用できません地球。

ってなわけでそんな微妙な信頼関係の宇宙についてはいつかじっくりみなさまと一対一で語り合うことにしていよいよ深まり行く秋を感じる中でスタッフMiもうひとつ深まってしまったものがあってそれはなにかと言うと爪です。
現状いわゆる深爪という状態になってるんだと思うんですが、これがことのほか痛いわけです。
で、痛いだけならまだ我慢できるんですがみなさまのスタッフMi人類史上に大きな波紋を呼ぶ大変なことに気付いてしまっていまっていうか昨日からちょっとうろたえてるんで一刻も早く誰かに話してこの苦しみから解放されたい気持ちでいっぱいです。

いったい何事かというとそれは「人類はなぜ親指を深爪しただけでミカンが食べられなくなるのか」問題です。
人類誕生から何万年かわかんないけどとにかく21世紀のいまに至るまでなんと深爪しただけでミカンの皮が剥けなくなるわけで、未だに人類はこの問題を根本から解決できてないわけです。
この衝撃の事実の前になんかもうほんと人間の無力さをひたすら感じずにいられないわけですねこれ。
皮が薄くて柔らかいやつならなんとか痛みに耐えればいけないこともないけど緑のちょっと固いやつとかもうどうにもなりませんマジで。
これ、このへん、ここらへんですね、ポエガールのアイテムとしてみなさまに期待されてるのはおそらくこの辺だと思いますがそんなことはともかく、早速パリャーソ秋のツアーのお知らせ行ってみましょう〜!!

今回のツアーは 「パリャーソツアー10月」 をみていただくと詳細ご覧いただけますが、各日ゲスト登場ってことで宮本香緒理(perc.)さん,山村誠一(steel-pan)さん,前重英美(vo)さん他なんかこうツアー中どこに行っても絶対損しない、つまり予約しただけで自動的に得をしてしまうというなんとも嬉しいツアーになってます〜!!

特に10/25(金)と10/6(土)はなんとティータイムもあって、といいうことはこれおそらく3,000円でライブに加えて美味しいお茶の時間も楽しめるってことだと思うんですがこれはかなりゆったり楽しめる素敵なライブになる予感!

そういえば京都といえば続木さんの実家の老舗パン屋さん「進々堂」さんもあるし続木さんの弟さんである続木義也さんがオーナーの「カフェ・ヴェルディ」もあったりして、もうね、こんな素敵な秋なことだし、この際京都散歩してパンを買ったりカフェで休んだりしながらパリャーソライブを聴きに行くなんて、ああもう考えただけで楽しいですねほんと!!
スタッフMiまたしても書いてて自分で行きたくなってきました…
そんなこんないろいろと各自素敵な秋をみつけながら京都大阪の秋をパリャーソの音楽といっしょに散歩するなんて実にいいですね〜。

で、続木さんの弟さんてばカフェを経営しつつも「カレーの海で泳ぎたい~インド料理の見方・食べ方・楽しみ方」(マリア書房刊)というカレーの本まで出版してしまったということで、これも是非お散歩ついでに手に入れまくっていただきたいと思います!!

そんなこんな楽しさ満載の秋のパリャーソツアー、みなさまご予約今すぐ、行けるとこに行けるだけ遠慮なく行ってみてくださいね。

ってなわけで各地各所のみなさま当日をお楽しみに〜!!

関連URL : スケジュール「パリャーソツアー10月



■9/28(土)、宮津のパリャーソはなんと食事付き!

Highslide JS
食事付きのパリャーソということは
これってもしかしてディナーショーってことになるんでしょうか。
どんな食事なのか、どんなステージになるのか、みなさま各自現場でチェックしまくってくださいね!

illustration:©鈴木まりや
9/28(土) 宮津 パリャーソとあそぶ世屋高原の秋」ってなわけでみなさまスタッフMi個人的にしっかりと秋をお知らせします。
みなさまお待たせしました。
いま、秋です。

日本が誇るあの京都のやや上の方の微妙にひっそりしたあたり、もしかすると福井?とかそれってどこ?とか思われつつわりと人知れず有名なそのあたり、あのー、あれですね、天橋立とか伊根の舟屋とか松本清張の「Dの複合」なんかにも登場する網野あたりもあるその辺のところ、京都から北近畿タンゴ鉄道で行く秋の旅ってな感じで非常に魅力溢れる丹後半島のそこんとこ、宮津市のいーポート世屋 しおぎり荘でなんと食事付きパリャーソライブ!!っつーことで、みなさまこれ是非今すぐご予約いただきたいと思います〜っ!!

関西方面といっても大抵京都大阪神戸とかね、だいたいその辺行ってしまうミュージシャンが多い中でみなさまのパリャーソ、わかってます、大丈夫です、丹後半島忘れてません。
この機会にしおぎり荘の美味しい食事といっしょにパリャーソの秋を味わい尽くしていただきたいと思います。

土曜日は食事とパリャーソを味わい翌日は峰山または網野からも行ける丹後あじわいの郷で丹後をめいっぱい味わうなんてもう最高のお出かけプランですね〜。
ていうか書いててスタッフMiも行きたくなって来てしまいました。
今この時期ほんと最高のお出かけシーズンです。
これたぶん写真好きのみなさまなんて特にこのへん散策なんていうのもほんと素敵な休日になると思います。

普段なかなかライブに行けない!なんていうみなさまにぴったりのこのチャンス、ご家族恋人友人その他微妙な事情のある関係またお一人でも気軽にお散歩&食事とともにパリャーソの楽しさに直に触れてみてくださいね。
ご予約お待ちしています〜!!

関連URL : スケジュール「9/28(土) 宮津 パリャーソとあそぶ世屋高原の秋



■飲食持込みで楽しむ、パリャーソと遊ぶ小金井の夜

Highslide JS
今度は武蔵小金井でパリャーソの夜!
一体市の施設で何がどんな展開になるのか
果たして一体どんなものが持込まれてくるのか
そんなとこもお楽しみに!
あの、会場に入るまでは完全に他人同士だったみなさまがあまりの楽しさにいつの間にか完全に和み、終演後にはすっかりお友達になってしまった茗荷谷CONTRASTO GALLERIAでのパリャーソの飲食持込み可ライブですが、今度はなんと7/12(金)、武蔵小金井の小金井市民交流センター小ホールでやってしまうっつーことで、もうね、これスタッフMi絶対お勧めなのです!

「7/12(金)武蔵小金井 パリャーソと遊ぶ小金井の夜」、みなさまに楽しんでいただける夜です。

人はなぜ飲食可というだけで自動的に楽しくなってしまうのか?
なぜ柿、栗、プラム、といったスタッフMiの大好物は土からできるのにあんなに美味しいのか?
なぜ美青年ピアニストだった賢作さんがゆるキャラになってしまったのか?
そのあたり考えると本当に食べ物飲み物というのは不思議にも幸せな魔法のアイテムですよね〜。

で、今回の「パリャーソと遊ぶ武蔵小金井の夜」、これのポイントはなんといっても小金井市民交流センター小ホールという若干ていうかものすごいはっきりと市の施設、しかも小ホールで持込み可という、聞き流すと気がつかないけどよく考えるとものすごい見てみたい状況が展開されるとこです。
これスタッフMi一体どんなことになるのか是非見てみたいわけです。

もちろん都内で聴ける機会があまりないってとこもポイントだけど!!

持込み可、っていうかむしろどんどん持込んで各自それぞれ寛ぎながらパリャーソといっしょにパリャーソの音楽を楽しんでいただきたいこの夜。
なんていうかほんとに単純なことなんだけどこの持込み可が、これがあると一緒に音楽を楽しむ一体感に加えて心からほっとしていつの間にかみんなお友達になってしまう、その夜その場で一緒に過ごした一体感ってうかそんな気持ちになってものすごい楽しいんで、みなさまにこの楽しさ是非是非味わっていただきたいと、スタッフMiほんとそう思うんです。

飲食物持込み可のいいとこはご予算に合わせて各自自分の好くなものを好きなだけ持ってきて楽しめるとこですね。
いつもの自分の生活のままでライブが聴けるとこがたぶんものすごい楽しい気がします。
で、一緒になんかこう食べてるとなんとなく他のお客さまとの距離感も縮まる不思議。
みんなが気持ちの友達になっちゃう感じで、これがほんと楽しい。
場の雰囲気がいいんで当然パリャーソも熱演してしまうわけです。

ってなわけでいいこと尽くし楽しさ三昧の小金井のパリャーソの夜、まだご予約ぎりぎり間に合うのでほんといますぐご予約くださいね〜!
お待ちしています!

関連URL : スケジュール「7/12(金)武蔵小金井 パリャーソと遊ぶ小金井の夜



■2013年パリャーソの旅、1発目はやっぱり関西ツアー

Highslide JS
2013年パリャーソの旅第一弾 またしても関西で暴れまくるパリャーソ。
2013年パリャーソの旅は4/4(木)、和歌山からスタートです。
はい〜っ!!
お待たせしましたとにかくものすごいお待たせしましたなんでお待たせしてたかというとほぼ99.99.99.99%おーらい紹音社長から情報が来なかったからですが、そんな時こそ頼りになるパリャーソ関西方面ピアノチューナー兼保護者兼カメラマン兼可愛い鈴木優子さんからお便り着いた!

てなわけで早速優子さんからの情報お伝えしますが、もうね、ほんとすごいですね紹音さんマジで。
ツアー詳細をパリャーソの2人に知らせずに他のところには知らせてるというですね、こういうの日本語でなんて言いますか。

いいんですよいいんですよみなさま日本語でなんていうかな〜とかいま本気で考えなくていいですいま考えるのはパリャーソのツアーの予約をいれることだけでいいですみなさま。

で、いまご紹介に預かりましたツアー、2013年パリャーソの旅、これ詳細をやっと公式に正式にみなさまにお知らせできるわけで、みなさまのスタッフMiこんな嬉しいことはありません。

そんなこんなはともかくパリャーソ春のパリャ祭りっつーことで今回のツアー、パリャーソの2人も気合い入ってます。
・「2013年パリャーソの旅 関西篇 なにしろ和歌山スタート。
和歌山といえばスタッフMiのみかんの年間消費量の70%のシェアを誇る県。
あとあれですね、ねこ駅長が住んでる県。
あといろんな山もあるし、えー、あとみなさま各自思い思いに和歌山について心の中で思う存分語り合っていただくとして、ともかくそういう和歌山からスタートというところからもいかにパリャーソが本気かがわかっていただけると思います。

それにしても左上の写真見ていただくとわかるんですが、意外なことにパリャーソ、きりっとしてるとものすごいカッコいいわけです。
パリャーソファンのみなさまも案外気付かないこのポイント、これスタッフMiみなさまにお伝えしないわけにはいきません。
問題はなかなかきりっとした瞬間がないことですが、よーく見てるとかならずその瞬間はこの世の生きとし生けるもの全てに等しく訪れます。
これ、ここ、これ今回のツアー各地各所全部追いかけて逃さず行っていただくときっとそのチャンスはあるはず。
そんなこんな含めてみなさま今すぐご予約いただいて音楽とともにパリャーソのカッコよさ、このあたりもお楽しみいただきたいと思います。

あとパリャーソツアー行くとおーらいレコードの紹音社長もどっかにいるはずなので、どんな人かいっぺん見てみたいという方もぜひご予約くださいね〜!

関連URL : スケジュール「2013年パリャーソの旅 関西篇



■2013年1月12日 土曜日、 続木さんはその時

力いっぱい ぐおおおおお〜〜っっともう、あー、こう、こんななんかこうこの、ね!!
続木さんの音、この音。
DUOS in TOKYO なんかもうフライヤーと写真からしてカッコいいという…。
めいっぱい外国の雰囲気ですね。
1/12(土)といえばDiVaが俊太郎さんとともにみなさまにとてつもなくお送りする2013年一発目のコンサート、しかも名古屋初登場となるまさにその日なわけですが、一方その頃続木さんはというと、池袋SOMETHIN' Jazz Clubで「ショーン ハークネス DUOS」に出演っつーことで早速お知らせします〜!

続木さん情報によるとこのステージ「ショーン ハークネス DUOS」の主宰のショーン ハークネスさんはWindham Hillレコードからもアルバムをリリースしてるっつーことで、ってことは続木さんファンでギターを弾くかたは何をおいてもまず、これもう今すぐご予約いただきたいと思います。
これ聴いとかないとあとで絶対後悔します。
とりあえずmitatakeの二人は今すぐ予約入れてください。

1/12(土) 池袋 SOMETHIN' Jazz Club
「ショーン ハークネス DUOS」

2セット入替制
各セットライブチャージ3,000円(+別途1ドリンク600円)
1stセット 19:00~20:30
2ndセット 21:00~22:30

出演:
ショーン ハークネス(g)
Kaz南沢(vo,g)
続木力(harmonica)

ご予約:
SOMETHIN' Jazz Club 1月スケジュールの1月12日の欄からオンラインでご予約ください

お問い合せ:
SOMETHIN' Jazz Club
03.5951.6807

はいはい〜!!
てなわけで、みなさま。
名古屋まで行くのは無理だけどいい音楽が聴きたい。しかもわりとお得に。とか思ってるみなさまチャ〜ンス!
池袋で「ショーン ハークネス DUOS」、ぜひお楽しみくださいね〜!!

関連URL : SOMETHIN' Jazz Club



■鈴木まりやさんが描く世界でパリャーソは

Highslide JS
パリャーソ 繊細に続く線が木の幹や枝葉みたいに美しくうねる鈴木まりやさんのイラスト。
パリャーソの、楽しくてでもちょっと哀愁、その雰囲気が紙の上にスナップされて味わい深い作品です。
トップページでもお伝えしているパリャーソのライブ(1,2 )。
だけどパリャーソの魅力を伝えるにはライブのお知らせだけでは足りない、なんかこうどうもその良さを今一つ言い切れない。

そんな気がしていたところ、パリャーソの関西ツアー等でピアノチューナー及びパリャーソ保護者兼TAM office 写真クラブ関西方面特派員の鈴木優子さんからとっても素敵な情報を入手したのでさっそくお披露目したいと思います!!

左上の画像、これ今イラストレータとして活動してる鈴木まりやさんがパリャーソを描いた作品でもう既にパリャーソのライブのチラシ等でご覧になった方も多いと思いますが、スタッフMiこのね、静かなんだけど勢いのある強い魅力あふれる線を見て常々他の作品も見たいと思ってたんです。

で、今回その気になるまりやさんの他の作品が見られるサイトがあるということで優子さんにお知らせいただいて見てみたところこれが実にスタッフMi好みの作品群!
線の勢いと色の取り合わせが絶妙に素敵ですまりやさん。

まりやさんの作品が見られるのは
・website「mariya suzuki
・blog「mindscape
まりやさんの作品じっくりお楽しみください〜!

いやーなんかもうね、世の中出会わなければ一生好きにならないけど出会ってしまうと即刻好きになってしまう、ありますねそういうこと。

例えばそれは焼き栗。

栗の料理の仕方はいっぱいあってそのどれもが完璧に美味しいわけです。
美味しいという意味ではどんな調理法も同じですね。
ここまでは同じわけです。
でも、そのそれぞれが同じ素材から出来ているにも関わらず全て味が違う。
ここ、ここですここ重要です。

どのくらい重要かというとヘリコプターのテールローターくらい重要です。
ピアノでいうとハンマーの先についてるフェルトくらい重要です。
賢作さんでいうとやや太めのお腹はいはい〜っ!!とりあえずまだ考えただけで正式には何も言ってないのでスタッフMiセーフですねこれね!ね!スタッフMiなんとかセーフですありがとうございます〜っ!

ってなことでとりあえず話進めますが、同様に絵ってのはいろんな人が描いてていろんな絵があるけどそのどれもが違う感触を持っていてどれも味わい深いものです。

突然ですが焼き栗に話戻すと栗は栗でも焼き栗はやっぱ茹で栗とは違う独特な存在感があって、それはこうちょっと焦げた香りとかいい感じに水分が抜けた実の歯ごたえとかそんなびみょうなとこではあるけど明らかに焼き栗にしかない大きな魅力があるんですね。

そういう魅力に出会ってしまうと他じゃダメ、モンブランいくら食べても焼き栗の味しないんだわこれなーって感じでもう焼き栗の魅力を振り切ることは出来ません。

そういう独特な魅力に溢れまくってる鈴木まりやさんの作品、これぜひじっくりご覧いただいてまりやさんの世界の魅力とともにまりやさんが描いたパリャーソの魅力を噛みしめていただきたいと思います。
優子さんもパリャーソの一番いいとこ撮ってくれてるけど同じくらいいいとこ描いてくれてます。
なんていうか、雰囲気をそのまま撮ってる/描いているって感じですね。
まりやさんの描く世界の中でパリャーソは本物よりもパリャーソに似てる、そんな感じっていうか。
パリャーソライブの主催のみなさま、まりやさんが描いたパリャーソはクレジットをいれていただければチラシ等での使用も可能ですので 印刷用サイズをご希望の方はぜひ遠慮なくwebmaster@tanikawakensaku.com宛てにご連絡くださいね〜!

ほんと賢作さんもパリャーソもDiVaも俊太郎さんもそうだけど、いろんな素敵なものを世の中に作り出すひとがいてくれるってつくづく嬉しいです。

ああもう誰にお礼言っていいかわかんないけどとりあえず宇宙ありがとう〜!!

関連URL : 鈴木まりや「mindscape



■10/14(日)は下北沢でパリャーソ

Highslide JS
秋の風 パリャーソの秋の風はこの日下北沢からどこへ向かうんでしょう。
夏に疲れた心と体によくきくパリャーソ。
辛かった夏にみなさまようやく解放されてほっとしてる間もなく今度はこれもうほんとすぐ冬が来るわけですが、それに比べて待っててもなかなか来ないのが都内でのパリャーソライブ。

そんな貴重な都内でのパリャーソ、10月はなんとあらゆるライブハウスの中でも特に個性的な下北沢のレディジェーンに登場します。

下北沢というと何度行ってもどの電車に乗って行ったらいいか未だによくわかんないのとイメージ的にどうしても町田と区別がつかないとこがものすごい魅力的!
つーことで、みなさま、この際どの電車に乗ったら下北沢に行けるのか各自試行錯誤したりするととっても楽しい日曜日の午後って感じでやたらと素敵なことになりそうです。

下北沢があってあと上北沢っていう地名もあるし、ってことは右北沢とか左北沢とかもどっかにあるんでしょうか。
その辺りの検証にも最適な10/14(日)、みなさま、近辺で迷ってる人を見かけたらみんなで助け合ってなんとかしてレディージェーンに大集合してくださいね!

関連URL : スケジュール「10/14(日) 下北沢 パリャーソ



■意表を突く勉強会という名のコンサートでひっそりと

Highslide JS
8/30(木) @新橋生涯学習センター にて
だいたいパリャーソの場合なにがどうなってどこでどうするのか本人たちも行ってみないとわからない感じでこう、なんというかなんとな〜くやっぱりその辺も含めてなるほど旅人なんだな、なんて感じがするわけですね。
そういう全てがパリャーソを作ってるというか、パリャーソそのものというか。
で、そんなパリャーソが8/30(木)に新橋で行われた「勉強会」に行ってみたら実は勉強会という名のコンサートだったという衝撃の事実が判明。

パリャーソのコンサートならなにがなんでも行きたい、行って全てを聴きたい見たい、というパリャーソファンのみなさまはおそらくなぜ早く教えてくれなかったんだと思われることと思いますが、実はこれNPOの勉強会ということで内部の関係者のみなさまに向けてのコンサートだったみたいなのでとりあえずみなさま落ち着いてください。
だいじょうぶです、またみなさまに来ていただける機会必ずあります!
その時はみなさま8/30に聴けなかった分も多いに楽しんでいただきたいと思います。
待っててくださいね〜!

賢作から一言

今年の5月18日から20日にかけてお世話になりました、岩手三陸復興音楽祭を主催されたNPO「仕事人倶楽部」さんの「勉強会」にパリャーソでおじゃましました(^_^; ご参加の皆様方に、なにかためになることを言わなければ、のプレッシャーの中、やはり「パン焼き職人の修行で渡仏して、立派なハーモニカ奏者となって故郷に錦を飾る」のくだりに皆様感銘を受けていらっしゃいました。 ♪ちからのいっぷく〜\(^O^)/

関連URL : スケジュール「岩手三陸復興音楽祭



■今度は夏のパリャーソ@茗荷谷!もちろん飲食物持参でどうぞ

パリャーソ at Contrasto Galleria

みなさまお待たせしました!

前回(ライブレポ「11/10/28 パリャーソ@茗荷谷」参照)多数のみなさまにお申し込みいただいたもののどんどんどんどんお申し込みが増えてすぐに定員に達してしまったため残念ながらお聴きいただけなかったこの持ち込みライブ。
今回は夏のパリャーソと一緒に夏の風を味わっていただきたいとオーナー柏渕さんが選んだ7月、ただでさえ夏暑いのにライブで更に暑くするってどうなってんですか!!
とかいいながら、スタッフMiこのライブ待ちわびてます。

7/6(金) 茗荷谷 パリャーソライブ@茗荷谷

もちろんまこりんがいる7/21(土)のDiVaも楽しみなのは当然ですが、茗荷谷のパリャーソはほんとうに会場と相性が良くて、なんかもうね、あるんですよ。
こう、わりに長いこといろんなステージに関わってきてわかったんだけど、そのバンドと会場の雰囲気と会場の音がぴったり合うとだんだんじわじわと自然に会場全体が乗ってきてっつーことはもちろん演奏者も乗ってきて、ていうかどっちが先でもいいんですけどとにかくなにかがミュージシャンもお客さまも会場自体も全部を音楽に変えてしまうっていうことが。

ライブってのはこうなるって決まってないからもちろんその時々でどうなるかわかんないですけど、でも、コントラスト・ガレリアとパリャーソの組み合わせは最高だとスタッフMi断言します。

会場のコントラスト・ガレリアは厳選された良い作りの家具がいっぱいのお洒落で素敵な空間。
そこにみなさまお好きな飲食物をお好きなだけいくらでも持ち込み可です。
可って言うよりぜひ持参していただきたい。
で、持込んで寛ぎながらパリャーソを味わっていただこう!
そういうオーナーの柏渕さんご夫妻の人柄丸出しのライブでこれがほんと普通のコンサート会場とかとは違ってみんな友達になってしまうという勢いが既に楽しいわけです。

そんな、別に持込んだって楽しくないし、とか思ってるみなさま、わかります、その気持ちも分かる。
けど、頭で分かっていても実際わからないことってありますね。
例えば家賃とかも、貸してくれるというから借りただけなのになぜ毎月家賃を払う羽目になってるのか、頭ではなんとなくわかっててもいまいち気持ちが納得いかない。

ね?そういうことです。

そういうことにして話を進めますが、となると、パリャーソのライブがマジでなんか楽しい!!というのも来ていただかないことにはわからないというわけで、これみなさまほんとに来ていただきたいんですね。

賢作さんのために買ったピアノ「sauter」、これがもう絶品の鳴りだし、普段会場についてあれこれいわない続木さんが「またあそこでやろうよ」と言っているというほどの最高の場所でのライブ、ぜひお早めにご予約くださいね。
TAM officeめぐみさん&スタッフMiも当日会場でお待ちしています〜!

関連URL : スケジュール「7/6(金)茗荷谷 パリャーソライブ@茗荷谷
関連URL : ライブレポ「11/10/28 パリャーソ@茗荷谷



■岩手三陸復興音楽祭関係 続報

3日間の過酷な公演スケジュールに立ち向かい岩手及び三陸地方並びに東北一帯全般のみなさまの心に涙と笑いと感動を呼び起こしまくったパリャーソですが、そのツアー各公演の模様の一端がデーリー東北紙の掲載記事(掲載記事)を中心にインターネット上でもいくつかあがってきていているということでお知らせします〜!
情報提供:NPO法人仕事人倶楽部の清水さまありがとうございます。

18日(金)の模様
岩手日報/ 野田音楽会「復興音楽祭始まる プロの音楽家が演奏
デーリー東北新聞社「復興音楽祭スタート/初日は野田で
ロケタッチ新聞「岩手三陸復興音楽祭始まったよー♪

19日(土)の模様
みんなの経済新聞ネットワーク/ドンアルマス「三陸鉄道沿線で「復興音楽祭」-車内、被災駅、がれきを見ながら

20日(日)の模様は掲載記事 Archivesをご覧ください。

賢作さんによると”東北の人たちの合い言葉は「忘れるな」「伝えてください」”ということだそうで、いや、それスタッフMi&TAM officeめぐみさんも常日ごろ賢作さんに「スケジュール/連絡事項等忘れずスタッフMiおよびTAM officeめぐみさんに伝えてください」って言っててですね、なんつーか、あれですね、なんかいまスタッフMi初めて東北のみなさまと心が一つになれた気がします。

っつーわけでこれからもみなさまぜひと協力し合っていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

ていうかむしろ岩手三陸及び東北各県のみなさまがパリャーソを忘れないかどうか、そこ、そこです問題は。

関連URL : スケジュール「5/18-20 岩手三陸復興音楽祭



■で、すぐさまパリャーソは鹿児島へ

Highslide JS
一体感を味わう楽しさ
パリャーソを聴くと音楽で遊べる楽しさがよーくわかります。
聴いてるうちに参加したくなるパリャーソの音楽。
だからパリャーソのライブは圧倒的な一体感があるのかも!
そんなこんな岩手の各地各所にパリャーソの風を吹かせまくった後あっというまに鹿児島へ行ってしまうパリャーソ。
パリャーソといえば関西というイメージが強いわけですが案外鹿児島、宮崎あたりも多い、実に多いです。

そう言えば鹿児島ってスタッフMi行ったこと無いけどいいです。
べつに連れてってくれなくてもいいですけど。
いいですけど。

いいけどこの初日23日のマルヤガーデンズ、ここもんのすごい楽しそう!!
これはあれですか、例えばイオンとニトリとユネスコ村が一体になったみたいな、そういう解釈で合ってますでしょうか。
あとぜんっぜんパリャーソと関係ないけど5/14日のマルヤガーデンズの「大人のためのダンボールハウス作り」 、これたまらなく魅力的ですね。
スタッフMiもそろそろ将来のこと考えてこういうの覚えておくといいかな〜とか思ってたとこなんでこういう講座非常に有り難いです。

っつーことでそんな素敵なマルヤガーデンズでのライブと徳田邸でのライブ、鹿児島はもとより近隣各県各地域のみなさま、ぜひご予約の上あらゆることをあらゆる方法でお楽しみくださいね!
スケジュール「パリャーソ in 鹿児島 2012 5月 ツアー」

関連URL : スケジュール「パリャーソ in 鹿児島 2012 5月 ツアー」
関連URL : パリャーソ最新アルバム「Night Harvest



■岩手でパリャーソ3日間

Highslide JS
岩手に出没
みなさまご覧ください。
おじさんです。
おじさんだけだと珍しくないんだけど、このおじさんたちは楽器持たせたらものすごいかっこいいという珍しいおじさんです。
なぜか関西にはよく行くんだけど他の地域ではめったに見られないという点でもこのツアーは見逃せません。
目撃したらぜひその様子を撮影してwebmaster@tanikawakensaku.comまでお送りください。

Photo : yamasin
なにしろいろんなことがあってぐわ〜〜って感じなんでなんかもうとにかくパリャーソで遊ぼう!!
ってな感じで、とにかくこのスケジュール、これ見てください。

スケジュール「岩手三陸復興音楽祭 ツアー」

このですね、チラシにこう出没場所が書いてあるんですけど、見ていただければはっきり分かる通り結構ハードです。
結構というかはっきりとハードです。

でもいいんです。
呼んだからには目一杯使う。
これ、こういう姿勢、これ非常に大事ですね。

っつーわけでパリャーソは3日間岩手で演奏しまくるのでどんなことやってるか見に行ってくださいね〜!
初日最初のステージから最終日のステージまでパリャーソを追いかけるとかってのも面白そう!
ああー、これスタンプラリーとかないんですかね?
パリャーソの全ステージを回って岩手三陸地域一帯でお買い物するとスタンプがもらえてそれを集めるとおーらい紹音さんデザインのパリャーソ結成10周年記念Tシャツがもらえるとか。
欲しいかどうかは別として。

ってなことはともかく、みなさまぜひ岩手三陸地域方面どんどん遊びに行ってあらゆる方法でどんどん楽しんでいただきたいと思います!!

関連URL : スケジュール『岩手三陸復興音楽祭 ツアー
関連URL : パリャーソ最新アルバム「Night Harvest



■パリャーソ「弾丸Jazz」ツアー、もうすぐです!

2012年も呼ばれればどんなとこへでも行って世界中に夢と希望と勇気を振りまきまくるパリャーソ、どどーーーーっっと怒濤のツアーでスタートです!
いきなりツアーからスタートというね、この辺の勢いが素晴らしいです。
ちょっと小手調べとかちょっとその辺で調子見てからみたいなそういう腰の引けたこという前に行くことが決定してるのでこれもう行くしかないわけです。

今回のツアーは南九州ツアーってことで微妙に暖かい場所を選んでる気がしないでもないですがそんなことはともかく、南九州あたりは賢作ソロでもパリャーソでも非常に縁の深い場所なんですけど、このツアーはちょっと珍しく、なんと、パリャーソにさがゆきさんと、そしてパーカッションの山村誠一さんも同行するという特別編成でのツアーです!!!
んで、南九州あたりといえば毎回ツアータイトルとチラシにもものすごい力入ってて、スタッフMi個人的に毎回楽しみにしてるんですが、
今回のツアーは

『パリャーソ with フレンズ in 南九州「弾丸ジャズ」ツアー』

ってなわけでもうタイトルだけで行ってみたくなるこのセンス、これです。これ大事ですね。
主催およびスタッフのみなさまのツアーにかける意気込みが伝わってきます。
スタッフMiも行きたい。非常に行きたい!!
が、なぜか賢作さんから「行く?」って連絡来るのが都内、横浜、鎌倉あたり、たまに富山、微妙〜〜に静岡、あと町田、くらいまでで、それより遠くなると無言で出かけるシステムになっているのでですね、各公演の模様など現場カメラマンのみなさま是非お送りくださいね〜!!

で、このツアー、お越しいただけると最新アルバム「Night Harvest」もサイン入りで好きなだけお買い上げいただけます!!
それとおーらいレコードの紹音社長のなんとなく記念Tシャツですか、いや、パリャーソ結成10周年記念、そのTシャツも販売されるはずですので気が済むまでお買い上げいただければと思います。

それにしてもチラシのイラストが似てなさそうで似てるとこがまた非常にいい感じです。
続木さん山村さん賢作さんはわかるけど、賢作さんの隣は誰?とか思ってるみなさま。
ええ〜っ?なにを言ってるんですか、こんなに可愛いんだからさがさんに決まってるじゃないですか!!
さがさん以外に誰に見えるのかスタッフMiなんかもうほんとそれびっくりしちゃうな…。

ってなわけで絶対にこれお勧めの「弾丸ジャズ」ツアー、南九州方面のみなさま、いますぐ、即刻、直ちに各会場へご予約ください!!

関連URL : スケジュール『パリャーソ with フレンズ in 南九州 「弾丸ジャズ」 ツアー
関連URL : パリャーソ最新アルバム「Night Harvest



■今度は10周年記念ツアースタート!!

Highslide JS
行ってますやってます
Night Harvestツアーに続き結成10周年記念ツアーでみなさまに夢と希望とCDと、あとついでにじょうおんさんイラスト入りTシャツをもたらしまくる、パリャーソ。

Photo : yamasin
いよいよ!!
と思ったら、あ、もう行っちゃってたんですね…。

毎回こうしてわりとひっそり誰にも見送られずにわりと寂しく旅立つ賢作さんですが、続木さんはどうでしょうか。
なんつーかこう、ふと結婚とか人生とかについて考えたりするスタッフMiですがそんなことはともかく行ってます。
またしても関西ですが、いいんです。
賢作さん関西好きだし。
続木さんなんて京都出身だし。
ていうか仕切りが紹音さんだし。

で、えーと、…はい?
なんでまとめて結成10周年記念アルバム「Night Harvest」発売記念ツアーにしなかったか?
何度も来るから何度も行かなきゃならないじゃないか?
こないだ買った食パンの消費期限が27日の19時までなのにパリャーソのライブ行ったら期限切れになるけどその辺どう考えてるのか? ですか?

えーとですね。
簡単に言うと、人はパンのみに生くるに非ず、ですね。 っていうか迷惑ですか。

ともかく迷惑でも賢作さんも続木さんももう行っちゃってるので各地各所のみなさま、張り切って会場に押しかけていただきたいわけです。

なんでかっていうと、このツアーはパリャーソ結成10周年記念ってことでですね、各会場ではそれにふさわしい記念グッズをどうしても作りたいという紹音さんの情熱のかたまり、記念Tシャツが販売されるからです。

デザイン案はスタッフMiも見てるんですけど、実際どんなもんなのか現物見てないのでみなさまにはいち早く会場で手に入れていただいて、で、それを着た写真をスタッフMi宛てにどんどんお送りいただきたいんです。
で、それを全世界に向けていきなりアップしてしまうという微妙に迷惑な企画を思いつきました。

ご応募いただいたみなさまにはなんと、ほんとの記念グッズ、パリャーソの秘蔵生写真をプレゼント!!

例えばですね、 ペアルックでも、親戚縁者一族郎党全員パリャーソTシャツ着てるでも、もちろんお一人だけでパリャーソTシャツ楽しんでいただいても構いません。
とにかく注意点としては公開前提ですので、いろんな事情で顔を出すのがどうしても嫌。それだめ、それだけはやばいという方はその旨書き添えていただきたい点です。
「顔出すな」と書いていただければこちらでモザイクを入れさせていただきます。

ってなわけでみなさま、本日(11/23)発売のパリャーソ結成10周年記念Tシャツ(なぜか紹音さんのイラスト入り)をお買い上げのみなさま、どんどんご応募くださいね!

しかしふと思ったんですけど、紹音さんて記念好きですね。
できれば段取り連絡その他もぐおおおお〜〜っと記念して欲しいです。

パリャーソ結成10周年記念Tシャツ購入記念パリャーソブロマイド祭り応募記念ブロマイド応募要項
  • 応募条件:パリャーソ10周年記念Tシャツをご購入の方
  • 応募方法:

  • 下記内容をメールでスタッフMi宛てにお送りください
  • ・お名前(公開してもよいお名前)
  • ・モザイクの有無
  • ・記念Tシャツを着た写真
  • ・一言コメント(パリャーソのライブの感想、Night Harvestの感想、記念Tシャツの感想など)

ではみなさまお待ちしています〜!!
もちろんNight Harvestも買いまくってください!!
あっ、これ、Tシャツって関西圏以外のファンのみなさまはどうやって買えばいいんでしょうね…。

関連URL : 現場写真レポ「賢作その旅の記録 11/22〜11/26



■決定しました。「Night Harvest」、これお勧めです。

Highslide JS
大収穫来ました!
このあったかさ、手と心に残る一生使える毛布です。

パリャーソ最新アルバム「Night Harvest」
2011年10月23日発売
JMCK-1043
2,000円(税込)

TAM office 通販でも取扱中です。
いよいよ10/23(日)発売開始のパリャーソ New Album「Night Harvest」。
みなさま、いやーいいです、マジでいいですNight Harvest。

すみません、スタッフMiみなさまを差し置いてひと足早く今日サンプル版聴かせていただいてしまいました。

いいですってのはもういいですってことじゃなく、良いわけです。
これはじっくりと醸された極上のワインです。
銘柄で言うと これ、これです、音楽というのはこれです。
ていうかスタッフMiぜんっぜんお酒飲めないんでワインの味とかわかんないんですけどそういう細かいこと言う人スタッフMi嫌、それダメ、それ嫌いだなあ。
たぶんまこりんも衣装部夢ちゃんもそういう人嫌いですよね〜。
っつーことでじゃあ、ワインじゃなきゃなんなのかというとはっきり言ってショウガ湯です。

えっ、ショウガ湯熟成されてない?
なんと意外な!
ともかく熟成されたショウガ湯なわけです。

飲まなくてもいられる。ね。ショウガ湯飲まなくても人間生きてられます。
が、しかし、ここです重要なのは。
が、しかし、飲むとなぜか体の芯からぽわぽわとあったかくなって、いつの間にか心もあったかくなって、いろんなひとに優しくしたくなるわけですね。
特に可愛い人には無条件で即刻優しくしたくなる、そういう音楽がいまここにあります。

Night Harvestに入ってるのは、16bit44.1kHzの音じゃなくて、パリャーソが活動を始めてから10年の間、各地各所のみなさまと一緒に旅してきたあんなとこやこんなとこそんなとこ、そういういろんなとこの人肌程度のあったかさの風です。

パリャーソの音楽のいいとこは、寂しいだろうとも悲しいだろうとも言わない優しさ。
スタッフMi思うんだけど、パリャーソの音楽は音楽の横顔です。
よそ行きの顔の音楽とは違う、本当の表情がそこにはあって、いつも元気いっぱいじゃなくていいと思えるその音楽が、夜の暗闇の優しさにすごい似ててなんか安心するんです。

そんなこんな思いながら聴いてると6曲目で大坪さんのBass recordeerが聴こえてきて、なぜか、どういうわけか月が出た感じがしてふと我に返ったりとかして、ともかくこの大収穫、熟成されたパリャーソの「Night Harvest」これ、本当にスタッフMi、これ、これこそを聴いて欲しいとお勧めします。

これはもしかしたらパリャーソの一番おいしいところが詰まってるCDなのかもしれません。

レコ発ツアー「Night Harvestツアー ~パリャーソと豊穣の夜の時間を共に~」各ライブ会場のほか、TAM office 通販、CD通販サイトfuku no taneでも取り扱い中です。
みなさま、是非パリャーソのショウガ湯であったまってくださいね〜!!



■最新アルバムジャケットお披露目

Highslide JS
Night Harvest
2011年10月23日発売
パリャーソ最新アルバム「Night Harvest」
JMCK-1043
2,000円(税込)
みなさま冬です〜!!!

あーもうなんか寒い。

つーか寒い。

ひたすら寒い。

なんなんですか夏はあんなに夏だったのに冬がこんなに冬だなんて。
ていうか秋の立場とかですね、そういうなんか気遣いって大事だと思うんですよやっぱ冬も。
それなりにみんな我慢してるわけです。
夏だってほんとはもうちょっっとだけ夏でいたい。
春には春の、秋には秋のそれぞれの思いもある。
本だってほんとは白い紙のままでいたいわけです。
そこに俊太郎さんがいろいろ書きまくったりもう最近なんてえんぴつですよ。
書こうと思ってたえんぴつがいつのまにか書かれてるとかね、もうマジでショックですよこれはえんぴつ。

そんなこんな生きてるといろいろ思うようにいかないもんですが、特に思うようにいってない、いや、えー、スタッフMiなにを言おうとしてるんでしょうかこっからどうやって言いたいことを言わずに言わなければならないことを言うかが問題なんですがその辺はあとでじっくり俊太郎さんから借りてきた『谷川俊太郎の「現代詩相談室」』(角川書店刊)でもTAM officeめぐみさんと読みながら考えたいと思います。

いやーしかしほんとジャケットってCD/レコードの顔っていうか命?っていうかなんかそんな感じのところですからね、なにしろパリャーソ結成10周年記念アルバムっつーことで、おーらいレコード社長の清水紹音(じょうおん)さんが自らジャケットのアートワークを担当という、まさに記念アルバムにふさわしい出来です〜!!

え?ジャケットどこ?

いや、どこといわれるとどこといってね、ま、どこっていうほどのところでもないんですけど、どこかなー。

Highslide JS
これは素敵!!
パリャーソの現在までの全作品がこんなきれいなチラシになりました!
デザインは数々のCDデザインを手がけている小島奈津子さんです。
Highslide JS
こっちはプロフィール
パリャーソのプロフィールもこんなにきれい!
こっちも小島奈津子さんデザインです。
ええっ、一番上にある?
いやースタッフMi全然気がつかなかったな〜、みなさまこれがお好み焼き、違う、いやお好みですか。



いや、スタッフMiなんにも言ってません。
大丈夫、案外そういうとこ大丈夫なスタッフMiまだまだ大丈夫。

いいんですよ、いいんです、人それぞれに幸せがあるわけですねこれ、ね?そういうことですよね?

いいと思います。
思う、それはそう思う。
けどこんないいジャケットはmitatakeの次のアルバム用にとっておいてあげるとかなんかどうにかなんないかとも思うそんな冬。

なんならスタッフMiののら猫写真コレクションからなにか提供してもいいです。
ていうかいっそまこりんの写真にするとかそういうのどうでしょう。

ともかく、パリャーソ結成10周年記念アルバム「Night Harvest」、10/23(日)発売!!
こんな素敵なジャケットも付いて2,000円!!
みなさまもうすぐ、もうすぐです!
内容はもうそれはほんとにパリャーソのいいとこいっぱいつまった最高の演奏です。

みんなジャケットどうこう言うけど、見た目も中身もいいなんてこの世にまこりんしかいません。
それでいいんです。

それにしてもこんな急に冬になったら、これ柿とか栗とかこれからってときに…柿栗の無念さに比べたらどんなことも耐えられる、スタッフMiそんな気がしてきました。



■ついに決定、最新アルバム「Night Harvest」10/23(日)リリース!

Highslide JS
未知との遭遇
10/23(日)発売が決定したパリャーソ最新アルバム「Night Harvest」にも参加しているこの二人は一体誰なのか。
分かってしまったみなさまおめでとうございます!
10/23(日)発売のパリャーソ最新アルバム「Night Harvest」を最低3枚以上買っていただいていい、というありがた迷惑な権利がたった今みなさまに自動的にプレゼントされました。

前作「Cerezo」は総勢えーと何人ですか、ものすごい数のミュージシャンがおーらい紹音社長にだまされ、いや、なんだかわかんないうちに巻き込まれ、いや、それぞれ何らかの特殊事情で参加し、で、リリース後さらにおーらい紹音社長がどうしてもどうしてもやりたいと言うので開催した真夏のイベント「夏音2009」にもいろいろあって出演したはいいけど、おーらい紹音社長が仕切らないので出演ミュージシャンが土砂降りの雨の中現場仕切りをしつつ進行するまさにその横でおーらい紹音社長が優雅にビールを嗜んでいたということでスタッフMiの心の中で大反響を呼んだ「Serezo / パリャーソ with フレンズ」が全国各地のパリャーソファンのみなさまの心の旅情を未だにかき立ててやまないわけですが、そのパリャーソの最新アルバム「Night Harvest」がついに、とうとう、2011年10月23日(日)に発売決定です〜っ!!

* * * *

2011年10月23日(日)リリース
パリャーソ
「Night Harvest / ナイト・ハーベスト」

Ohrai Records
JMCK-1043
2,000円(税込)

ゲストミュージシャン:
岡野裕和(b)
大坪寛彦(bass recorder,uklele)
佐野岳彦(harm.)
見田諭(g)

* * * *

なにしろジャケットへのこだわりには定評のあるおーらい紹音さん、今回は本当にこだわり抜いてなんと自らジャケットのアートワークを担当するとの情報を昨日世間話のついでに賢作さんからなんとな〜くキャッチ!

んで、その時、スタッフMiほんと全国のみなさまに申し訳ないと思いつつもジャケットの候補作?試作?ま、そういうあれをいくつか見せてもらったんですが、これがすごい。
賢作さんも何度見ても驚くというくらいものすごいものでですね、すごすぎて逆にこれがCDになったとこ見てみたいっつー感じのものすごい腕慣らし作品で、ちょっといま思い出してなんかむしろみなさまに見せてみたいという衝動に駆られてます。

っつーわけで発売日には最高に素敵な音楽、アズレージョグリーンのパリャーソの風とともにきっと素敵なジャケットがみなさまのお手元に届くはず!なので完璧にご期待ください。

そうそう、アズレージョグリーンって、10/28(金)のパリャーソライブ「パリャーソライブ@茗荷谷」の会場である茗荷谷コントラストガレリアのオーナー柏渕さんが、パリャーソのイメージカラーとして選定してくれた色なんです。
この色はポルトガルのタイルに使われる緑だそうで、なんともパリャーソの音楽の、明るくて少し寂しげな、飄々とした風情にぴったり!
柏渕さん、ありがとうございます。
なんて素敵なセンス…。

うおおお〜〜っっっと!
んで、あーもう書くことありすぎだしでもこのところ衣装部夢ちゃんのお手伝いで今までに無く頑張ってるスタッフMi、ライブレポもやましんさんから送ってもらってるライブ写真もアップできてないけどそんなことはともかく、これ、ゲストがまたいいわけです。
大坪さん、岡野さん、そしてmitatakeの佐野さんと見田さん。
mitatake見てる〜っ?

このメンバーだもん良くないわけがありません。
セレッソのにぎやかな祭りの帰り道、パリャーソがふと口笛を吹いたっつー感じですか?
うっわスタッフMi詩的で素敵!!ぐおおおお〜〜っす!!
いや、ぐおおおお〜〜っすじゃなくてみなさま少し落ち着いてください。
そういう味わいのある音がいま既に聞こえてくるようですよね?ね?

ともかくおーらい紹音社長が今度こそほんとに総力をあげて作るパリャーソの最新作「Night Harvest」、発売まで楽しみに待っててくださいね!
ていうかスタッフMiたぶん誰よりも楽しみにしてます!

関連URL : スケジュール「パリャーソのライブ



■賢作サイトのみ限定公開、最新アルバム「Night Harvest」は今秋リリース!

賢作さんからパリャーソの最新情報到着しました〜っ!!
なんかこのところ賢作さん密かに大阪に行ってると思ってたらこんなことしてたわけです。
俊太郎さん関係ではoblaatが新たな動きを見せる一方、賢作さんもこのむちゃくちゃな暑さの中ものすごい頑張ってます。
っつーわけで賢作さんのメッセージとともにお知らせします!

photo1
「Night Harvest」ってタイトルがまたパリャーソっぽくて素敵です。
どんなアルバムになるのか待ち遠しい…

写真提供:鈴木優子さん
photo2
続木さんの人柄そのままのほんとにふわりと漂う風みたいなハーモニカと森の中の湖にこだまする鳥の声みたいなリコーダーが好きです。

写真提供:鈴木優子さん
photo3
賢作さんのピアノ、今年ますますいいです。
繊細な響きに加えてさらにグルーブ感が増してます。
美しいというだけじゃなく、スタッフMiとしては賢作さんのこの微妙なリズム感、この絶妙なタイム感、これこそが賢作さんの肝だと、ここをみなさまにぜひお伝えしたいわけです。

写真提供:鈴木優子さん
photo4
ベースの岡野さんと。
岡野さんはCerezo、夏音などでパリャーソファンのみなさまにおなじみですね。

写真提供:鈴木優子さん
photo5
エンジニアの春日さんと。
なにやら密談中なのか…出前のメニューを決めてるのか…

写真提供:鈴木優子さん
photo5
これはプレイバック中のスナップですかね、二人の耳が音に集中しているその後ろでやや眠そうなのはおーらいレコードの紹音社長ですねこれ。
はい〜、起きてください〜!!

写真提供:鈴木優子さん

ふだんのおちゃらけた、たにけん君とは別人のように真剣にやっています(ふだんからちゃんとせい! はいっ、、、) レコーディングスタジオ(新大阪KOKO)より最新のレコーディング時のスナップ写真をお届けします。ゲストミュージシャンはベースの岡野裕和氏です。レコーディングエンジニアは春日峰夫氏。写真提供はピアノ調律師の鈴木優子さん。(k)

ってな感じで真剣に録音したという「Night Harvest」、ああ発売が待ち遠しい!!

ていうか今秋っていったいいつなんでしょう、一刻も早く聴きたいスタッフMiとしてはいつかわかんないといつ出るかわかんないからずっっっっっと起きてなくちゃならないわけですが果たして起きていられるんでしょうか…。

ともかくそんな感じでいい感じに乗りまくってるパリャーソ、これCD出るまで待ちきれないのでとりあえずパリャーソ+俊太郎さんの「7/25(月) 大船 みみをすます」、これですね、これみなさまどんどん大船に押し寄せまくって聴いていただきたいと思います。
スタッフMiとTAM officeめぐみさんも絶対行くのでみなさまも絶対来てください。
もしかするとobla(04)t ウエアラブルシリーズ最新作もこの日会場で販売されるかも…という情報もあるようなないような!
その辺もぜひ確かめに来ていただきたいと思います。
ご予約お待ちしてますね〜!!

関連URL : スケジュール「7/25(月) 大船 みみをすます
関連URL : 言葉音楽会関連



■パリャーソ+俊太郎さんが今度は大船で

はいはい〜っっ!!
みなさま夏です!!
っていうかものすごいです太陽。
燃えまくってます。

ほんとうに自然って傍若無人ですよね。
もうちょっっと人間に優しくてもいいんじゃないかと思いますがその辺どうなんでしょう。

そうそう、自然と言えばスタッフMi昨日近くの公園に散歩に行って野良猫と楽し〜く遊んでたらですね、突如カラスに襲われて突如500mくらい全速で走り回るということを2度繰り返して、おそらくこれでもう一生分の運動は済んだと思うくらい運動してきました〜!!

もう今ごろって子育ても終わってる頃だと思うんですけど、なんなんでしょう、今年はなにかの都合でカラスもいろいろあれなのかもしれませんけどそんな事情はともかくとりあえず猫もね、ちょっとぐらい助けてくれてもいいと思うんですよマジで。
一緒に遊んでたくせに緊急事態になるとさも関係なさげに横になって見てるというのはあまりにも冷たいんじゃないんですかっ!!!

ってなわけで大自然と壮絶な戦いを繰り広げて無事帰還したスタッフMiの今月これお勧め、7/25(月)はパリャーソ+俊太郎さんの「みみをすます」です。
会場は鎌倉市にある大船駅近くの鎌倉芸術館というほとんど大自然の不思議!みたいな感じで、そこんとこ一体何がどうなってるのか自由研究して楽しんでいただくのもお勧めです。

パリャーソ+俊太郎さんといえば自由学園での「言葉音楽会」での3人のほんわかぶりが楽しい企画でしたが、今回実質その第3弾?と言っても過言ではなさそうな感じの雰囲気の様子な予感がしないでもないっつーことで、ぜひ、鎌倉大船江ノ島など散策しつつご来場くださいね。

ちなみにカラスは攻撃前必ず声で威嚇するそうで、ただ、それがこっちに聴こえてるかどうかは一切関係ないというクールさがかっこよすぎ…。
みみをすますってほんと大事です。

関連URL : 言葉音楽会関連



■パリャーソ鹿児島ツアーは5/27(金)から3日間!

パリャーソの鹿児島ツアーすごいです。
何がすごいって3日間のツアーなのに4公演。
なんかもう勢い余って一週間で十日来いみたいなことになってますが大丈夫でしょうか。
いつどこでやるのかわかんなくなったりしないんでしょうか。

パリャーソの二人はともかく、みなさまは大丈夫、完全にご安心下さい。
なにしろスケジュール「パリャーソ鹿児島ツアー2011 5月」を見れば一目瞭然っつーことで、是非ご確認の上心置きなくご予約ご来場いただきたいと思います〜!!

で、みなさま。最近写真レポ送ってくれない賢作さんに変わって現場の様子などスタッフMiにお知らせいただけたら嬉しいです!
送っていただいた写真はスタッフMiの完全個人的好みによって厳正な審査を行い、なんとな〜くこのページでご紹介させていただくかもしれません。
もちろん携帯電話、iPhoneとかで撮ったものでも、なんなら日光写真でも構わないのでどんどんwebmaster@tanikawakensaku.com宛てにお送りいただけたらと思います。

っつーことで、みなさま是非会場にお出かけくださいね〜。

詳細はスケジュール「パリャーソ鹿児島ツアー2011 5月」をご覧いただけます。



■3/19(土)はin Fでパリャーソ、決定です!

赤坂での公演は中止になってしいましたが、急きょ決定しました〜!
3/19(土)はみなさまぜひ大泉学園のin Fでパリャーソをお楽しみください。

パリャーソの夢と希望の春の風が、そこにもここにもあそこにも。

詳細はスケジュール「3/19(土) 大泉学園 パリャーソの『夢と希望の春の風』」 でご確認下さいね!



■パリャーソ at 赤坂区民センターホールは公演中止となりました

お待ちいただいていた全てのみなさま、申し訳ありません。
久々の東京公演となるはずだった「3/19(土)赤坂 パリャーソ at 赤坂区民センターホール」は公演中止となりました。
またの機会にご来場いただけることをパリャーソ&TAM office一同楽しみにお待ちしております。
これからもパリャーソをよろしくお願いしますね〜!!



■パリャーソ結成10年目突入ツアー「パリャーソ10年目の冬の旅」!

Highslide JS
10年目のパリャーソ
全国各地のみなさま、ありがとうございます!
これからもパリャーソの活動にご注目くださいね。
はいはい〜っ!いくらまこりんが可愛いって言ってもまこりんの可愛さばかりに気を取られてる場合じゃありません、みなさま、パリャーソですパリャーソ。

パリャーソは2001年12月結成ってことで、なんと今年12月で結成10年目に突入なんです〜!!
全国各地のみなさまに支えられパリャーソは10才になるわけですね。
本当にありがとうございます。
ってことでこれ計算合ってますか大丈夫でしょうか。

とにかくちょっとくらいズレてても細かいことはなんとな〜くみなさまの心の中で各自辻褄を合わせていただくことにして、とりあえずパリャーソの2人、よーく見てください。
画面から20cmくらいのところから右目で賢作さんを左目で続木さんを見るようにして、目の焦点合わせないようにするとほーら不思議、賢作さんも続木さんも案外可愛いことがおわかりいただけると思いますがどうですか。

いや、立体には見えないんでそんなに頑張らなくてもいいんですがとにかく結成10年目突入記念ということでこんなにお目出度いことはありません。
こうして活動を続けてこられたのも全国各地のみなさまが暖かく支えてきてくださったおかげ、本当に心からありがとうございます!

で、ですね、そんなみなさまに更にパリャーソの音楽をめいっぱい楽しんでいただきたいというわけで早速ですが10年目突入記念ツアー、これ行きます。
パリャーソの音楽が冬の寒さの中できっとみなさまの心の暖炉になってほっと一息の暖かい時間になること請け合いです。
パリャーソの音楽は一言で言うとほんと暖かい、これに尽きます。
賢作さんと続木さんの人柄が奏でる音楽、これですこれ。
パリャーソと一緒にゆっくりと優しい時間に浸ってくださいね〜。

日程は以下の通りです。
パリャーソ10年目の冬の旅のスケジュールページで詳細ご確認の上各会場または問い合わせ先でご予約くださいませ。



■で、パリャーソどうなってんのと

パリャーソイメージ いやいやもうほんと秋真っ盛りの10月、なんていうかこう、21日の両国まこりん&くろりんとか30日の倉敷まこりんソロとかDiVaの31日赤磐とかyamasinさんの個展とかスタッフMiがいよいよ一眼レフ買う決断をするとかなんかそんないろいろのあれがどうなったりこうなったりする10月、パリャーソはどうしてるかそこんとこが気になって気になってどうにもしょうがないというパリャーソファンのみなさま。

お待たせしました、パリャーソ秋の大感謝祭ツアー!
これがなんと大阪は非常にワイルドな天六のワイルドなワイルドバンチからがーっと行って京都秋の京都といったら全国から修学旅行のみなさまが押し寄せ続ける伝統の京都の木津川、そして勢い余ってどわ〜〜っと小布施、これもうこの時期栗まみれの小布施、んで更にどーーーーっと長野、長野ここマジでお勧めなんつっても女子中学校・高等学校なもんでスタッフMi本気で行きたい長野と計4箇所に素敵な秋の愛の青い空!って感じでですね、えー、大丈夫ですよみなさま。
別に読むときは息ついてもいいんですよ。

ま、そんなわけで、えー、この時期だからこそパリャーソの楽しくも哀愁に満ちた音楽で思いっきり深まりゆく日本の秋を全身で感じていただきたい、そんなふうに思っています。

秋ってなんかちょっと夏の暑さに疲れつつもその暑さが微妙に懐かしかったりして、なんとなく寂しさも感じる季節ですよね。
そんな季節に聴くパリャーソはいつもよりちょっと深く心に響く気がして素敵なんです。

夏の疲れを癒す心の栄養剤、パリャーソのツアー是非お出かけください。
もうほんと、きっと、ああ、いい秋だなーって、会場のみなさまで一緒に感じていただけると思います。
ご予約既に受付開始していますのでお早めにお申し込みくださいね。

日程は以下の通りです。

各地のみなさま、どうぞお楽しみに!
詳細は秋のパリャーソツアーのスケジュールページでご確認いただけます。



■久々のパリャーソ、夏のツアーもうすぐです!

みなさま、パリャーソのツアーっていうかライブそのものがなんと4月の25日から約4ヶ月ぶりのパリャーソ、待ちに待ったパリャーソのツアーがもうすぐ始まります。
またしても関西方面だけど、この際全国のみなさまどんどんがんがん現地に集結していただいてですね、暑い真夏をさらに熱くしちゃっていただきたいと思います。
もうね、全国どこからでも来るもの拒まず、来るなら来い、そういう感じでゆるやか〜にさわやか〜に名古屋、大阪、大阪、3箇所をパリャーソと一緒に駆け抜けましょう!

んで、そのツアーの概要はというと

という、非常になんかおしゃれで高級感漂う感じの3日間で、最終日の25日はこれホテルで食事をしながらパリャーソが聴けるってことはディナーショーといっていいんじゃないかと思いますがどうなんでしょうか。
なんかいいですよね、ディナーショー、なんか憧れます。

ってなことでみなさま久々のパリャーソをお楽しみに!
ぜひお早めにご予約くださいね〜!!



■遡って4/10の清春芸術村30周年桜の会前夜祭の写真を

お客様で山梨テレビの渡辺さんからご提供いただきました。ありがとうございます。
以下賢作さんからのコメントです。
寒かったんですよ〜〜 でも 桜がきれいだったのです〜〜 野外ステージも心が開放的になって、とても気持ちいいのです。 しかし日本人は桜 桜だああああ 来年は暖かいおだやかな春を期待しましょね〜〜 みなさん(k)

ではどうぞご覧ください〜!


撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん
撮影:山梨テレビの渡辺さん



■4/25 「いのちにやさしいコンサート」なんの前触れもなく写真レポ到着

賢作さん、なんと今度は小松に行ってます。
昨日から行ってます。
小松といえば俊太郎さんと覚和歌子さんが作詞&あの恐るべき横濱Jazz寄席2010(ライブレポ「鉄道員」参照)ではキャバレッツのメンバーとして登場した鶴来正基さん作曲、賢作さんはピアノで参加した「愛かもしれない」の録音の時にスタッフMiにものすごい親切にしてくださったALSと仲間達のみなさんがいるあの小松ですね。
スタッフMi忘れることができない思い出の土地です。 この「愛かもしれない」、これ覚さんが歌ってます。で、俊太郎さんはなんとプロデューサーでもあります。

で、そのみなさんがいる小松でパリャーソとLagniappeが共演する「いのちにやさしいコンサート」をやってるというわけで、スタッフMiもどんな様子かな~なんて思ってたところにさっき突然写真レポが。

ってなわけでとにかく「賢作~その旅の記録」をご覧くださいね~!



■4/14 「セレッソ日和」写真レポ届きました~

ご来場くださったみなさま、主催のみなさま&スタッフそして関係各方面のみなさま本当にありがとうございました。
ところで賢作サイトご覧いただいてるみなさまどうですか、なんか賢作さんこのところいつもより写真レポート充実してるとか思いませんか。
思いますよね。

普段なるべく旅の荷物は減らしたいと言ってる賢作さんですが、こうなるとそのうちカメラ買うんじゃないかという気がします。
だいたいこう、撮ってると、ああ、ここがこう撮れたらな~なんて思うことが多くなってくるんですよね~。
そうなると買います。
そうそう、写真といえば、デザイン部yamasinさんは一眼レフ買ったことだし、なんかもうTAM office写真クラブができそうな勢いです。

そんなある日の出来事、いやある日っていうか確実に4月13日ですが、「セレッソ日和」の写真レポ、「賢作~その旅の記録」でどうぞご覧ください~!


パリャーソロゴ
パリャーソ

パリャーソ [ 続木力+谷川賢作 ]

もじゃもじゃ頭が揺れ、細い目が線になり、うなり声が上がると、力強いリズムとタッチが空間を揺さぶる。これに呼応し、続木のハーモニカが震える。さらに谷川がアグレッシブに反応し、温かく粋なかけ合いが続く。ときには郷愁を漂わせたり、雄大なスケールを感じさせたり・・・、ふたりの持ち味が小気味よく交差する。(絹川賢治)

パリャーソとは、ポルトガル語でピエロ、道化師の意味。ジャズにしっかりと軸足をおきつつも、ポップスから童謡・ラテンまでジャンルにとらわれず、古今東西の名曲を演奏する二人組。2001年12月の結成以来、全国各地でのライブ、コンサートはすでに400本近い。ヨーロッパ各地で研鑽を積んだ続木と作・編曲家としても多彩な活動を繰り広げる谷川との粋なかけあいは多くのファンを魅了している。
アルバムは、02年4月「パリャーソ」04年3月「ヌアージュ」05年6月「グリオ」など。最新作は、09年3月「セレッソ」(JMCK-3009)

続木力 Tsuzuki Chikara
-ハーモニカ-
1958年京都生まれ。 自由学園高等科在学中に、日本のブルースハーモニカの草分け、妹尾隆一郎の演奏に接し、ハーモニカを独学する。
77年、家業の製パン技術を学ぶべく渡仏するが、80年頃からパリを中心にヨーロッパを旅して路上演奏するようになり、ジャンルを問わず数多くの多国籍ストリートバンドに参加する。
89年より、フランスのシンガー・ソングライター、ジャック・イジュランのレコーディング、コンサートツアーなどでサポート。
92年に帰国し、ジャンルを越えてセッション活動をしている。
97年にリーダーアルバム「ディライト」を、ホリプロ・ポニーキャニオンよりリリースした他に、小林桂、鈴木重子、西村由紀江、六角幸生、その他数多くのレコーディングに参加。
現在は、谷川賢作(p)とのデュオユニット「パリャーソ」、宮野弘紀(g)吉川よしひろ(cello)とのトリオ「S.K.B」、実兄の続木徹(p)との「続木ブラザーズ」、小泉清人(g)とのデュオなど、幅広く演奏活動を行っている。

谷川賢作 Tanikawa Kensaku
プロフィールは谷川賢作プロフィールをご覧ください




Cerezo
パリャーソ結成10周年記念アルバム
Night Harvest


わたしたちはひとりひとりだけど、ひとりきりじゃない。

2011年10月23日発売
JMCK1043 ¥2,000 (税込)

パリャーソ:
続木力(Harmonica,Recorder)
谷川賢作(Piano,Pianica,Andes)

ゲスト:
岡野裕和(Contrabass Tr.1,2,7)
大坪寛彦(Bass Recorder&Uklele Tr.6)
佐野岳彦(Harmonica Tr.6)
見田諭(Guitar Tr.6)

    収録曲
  1. A Song After Dark
  2. 鉄腕アトム
  3. The Man Who Smokes On The Street
  4. We Know We Forget Almost Everything But Still We Remember Something
  5. 腕の家
  6. The Beatles Medley
  7. ツヒノスミカ
パリャーソライブTAM office 通販でご購入ください。

CD通販サイト 福のたね での取り扱いも始まりました。
是非ご利用ください。

風のように生きられる

 「パリャーソ」(ポルトガル語で道化師の意)という、ハーモニカ奏者の続木力と私のデュオユニットは十年目を迎えました。最初に出会ったその日に私はこの男のミュージシャンとしての生き方にほれてしまいました。

 彼は京都のさる老舗の製パン会社の家に生まれ、高校卒業後、家業の製パン技術を学ぶためにいったんフランスに留学。しかし小さい頃から好きで、ずっと夢中で練習していたハーモニカが忘れられず、バンの学校に行く傍ら、バリの路上演奏の世界(結構投げ銭の収入がある)に飛び込んでいくのでした。

 われわれジャズ系の演奏家のいいところは「セッション」といって、いつでもどこでもお互いに知っている曲を譜面なしに自由に演爽できるところ。そして音楽に言葉はいらない。世界中のどこの国の人とも、音で自由に語り合えるのです。楽器のできない人から大いにうらやましがられるゆえんです。

 めきめきと頭角を現した彼は、路上演奏の大物たちからかわいがられ、ヨーロッパ各地に演奏旅行に出て行ったのでした。パンはどうなった?父の焦りを尻目に…。

 しかし、彼は最初の演奏地ミラノで、スリに遭ってしまいます。無一文になった彼は、盗(と)られなかった楽器とともに胸をはって路上に出て行きました。瞬く間に集まるコイン。しかしその地区は演奏禁止の場所だったのです。

 調子に乗って吹いていた彼は警察に捕まってしまいました。取り調べ中、署長が来て「なにか一曲吹いてみろ」と言う。開き直って得意な曲を演奏すると、署長は一言「君は悪い人ではないね。パスポートを盗られて困っていることは分かった。お金は必要だろうから返すけど。あそこで二度と演奏してはいけないよ」なんと粋な署長。そして「芸は身を助ける」とはまさしくこのこと。

 今の世の中、若いミュージシャンがプロとしてやっていくのは大変だと思います。でも、好きなことを見つけたらそれにまい進してください。風のように生きられるのがミュージシャンのいいところ。音楽で人々を幸せにできるのはうれしくて楽しい。きっと、ミラノの署長もそのことが分かっていたんだろうな。

谷川賢作の音楽的時考(共同通信社配信)より
 パリャーソ 7th album & おーらいレコード 100th album『セレッソ』

Cerezo

「Cerezo」パリャーソ with フレンズ
好きなことやって生きるって、なんて素晴らしい。
JMCK3009 ¥2,500 (税込)



パリャーソ [ 谷川賢作 & 続木力 ]
with
Friends are …
荒玉哲郎 大坪寛彦 岡野裕和 岡本博文
川瀬眞司 小室等 こむろゆい サキタハヂメ
島田和夫 上海太郎 谷川俊太郎
津田兼六 深川和美 船戸博史 前重英美
山田晴三 山村誠一
ちんどん通信社 [ 林幸治郎 小林信之介 ジャージ川口 ウッチー内野 仮屋崎郁子 ]
mitatake [ 佐野岳彦 見田諭 ]
    収録曲
  1. マイ・ワイルド・アイリッシユ・ローズ
  2. Take me to a record shop
  3. ちからのいっぱい
  4. 汽車と川
  5. 待ちぼうけ
  6. キートンの船長さん
  7. リトル・ナッツ・アイランド
  8. 北風と太陽
  9. 月の砂
  10. 冬の夜
  11. ジャパ二-ズ・ルンバ
  12. 桜(朗読)
  13. セレッソ

CD[「セレッソ」によせて
1999年の春、おーらいレコードは1枚のCDをつくりました。それから10年・・・。
まさか、100枚目のCDをリリースすることになるとは。
春になれば、咲く花は同じでも、それを眺めている私たちはどこか少しずつ違っていたりしている。限りある命だからこそ、自由に生きるとしても悲しくて切ない気分が息をひそめているし、 何気ない日々の暮らしの中にだって、優しい幸福な時間は何度もやってくる。
ああ、また、新しい風が吹いてくる。
この『セレッソ』は、おーらいレコードのまさに、<今を生きる>そのものです。
おーらいレコード・清水紹音

セレッソ録音風景
録音に同行したおーらいレコード社長のじょうおんさんから録音風景が届きました。
この日どんな音楽が生まれたのか、それはセレッソを聴いてのお楽しみです!
Highslide JS
賢作さん
まずはパリャーソから賢作さん
どの曲を弾いているところでしょうか
Previous   Next
Highslide JS
力さん
こちら力さん
真剣な眼差しです
Previous   Next
Highslide JS
小室家のお二人
手前がゆいちゃん、奥が等さん
「ここはこんな風にやろうか」なんて打ち合わせつつ
さて指示を出しているのはどっちでしょう
Previous   Next
Highslide JS
師弟対決!?か!?
手前がmitatakeのtake担当の佐野岳彦、奥が力さん
「ここどんな風にやるんだっけ?」なんて確認しつつ…
違いますよー、たぶんプレイバック中ですね
Previous   Next
Highslide JS
mitatakeのお二人
手前がmitatakeのmita担当の見田諭、奥が佐野岳彦
これは貴重なショットです!!
おーらい社長のじょうおんさん撮影の写真には珍しく、ピントがばっちり合ってます!!
紙コップの袋にではありますが
Previous   Next
Highslide JS
みんなで
これは全員でのコーラス録りですね
プレイバック中です
Previous   Next
Highslide JS
録音が終わって
どこにもないものがこうやってここにできあがったということが素直に嬉しい瞬間です
それはライブでも同じです
パリャーソの旅はこうして続いていきます
Previous   Next


おまけ - パリャーソの旅
全国津々浦々いろんなところでいろんな人と出会いながら

Highslide JS
なんて素敵な
こういう雰囲気いいですね
障子や窓の外の木や畳が、ピアノのそばでお客さんと一緒に音楽を聴いています
Previous   Next
Highslide JS
何億円でも
ここはなんと1億円の家のモデルルーム、というかモデルハウスというんでしょうか、そういうところだそうです
1億円というのは1日1円貯金して1億日かかって貯まるのが1億円、1億人の人から1円づつ貰い続けてやっと貯まるのが1億円、そういう途方もない金額です。
それはともかく、こういう場所でライブができるのも身軽なパリャーソならではです
※この家にパリャーソはついてきません
Previous   Next
Highslide JS
どこでもないどこかへ
パリャーソの音楽はいつどんなところで聴いても、聴く人の心をいろんなところへ旅させてくれます
これはどこか講堂のようなところでしょうか
ステージが始まるとこの場所が海になったり山になったり路地裏になったりします
Previous   Next

各レコード店やインターネット通販、また、各ライブ会場で扱っています。
「通販可能な作品」のカテゴリはTAM officeでの通販が可能な作品一覧です。
画像をクリックすると通販の方法が表示されます。

作品データベース ※発表年順一覧で全作品から検索 (正規表現対応)

{category}  {manuyear}年作品
{itemtitle}
{itemtitle}
{ownership}
郵便振替口座に
CD代金+送料手数料(1枚200円・2枚270円・3枚以上390円)をご送金下さい。
ご入金を確認次第、お送りいたします。
郵便振替 00150-2-545892
加入者名 TAM OFFICE
通信欄にCDタイトルと枚数を明記のうえお申し込みください。
郵便振替口座に
CD代金+送料手数料(1枚200円・2枚270円・3枚以上390円)をご送金下さい。
ご入金を確認次第、お送りいたします。
郵便振替 00150-2-545892
加入者名 TAM OFFICE
通信欄にCDタイトルと枚数を明記のうえお申し込みください。
{mediainfo}
{serialnum}
{price}
{manuyear}年作品
{iteminfo}
{comment}
{notes}


copyright (c)2000 - 2010 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com