7/20

100719_1.jpgカワイの新しい連載のための打ち合わせ、10時より阿佐ヶ谷駅界隈にて。午前中に設定したけど、本日も朝から暑いのだろなあ 汗 昨日は「音と言葉がうまれるとき」初顔合わせのシャルルさんとは、音楽では丁々発止できたと思う。トークはどうだったんだろう?「おもしろかったよ」と声かけてくれた人もいたけど、早川先生のおっしゃる「音と言葉の越境性」ということについては、うまく語れたのかな??40分があっという間だったので、密度は濃かったと思うけど、やはり話しはあっちゃこっちゃに、うろうろしてしまった、、、1部のセッションが終わって休憩にはいったところで、シャルルさんの奥さんがかけよってくれて「すごくよかった!ピアノとのコラボってうまくいかないことのほうが多いけど、今日はお互いの良さがでてて、聞きあっていてとてもよかった」と力説してくれて、うれしかった。シャルル家、夜の便で一家でパリに里帰りとのことで、お話した時間が短くて残念。父上のダニエル・シャルルさんとジョン・ケージの対話集「小鳥たちのために」(青土社刊)はいまだにとっても大切な一冊。次に会った時もっといろいろ質問してみたい。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

最新のコンテンツはインデックスページで見られます。

copyright (c)2000 - 2009 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com