DiVa

  • News
  • うたがうまれる
  • うたをうたうとき
  • DiVaって?
  • なんか自由
  • そのほかのDiVa
  • もっとDiVa
DiVa news  
最新ニュース | 過去のニュース



12/15(木)は都内での年内最後のDiVaライブです

はいはい〜っ!
もうね、なんですか、パリャーソの2人は関西で紹音さんと豪遊してるみたいなのでほっといてDiVaですDiVa。

今年都内のライブがちょい少なめだったのでなんとな〜く働く気力がなくなってたみなさま、大変お待たせしました、DiVaの都内での今年最後のライブお知らせしますので今すぐ即刻問答無用でご予約ください。

12/15(木)西麻布 Songs after dark

会場は賢作さんとも大変縁の深い喜劇映画研究会の上映会でも使われている西麻布の「新世界」です。
ゲストは今年7/26の紺野美沙子の朗読座でも共演した人形遣いのJack Lee Randallさんということで、どんなことがどんな風になるのかそれは見てのお楽しみです。

実を言うとスタッフMi、年の最後のDiVaのライブを聴いて心安らかに今年のいろいろを思い出しながら年明けを迎えるのが楽しみになってたんですが、今年の年内最後のDiVaライブは「12/23(金・祝)広島 第八回 川の町でミーティング」っつーことに決定してるのでぜひスタッフMiのぶんも広島のみなさまに楽しんでいただければと思います。

ともかく、都内での年内最後のDiVaライブ、DiVaファンのみなさま、12/15(木)はDiVaのSongs after darkで一緒に楽しんでくださいね!
ご予約お待ちしております!!

関連URL : スケジュール「12/23(金・祝)広島 第八回 川の町でミーティング


まこりん最新情報2011-2012年末年始号

Highslide JS
可愛過ぎるまこりん
このキュートさ。
まこりんは誰がどう見ても可愛いと思うんですけど。
今年もまこりん最新情報DMがスタッフMiのメールボックスに春の予感を運んできてくれましたので残念ながら送ってもらえなかったみなさまに見せびらかします!!

ていうかまだ自然界では秋の終わり?いやこないだ焼き芋屋が通ったから冬の始まり?でもその後一度も来てないからやっぱ秋?ってな感じで寒さに向かって突っ走ってるのでだれか自然を不自然に止めて欲しいとこなので春の予感には遠過ぎるわけですがそんなことどうでもいいからとにかく見せびらかしたいわけです。

DMによると、なんかまこりん歌だけじゃなくていろんなことやってるんですね。
南相馬にも行ったり来たりしたりとかしてるらしいです。
ちなみに前回のまこりんDMはたしか「まこりん最新情報10/12/17号」って書いたので年刊なんだと思います。

各スケジュールの詳細についてはまこりんオフィシャルサイト「makoring.com」でご確認くださいね。

今度の日曜日は、私の扉を沢山開いて下さった黒田京子さんとのデュオです。
今回はどうなるか、、普通のセッションとは違う、聴き応え見応えたっぷりな歌い手の枠をはみ出すライブになります。是非、いらして下さい!

12月はトラパラが種ともこさんのコンサートに参加したり、DiVa久々の都内ライブ、紺野美沙子さんとの朗読座など、相変わらず濃い内容を持って進み、1/6、4度目の"まこたつ"まで走ります。

御予約は、行けるかも?!の時点で本メールに御返信を!お待ちしております!
まこりん

・11/27(日)黒田京子&まこりん duo
まこりんの中に住む、様々な"誰か"も、登場?!
カバレット、、、寄席のような何でも有りきのバラエティライブ。

・12/4(日)トラパラ in 種ともこ:デビュー25周年記念ライブ
アルバムを発売したばかりの 種ともこさん25周年記念ライブに、トラパラが参加!

・12/15(木)DiVa「Songs after dark」
歌になるために生まれたのではない現代詩を、魔法を使ってあざやかに曲をつけ歌うグループ、ディーバが、朗読と歌と人形と影絵で送るシニカルで醒めているのに、なぜか心温まる一夜。
最近、夜がこわい、夜出歩くのが億劫だというあなたに、もう一度夜の魅力をお届けしましょう!やっぱりおとなは夜に遊ばなきゃ。
通常よりリーズナブルな1回ですので、お聞き逃し、お見逃しなく!

・12/17(土)まこりん in 紺野美沙子の朗読座
去年のクリスマスの初演。そして今年夏のDiVaバージョン。年をおさめるのは、初心に帰るように、再びソロで参加します。
この企画への参加は、本当に私を変えるものでした。今年は、子供向けの可愛い物語もあります!

・12/23(金,祝)谷川俊太郎+DiVa@広島, オリエンタルホテル広島4Fボールルーム
・1/6(金)まこたつ@高田馬場 四谷天窓
・1/7(土)谷川俊太郎+DiVa@桜木町 神奈川県立音楽堂
・1/11(水)トランスパランス@吉祥寺 MANDA-LA2

以上です。

そんなまこりんですが、スタッフMiがもう何年もまこりん可愛いと言ったり書いたり撮ったりしてるにも関わらず未だに自分が可愛いと納得してくれないんですけど、どうしたらいいのか、教えておじいさん教えてアルムのモミの木よ。
やっぱ本番中の写真が少ないからかなー。
けど、シャッター音しないほうのカメラだとどうしてもね、望遠レンズ持ってないから大きい会場だと本番中撮れないんですよ。

ってなわけでですね、来年こそは本番中でもまこりんをおもいっきり無音で望遠で撮るために、GXR mount A12+アダプターを買えるよう頑張ります。
みなさまスタッフMiのベッドの下から石油が出てくるよう願って応援してくださいね。


10/9(日)はDiVaと一緒!

Highslide JS
子どもでも大人でも
まこりんの可愛さは100%人類にとって共通の可愛さ。
まこりんの声も、まこりんの歌も、まこりんの動きのひとつひとつも、全てを含めて生きてること自体が愛おしい。
この可愛さは人間界のレッサーパンダと言っていいと思います。
うおおおおみなさま!!
スタッフMi困ってます!!

いえ、家賃はもう払ったんでだいじょぶなんですけど、何で困ってるのかというとその前に10月9日は自由学園の体操会の予備日なわけですが、自由学園といえばパリャーソの続木さんの母校であり、あれやこれやとにかくTAM officeも非常に縁が深い学校としてスタッフMiの心のアルバムに挟み込まれてるということでみなさまの無意識の中で有名です。

で、それとはまったく関係なく、10/9(日)のDiVaのコンサート「10/9(日)千歳烏山 DiVaとこどもたち 童謡をうたう」、これ、ぜひ来ていただきたいんです。

なんで絶対に来て欲しいのかはものすごーーーーーーく長くなるので聞きたい方は言ってもらえればスタッフMiがみなさまのお宅に戸別訪問してお話しますけど、とにかく、スタッフMiみなさまに会いたいな〜、なんかわかんないけどものすごくみなさまに会いたい。
なぜならば秋だから。

みなさまに会いたい。
ただそれだけです。
ほんとにそれだけ。
ほかになにもいらない。

いや、そこまで聞かれたらそりゃあ現金とかお菓子とかくれるというなら欲しいけどとりあえずいいです。

Highslide JS
たぶん
こんな感じになるのかな?
これはどこでしょう、学校公演のDiVaですね。

写真:賢作さん提供
この日ほんとにみなさまにお会いしたいです。
もうあのー、この際だから中野区国民健康保険国保徴収担当のみなさまも是非お越しください。
あととりあえずmitatakeは自腹で来るように。

それでですね、この日のDiVaはちょっっと普段と違います。
といっても大坪さんに髪の毛が生えてるとかそういうの違う、それ違います。
なんとDiVaが小学校5年生〜高校1年生までの11人の合唱団?合唱隊?といっしょに歌うというなんとも心和む企画です!!
どうっすかこれ、なんかこれ知った瞬間みなさまものすごーーーく来たくなったんじゃないかなと思います。

もちろんDiVaだけの曲もあってそこではDiVaの魅力満載。
合唱のみなさまと歌う曲はDiVaと合唱のなんつーか、愛の味噌煮込みうどん!みたいな感じで非常に身も心もあったまってしまうわけです。

秋だからといって無目的に横浜あたりでふらふらしたりしてると確実に風邪ひいたりね、そういうのありますからね、烏山区民会館でDiVaと一緒にあったか〜くしてるのが一番ですよね〜!!
あっ、そうですそうです、小さいお子様連れのみなさまはお子様第一、ね、お子様こそ命だったりしなかったりするからみんなでDiVaと遊びましょうね〜!!
お子様からものすごい大人の方までみんなで楽しめる「10/9(日)千歳烏山 DiVaとこどもたち 童謡をうたう」、会場でお待ちしています!
いますぐ即刻
世田谷パブリックシアターチケットセンター
でご予約完了しますのでどんどんご予約くださいね。


JFNの特番にDiVaが

賢作さんからDiVaがJFN系列の特番に出演したという情報が入りました〜。
what's new「JFN系列特番にDiVaで出演しました」で賢作さんの報告をご覧くださいね!


そして町田後の7月のDiVaは

Highslide JS
DiVa大好き
どうっすかこのまこりんの可愛さ。
いつどこでどう撮っても可愛いってことはいつどこでどう撮られても可愛いくらい可愛いってことですね。
理論的に完全にそういうことになると思います。
そんなまこりんに会えるというのもDiVaの良さの一部です。
で、町田のあとDiVaは7/9(土)〜7/10(日)の四日市メリーゴーランドでの文化祭、すんごく楽しそうで実際スタッフMiも行きたいんですがどんなことになるのかそれは参加したみなさまだけのお楽しみ!!っつーことで、ぜひ参加して盛大に楽しんでいただくとして、そのあとは21(木)、22(金)、26(火)の「紺野美沙子の朗読座」、これ2010年にまこりんが単独で参加してた詩と音楽と影絵のコラボですが、今年はDiVaの3人がまるごと参加でこれも非常に楽しみなステージです。

詳細は下記スケジュールページでご確認くださいね〜!

関連URL : スケジュール「四日市メリーゴーランド35周年大文化祭
関連URL : スケジュール「紺野美沙子の朗読座


そういえばみなさま7/8(金)、町田に大集合していただきたいわけです

なんでかっていうと、なぜかこの日はなんとなくカレーが食べたくなることになってるからで、しかもカレーを食べながらなんともラッキーなことにまこりんにも会える!!っつーわけでですね、となるとこれはもう絶対に町田に行かないわけにはいかないわけです。

あっ、ていうかこれ賢作さんも大坪さんも来るんですか?
スタッフMiせっかくカレーを食べながらまこりんとあんなことやこんなことなんかをじっくりお話しようと思ってたのに…。
ってなことでつまりそれはDiVaのライブですが、ともかくDiVaのライブも聴けてしまう7/8(金)のカレーのモコモコでのDiVaライブ、これ絶対来ていただきたいと思います。

町田ってなんかどこにあるのかいまいちよくわからないですがとにかくおっきいユザワヤもあるのでDiVa聴いたことないという手芸好きなみなさまにとって絶好の場所、絶好の機会です〜っ!

スタッフMiもユザワヤに寄りつつモコモコに突入しますので隣の席になっても嫌がらないでください。
よろしく願いします。

ていうかね、スタッフMiまこりんから直接来てねって言われてるからどんなことがあっても 絶対行きます。
決定。

んーではみなさま現場でお会いしましょうね〜!!

うおおおっっっと、みなさま念のためいますぐご予約くださいね。
でないとカレーが品切れになるかもしれません。
詳細はスケジュール「7/8(金) 町田 DiVa at モコモコ」でご確認ください。

関連URL : スケジュール「7/8(金) 町田 DiVa at モコモコ
関連URL : ライブレポ「町田で歴史に触れたDiVaの夜


DiVa+俊太郎さんの「詩と音楽を届けよう!」のコンサート報告をいただきました

4/16に福岡で行われたDiVa+俊太郎さんの「東日本大震災被災者支援チャリティーコンサート 詩と音楽を届けよう!」のコンサート報告を主宰の宅老所よりあいの下村様よりいただきましたので掲載させていただきます。

コンサート報告(pdf/約2.8M)

関連URL : スケジュール「4/16(土) 福岡 詩と音楽を届けよう!


4/9(土)はDiVa+俊太郎さんの公開生放送ってなわけで

Highslide JS
春なので
春、桜もDiVaも俊太郎さんもほんわかと浮かれてしまう春。
なんかこうあれですね、まだちょっと寒いくらいの新鮮な春だからこそついついお出かけしたくなりますね。
んで、お出かけしてDiVa+俊太郎さんと遊ぶなんて、とっても楽しい気がするんです。
写真は2011/03/08善福寺川緑地の河津桜
はいはい〜っっ!!
みなさま、長らくお待たせしてますが安心してください、春、もうすぐです。
桜とか草とかのら猫とかみんな一生懸命いままさに春を準備してますよ〜!!

ってことで4月のDiVaのお知らせです。

4月は東京では久しぶり?な感じのDiVa+俊太郎さんでの公演、これあります。
それがなんと公開生放送!!!
文化放送の「ドコモ 団塊倶楽部」っていう番組のスペシャルプログラムとしてどーーーんとO.A.です。
もちろん、公開生放送だから現場でもラジオでも聴けるという嬉し過ぎる春の嵐!

どうやったら現場で聴けるのかっつーとですね、以下よーく読んでみてください。

いいですか〜、行きますよ〜?

4月9日 公開生放送 観覧者募集のお知らせ
公開生放送 開催決定!!
ドコモ 団塊倶楽部」は番組スタートから7年目に突入!
そこで 日ごろ、番組をお聴きいただいているリスナーの皆様への感謝の気持ちを込めて、4月9日 土曜日に 公開生放送を開催します。
    ゲスト:
  • 詩人 谷川俊太郎さん
  • ピアニスト 谷川賢作さん
  • 現代詩をうたうバンド DiVa
谷川俊太郎さんの朗読に、音楽を乗せたコンサートで・・・
久しぶりに童心に返って、お楽しみください。
もちろん、小さなお子様連れの方も歓迎です。
お子さん、お孫さんとご一緒でのご参加もお待ちします。
  • 日時:4月9日(土) 11:00〜13:00
  • 会場:文化放送メディアプラスホール
  • 会場:(文化放送メディアプラスビル 12階)
  • 交通:JR「浜松町駅」北口
  • 交通:都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門駅」 B1出口 すぐ
  • 50組100名様をご招待します (応募多数の場合は抽選)
観覧ご希望の方は、
  • ・お名前、住所、電話番号
  • ・お二人で参加をご希望の方は同行される方のお名前
を明記してメールまたはハガキでお申し込みください。
お一人でもご参加いただけます。
会場までの交通費はご負担ください。

■あて先
メール:dankai@joqr.net
ハガキ:〒105-8002文化放送「団塊倶楽部」公開放送の係

もちろん生放送ってことで同じ時間にラジオ(文化放送 AM 1134kHz/更に関東1都6県にお住まいの方はradiko)でもお聴きいただけます。 いやいやしかしこれ番組録音セットしておいて会場にも行ってんでまた帰ってきて会場の雰囲気を思い出しながらまた聴いたりすると自分があっちにもこっちにもいるみたいで、なんだかものすごい楽しいことになりそう!

あっ、あれですね、3/20の清瀬も聴いて、CDも買ったりして予習復習しておくとうおおおおこの曲知ってる知ってる〜!!っと盛り上がること間違いなしですね!
いや〜スタッフMi春だから頭冴えまくり…。
とか思ってたら3/20は公演中止になってしまいましたが、CDは買えますよiTunesでいますぐ買えますよ、iTunes Storeで「DiVa」のCD買えます。
ってなわけで、いいんですよみなさまも真似していいんですよ、4/9はみなさま是非スタッフMiと一緒に楽しんでくださいね〜っ!

関連URL : 番組HP「ドコモ 団塊倶楽部
関連URL : 上記HP内応募要項ページ「4月9日(土) 公開生放送 観覧希望者募集!!


3/20(日)の「DiVa in 清瀬けやきホール」メールでチケット申込み受付開始!

Highslide JS
DiVaというドラマ
今年はさらに新たな展開がありそうなDiVa。
現代詩を歌う、だけじゃない、もう、DiVaはDiVaというドラマです。
DiVaが歌うのは詩の中の世界の出来事ではなくて、いま生きている「人」の物語です。
写真は2010/06/11 「DiVa at モコモコ」でのショット
※ 11/03/16記 本公演は公演中止となりました。

いやいやみなさまほんとマジでTAM officeめぐみさんってば可愛くてお茶目なだけじゃなく最高に仕事もできるっていう素敵な人なんです。

こないだ牡蛎もらったから言ってるんじゃないですよ、ほんとにそうなんです。

可愛くて仕事もできてって、なんていうんですかそういうの、ありますねそういう、まこりんもそうだけど、天はまとめてニ物を与えて他の人への配分を考えないみたいな、なんていうんでしたっけ。
立てば芍薬歩けば牡丹じゃなくてなんか四文字熟語みたいなね?
あーなんて言ったかな〜。

夏冬兼用?うっわ近い!それ近い!誰ですか今言ったの?
近いですね、非常に近い。
ていうかほぼそれ。
男女兼用とか水陸両用とか遠近両用みたいな、あー、とにかくそれですそれめぐみさん。

なんのことかというとですね、あのーー、すぐ下でお伝えしてる、3/20(日)の清瀬の「3/20(日) 清瀬 DiVaコンサート in けやきホール」、これのチケットのことなんです。

おーし行く行く!もう絶対行くわこれ、こんだけ絶対来てねって言われたら行きますよそりゃ。
と、財布から1万円札を適当に5〜6枚抜いてとりあえずサンダル履いて玄関出たあたりでふと、「で?どこで買えるの?」

で、やや冷静になってよーく「3/20(日) 清瀬 DiVaコンサート in けやきホール」を見てですね、1万円札しまって炬燵で寝てしまう方続出と。

清瀬まで行ってホールの窓口で買わないと買えないとなるとそれはやっぱあの、北海道とか沖縄の方これはちょっとね、買えませんなかなか。

ってなわけでこの状況はちょっっとファンのみなさまに負担が大きい。
なんとしても全国のDiVaファンのみなさまに是非、是非ともお気軽にチケットご購入いただきたいということで、なんと、めぐみさんがメールでのチケット申し込みを受け付けてくれることになりました!!

もうほんとスタッフMiそのめぐみさんの気持ちね、みなさまに喜んでいただきたいという気持ち、それが嬉しいです。
北海道の方も沖縄の方もとにかく日本全国のみなさまにめいっぱいどんどんご購入いただきたいと思います。

申し込み方法は至って簡単。

メールの件名を「DiVaチケット購入申し込み」として
・お名前
・電話番号
・チケットの種別(学生or一般)と枚数
を明記の上 yumearu@xc4.so-net.ne.jp 宛てにお申し込みください。
お申し込みメール受付後郵便振替にて料金をお支払いいただきます。
郵便振替の手順は、返信メールでご案内します。


お申し込みいただいたチケットは当日精算で「タムオフィス受付」にご用意してお待ちしています。
振り込みの手間もかからないのでお気軽にお申し込みくださいね!


3日以内にこちらからご連絡しますので、返信が無い場合は再度ご連絡ください。

ってなわけで、もう受付開始しておりますので、みなさま、遠慮無く張り切ってどんどんお申し込みくださいね〜!!

もちろん、「2/23(水) 渋谷 賢作 at クラシックス vol.28」では賢作さん自らがDiVaチケット販売もするので、賢作さんから直に買いたい、どうしても賢作さんが触ったチケットじゃなきゃダメという賢作ファンのみなさまは、今すぐ公園通りクラシックスに賢作ソロのご予約をお願いします。

スケジュールの詳細は「3/20(日) 清瀬 DiVaコンサート in けやきホール」でご確認ください。
DiVa&TAM office一同3/20(日)は清瀬でみなさまにお会いできるのを楽しみにお待ちしてます〜。


3/20(日)の「DiVa in 清瀬けやきホール」チケット発売中です

はい〜っ!!みなさまいよいよDiVaも始動ってなわけで、2011年一発目のDiVaは3/20(日)、16:00開演、清瀬のけやきホールでのコンサートから出発です〜!

んで、そのチケットがなんと既に発売中、ってことは当然これ早く予約しないと無くなっちゃうもんだからスタッフMi今日歯医者行くはずだったけどとるものもとりあえず歯医者はあっさり来週にまわして一刻も早くみなさまにお伝えしたい、是非お伝えしたい、なんとしても絶対にお伝えしたい。

できればみなさまのご自宅にお邪魔して一件一件それぞれのご家庭の夕飯なんかもご馳走になりつつ一件一週間くらいずつ個別にお伝えしたいと思ってるけど、ともかくですね、そのチケットというのがけやきホールの窓口でものすごい勢いで販売されてます。

3月というとちらほら野の花や桜なんかもちょっっと咲いたりして、清瀬のお散歩を楽しみつつ会場に来ていただいてDiVaと一緒の春を楽しむなんて、ああもうほんと素敵でいいですねそういうの!

大体あのー、無目的にうろつくというのはこれで結構いろいろと怪しまれたりなんかして難しいものなんですが、DiVaのコンサートに行く、というその一点だけでずいぶん心の余裕が違います。
職質されても大丈夫。
これです。
この安心感。

なので、みなさま清瀬駅からけやきホールまでめいっぱいうろついてお楽しみくださいね。
駅から徒歩4分だそうですけど、いろいろ探検してみて欲しいと思います。

ていうか、ついでにDiVaファンで清瀬駅前を埋め尽くすとか、なんかそういうのやりたいですね。 オリエンテーリングとか。
キャンプファイアーとか。

スケジュールの詳細は「3/20(日) 清瀬 DiVaコンサート in けやきホール」でご確認くださいね〜!


まこりん最新情報10/12/17号

City Lights CafeのDiVa
いやいやほんとなんていうか今年スタッフMiやたらDiVa聴きに行ってるわけですが、なぜ行ってるのかというとシンプルにDiVaいい、本当に最高だからです。
そのDiVaのDiVa、まこりんがもうまずね、まこりんが最高に素晴らしい状態です。
納豆で言うと製造日から4日目あたりの非常にいい味のとこです。

しかし本当にまこりんが歌ってるのを見るのも歌ってないのを見てるのも笑ってるのを見てもほわ〜んとなってるとこを見るのもひたすら幸せって、どんなしくみなんでしょかまこりん。
マジでこれもしかして恋?
ていうか愛?
いやむしろお客さん来い?

はい、こんなとこでいいでしょうか、美しくまとまったとこで賢作サイトの超人気(スタッフMi比)コーナーまこりん最新情報行きますよ〜!!
なにしろスタッフMiのまこりん情報ってまこりんから聞いた情報だからいつも新鮮いいものがいつもお得。
スーパーで言うといまなにかな〜、そうそうイトーヨーカドー阿佐谷食品館です。
あるいはタウンセブンB1でしょうか。

もう、あの、困るわけです。
困るんですスタッフMi。
まこりんの良さを書くと単純にまこりん好きとしかいいようがないとこに行き着く。
あまりに好きなんでなにをどう言ってても結局好きとしか言ってないこと。
淀川長治さんの映画の解説状態です。

ってなわけでとにかく今後一生素晴らしい状態のまこりんですが一刻でも早くまこりんの素敵さを知っていただいてですね、みなさまの人生の中で最大限まこりんを楽しんで欲しいってことでだーーっと まこりんの活動状況お届けします〜っ!

・12/17(金)

17:15くらい〜15分間くらい 地モトTV「おかえり!」(CATVイッツコムチャンネル/FMサルース同時放送)出演
イッツコムスタジオたまプラーザから生放送(CATVは再放送有り、時間等詳細は上記番組サイトでご確認いただけます
USTREAM「イッツコム」でも配信される模様

・12/18(土)

16:00からCATVイッツコムチャンネルの「イッツコム stage」で12/5にまこりんが出演した「紺野美沙子の朗読座 Vol.2 ベルベットのうさぎ」O.A.!
うっわこれエリア外で観らんない人(例:スタッフMi)とかどうしたらいいんでしょう、引っ越すしかない?しかし間に合うか…

・12/20(月)

19:00以降 渋谷gee-ge トランスパランス(対バン有り)

・12/22(水)から

年明けて1/16(日)までの間、ソニービルで上映される「3D 旭山動物園」のサウンドトラックで歌ってるのはまこりんです

12/23(木)はDiVaのクリスマスライブ

・2011/1/7(金)

19:30 高田馬場 四谷天窓 恒例となった「まこたつ」2011年も!

うお〜っと!そうそう!
12/9にリリースされた "ハレルヤ「アブラクサスの祭」サウンドトラック" はまこりんがコーラスとして参加してます、が、それだけじゃないとこがまこりんのすごいところ。
このアルバムの6曲目「さかな(歌:山本精一、高瀬"makoring"麻里子)」という曲はなんと当初仮歌だったまこりんの歌があまりにも良過ぎてそのままリリース版として残った、のかどうなのかわかんないけど、とにかく仮歌歌ってるときの、素敵な曲を歌えてるというまこりんの喜びがそのままリリース版に残った、というまこりんファンなら聴かずにはいられない曲になってます。
はっきり言うと、買ってください。


以上です。

スケジュールの詳細はまこりんオフィシャルサイト「makoring.com」でご確認くださいね〜!


12/16(水)のDiVa at City Lights Cafe、USTREAMで配信されてます

City Lights CafeのDiVa
ああもうほんっとにいいライブでした。
会場にお越しくださったみなさま、城西国際大学のスタッフのみなさま、こんなに素敵なライブを企画してくださってありがとうございました。

城西国際大学っつーとあれです、城西国際大学の学歌は俊賢コンビの作ということで深いご縁があるわけですが、それにしても大学スタッフのみなさまってばスタッフMiにも丁寧親切に応対してくださって、特にCDの販売と会計をどーんと引き受けてスタッフMiを足し算地獄から救ってくださった経理の鈴木さま、スタッフMi個人的にこのご恩は一生忘れません。
今度お会いする時はスタッフMi特製写真集(非売品)を無理やりプレゼントしたいと思いますのでいつでもDiVaライブに来てくださいね〜!!

とにかくそんなこんなのCity Lights CafeのDiVa、これ本来ならやっぱりお越しいただいて生のまこりんの可愛さ、大坪さんの輝き、賢作さんの野球談義、いやMCなども含めてその場の空気を感じないとDiVaの本当の良さはわからないわけです。
ライブってのはそういうもんですね。

でも、だけど、確かにそうではあるんだけどなかなか昨今の世界情勢や世界経済等がどういうわけかなんとな〜く影響してどうしても現場に参加できないというみなさまにもちょっとだけ、ほんと雰囲気だけでも楽しんでいただきたいということで、USTREAMでもいま、いまっていうかいつでもこのステージが直ちにご視聴いただけるってなわけで一体この幸せを誰に伝えたらいいのかはみなさま各自日記にでも書いていただくとして、とにかくお聴きくださいご覧ください。
それはここ、城西国際大学メディア学科メディア情報学科のみなさまによるUSTREAM配信「DiVa Live in City Light Cafe 2010/12/16」でご視聴いただけます〜!!

いやーしかしDiVaやっぱいいです。
いいですってのはいらないってことじゃなくて良いということですよこの場合。
DiVa良いです。
好きです。大好きです。

USTREAMでまこりんの魅力満載、DiVaでしか聴けない3人それぞれの良さ、その一端を感じていただけたらと思います。
まこりんの視線や表情や指先の動きも含めてのDiVaの歌の世界をぜひご覧くださいね。


12/5(日)、まこりんが是非っていうか絶対来てねと

朗読座info
DiVaでのツアーが一段落したまこりん、可愛さ167%くらいな感じでますます可愛いわけですが、そんなことお構いなく次々といろんなステージに突入してます。

もうほんと賢作さんも大坪さんもまこりんもめぐみさんも俊太郎さんもyamasinさんもみんな忙しいのにスタッフMi今日も余裕で野良猫と遊んでますけどはい〜っ!!そんな余裕なみなさまも日々忙しく勉学勤労に励むみなさまにも、全ての人々に等しくまこりんからのお知らせです〜。

12/4(土)の「DiVa at 耕心館」の翌日、12/5(日)はなんとまこりんが「紺野美沙子の朗読座」に出演!
これまこりんがもうほんとみなさま是非来てくださいって言ってるので行かないわけにはいきませんよ絶対に。

紺野美沙子の朗読座
日時:2010年12月5日(日)
時間:12:30開場 13:00開演 / 15:30開場 16:00開演
   ※2回公演、公演時間は各回約60分
会場:たまプラーザテラス プラーザホール(100席)
出演:紺野美沙子(朗読),高瀬"Makoring"麻里子(うた),Jack Lee Randall Jr.(影絵)
チケット:おとな1,000円/子ども(小学生以下)500円 共に税込み価格
発売所:山野楽器たまプラーザテラス店
オンライン予約:制作のOff-Broadway JAPANサイト内「朗読座」ページより今すぐお申し込みいただけます!
お問合せ先:「紺野美沙子の朗読座」実行委員会(グリーンオフィス内)

てなわけで、100席ってことはこれもしかして早い者勝ちですか?
となるとなんとしてもチケットを手に入れたくなるのが人情というものですね。
いいんです、いいんですよみなさま、思いっきり闘争心に燃えていただいて結構です。
オンライン予約なら闘争してるところを誰にも見られずにしかも今すぐ買える!
いやーほんと便利過ぎて人類ダメになりそう…だけどせっかくあるんだから使うのがエコ…。
ああたまらなく悩ましいけどそんなことは将来改めて考えることにして、全てを忘れて便利に楽しく遠慮なくお買い求めくださいね〜!

どんなことをやるのか、出演者プロフィールなど詳しい情報は…
・「紺野美沙子の朗読座」実行委員会(グリーンオフィス内)
・Off-Broadway JAPANサイト内「朗読座」ページ
でご覧いただけます。

関連URL:まこりんオフィシャルサイト「makoring.com
関連URL:twitter「たぁち(makoring's) on Twitter
関連URL:Artist Talk vol.2 賢作インタビュー「part-1 軸足を決めない強み
関連URL:Artist Talk vol.2 賢作インタビュー「part-2 主催者と観客、勝負の時代


11/11(木)からDiVa秋のツアースタートです

DiVa ってなわけでいよいよ始まります「DiVa秋のツアー2010
どこよどこどこ?って、んーどうしようかなー教えちゃおうかな〜教えたいけど教えたくない!!
って俊太郎さんの「あいしてる」って詩こんな感じでしたっけ?違う?えええ意外、ものすごい意外!!

はい、このくらいでいいでしょうか。
大丈夫ですよスタッフMi今日も正常です。
頑張って生きてます。

そんなことよりみなさま、本題忘れないで話進めましょう。
DiVa秋のツアー、もうすぐみなさまの元へとDiVaが参ります!
各地各所のみなさま、ぜひお早めにご予約くださいませ。

もうね、DiVaの良さって、とにかく聴いてるとなんかこう、じわ〜っと、いろいろあるけど、生きてるってなんかいいかも…と思えるとこですね。
これですこれ。
頑張って!とか生きてるって素晴らしい!とか言わない。
そういうこと言わない。
僕らはただそこで、誰だかわからないけどいろんな、或る人の人生を見るんです。

で、そういういろんな人々の気持ちがなんかわかる。
DiVaの良さって、そういう、言葉で言えない部分、なんか感じたって気持ちの嬉しさみたいなとこですね。

まこりん、賢作さん、大坪さんの、声、音、表情や動きの一つ一つがあぶり出しの柔らかな線みたいににじんだり広がったりしながら、DiVaという世界に丁寧に何かを描いていくのを見ていると、それがやがて「ひと」の形になって見えてくる、って感じですかね。

もーとにかくほんとファンのみなさまはもとより、今まで聴いたことがなかったという方に是非このDiVaのあぶり出しを見ていただきたい!
yamasinさんのあぶり出しにも負けないDiVaのあぶり出し、これをみなさまに見ていただきたい!
つーわけで、各地各所のみなさま、「DiVa秋のツアー2010」いますぐ各会場にご予約くださいね〜!
DiVa&TAM office一同心からお待ちしていします。

ツアーのスケジュールは「DiVa秋のツアー2010」でご覧いただけます。


11/13(土)、DiVaが西荻にやってくる

DiVa は〜いっ!
もう、なんかとにかく岡山ブーム始まってしまったわけですが、さすがメンバーの東京在住率100%のDiVa、東京のことも忘れてません。
当たり前だけど当たり前のことを当たり前にやることほど難しいことはないって感じ〜、という超ひも理論級の壮大な人生論はいつかどこかで誰かが考えるのにお任せするとして、とにかくDiVaですDiVa。

11/13(土)、DiVaが西荻窪のサンジャックに登場です〜!!

これは、はっきり言って即刻ご予約ください。
で、開演前できるだけ早くご来場ください。
なんでかっていうと、早い者勝ちというか下克上というか溺れるものは藁をも掴むというか、とにかく遅くなるほど物理的に入れる余地がなくなってきます。
しかし!来ていただければDiVaのステージがほんとこう無茶苦茶目前で聴けて、しかもお店の料理から飲み物からなにからなにまでが美味しい、更に駅から徒歩2分の好立地!
特に中央線沿線のみなさま、家に帰るよりサンジャックに来たほうが速いわけです実際。

というわけで、DiVa&TAM office&スタッフMiみなさまを現場でお待ちしています〜!
ほんとに待ってます。
なんなら連絡いただければスタッフMi各ご家庭に電車&徒歩でお迎えに伺いますのでどんどんご来場くださいね。
ご予約はサンジャックへのメールですぐに済みます。
実際スタッフMiも今日予約したらすぐお店から予約完了のメールいただきました!
っつーわけで、みなさま、11/13(土)のDiVa at 西荻サンジャックでお会いしましょう!


速報!12/23(木)がDiVaの2010年の最後のライブに決定!!

Highslide JS
シールが目印
急きょ予定変更でDiVa年末ライブに決定したため、現在TAM officeめぐみさん&スタッフMi、鋭意シール貼り作業遂行中です!
各所で配布中のこのチラシを見たらめぐみ&Miが手作業で貼ったんだなと思い出してください。
で、即刻予約した後どうぞ遠慮なく記念にお持ち帰りくださいね〜!
12/23(木)といえば賢作 at クラシックス vol.27の予定日だったわけですが、賢作さんの中の各方面関係部署が協議した結果どわ〜〜〜っっと夢が広がりとうとう2010年最後のDiVaライブの日に決定しました!

いや〜、これもう絶対予約です。

もうね、スタッフMi去年のDiVa年末ライブの楽しさ今でも覚えてます。いいんです今年も突然ビデオ係に任命されるかもしれないけどいいんです予約します。
ああ楽しみ過ぎて実は既に今から貯金始めてます。とりあえず机の上にあった17円を広口瓶に入れました。
みなさまも早速今から貯金開始してください。

で、なにしろクリスマス直前の渋谷ですからね、そりゃもうクリスマスっぽいことこの上なしだと思うんです。
そんな感じでデート、お買い物、観光、野宿その他どんな目的にもぴったりな渋谷の街で、こう、ほっと一息、教会の地下のほわっと暖かい公園通りクラシックスでDiVaと過ごす夜なんて最高に素敵ですね〜。

なお、会場でCD買ってくださった方は賢作さん&DiVaメンバーと記念写真のおまけ付きです!! 撮った写真は後日メールで添付してお送りしますので、ぜひぜひ買えるだけ買っていただきたいと思います! ご希望の方は予めメールアドレスを記載した紙など用意しておいていただけると開場での混乱防止にもなり&確実にお送りするためにも役立ちますので、なるべくご用意くださいませ。

いやしかし思いつきで書いたけど、はたしてスタッフMi、CD販売+撮影の過酷な業務を無事遂行することができるんでしょうか。
ていうかスムーズに行くんでしょうかこれ。
ていうかそもそもまこりんにこれやっていい?ってまだ訊いてないけど大丈夫なんでしょうか。
これが原因でまこりんに嫌われたらどうするんですか。
どなたかもしまこりんに会ったらその辺うまく伝えていただけないでしょうか。

あらゆることが一体どうなってしまうのかその辺りもご注目ください。
スタッフMi緊張の一夜です。

とにかくまずははじめの一歩、ご予約をお願いします〜!
ってなわけでお楽しみに!!

詳細はスケジュール「DiVa at クラシックス」でご確認くださいね。



11/3(水・祝)はまこりんの日!

11/24(水)にDiVaで出演する「まどさんの詩をうたうDiVaの音楽会」にさきがけて、まこりんが単独出演するまどさん関係のステージの情報をとあるルートから極秘入手しました!!

むさしのポエムフェスティバル事務局の白井さま&TAM officeめぐみさんありがとうございます〜!!

101才おめでとう! まど・みちおトリビュートライブ

11月16日に101才になる詩人のまど・みちおさんをお祝いするライブです。
まどさんの詩をうたいます!演奏します!リーディングします!

2010年11月3日(水・祝) 午後6時開場 午後6時半開演
MANDA-LA2
    出演:
      [1部:ポエトリーリーディング]
  • さいとういんこ+太郎本人、しげかねとおる、猫道
    [2部:詩をよむ うたう]
  • 高瀬 "makoring" 麻里子、志賀廣太郎、佐藤奈々子+白井明大+Moment Strings
・当日券3,000円/前売券2,500円(ドリンク代別途) ・予約受付メール むさしのポエムフェスティバル事務局

以上、みなさまのお越しをお待ちしております!
ご予約もメールで簡単、いますぐにご予約いただけます。

しかしあれですね、まこりんってばほんと大活躍ですね。
スタッフMiいつも思うけど、歌うために生まれてきたとかいうのとは違います。まこりんの場合。
歌うように生きているわけです。
だからまこりんは歌ってるときも歌ってないときも、まこりんという人生から歌があふれてきちゃうわけですね。
あふれちゃうんでつい歌っちゃうと。
そういう仕組みになってるんだと思います。

そんなまこりんを吉祥寺MANDALA IIで見られる、聴けるなんて、こんな素敵なことはありません。
なにしろ吉祥寺はロンロンが新しくなったし雑貨屋さん巡りも楽しいしちょっと外れの方には紀伊国屋もあるし、なんといけないことに入ると誰もが必ず衝動買いしてしまうヨドバシカメラまでどーんとあるし、行ったが最後必ず何かを買ってしまうという、多分東京でいま一番危険な街です。
というわけでどんだけ危険なのかみなさまひとりひとりにその目で確かめていただきつつまこりんに会ってほっっっっと一息つく。
これこそ人生の醍醐味っていうんですか、なんかそんな感じでぜひぜひMANDALA IIに大集合していただきたいと思います。

で、11/24(水)の「まどさんの詩をうたうDiVaの音楽会」ももちろんご予約お待ちしてますので、この際、DiVaでのまこりんもお聴きいただいてまこりんの全てを全方位的に味わっていただきたいと思います!


まっくろりんの「いとおしく、カバレット」

みなさま、10月のまこりんも連日いろんなとこで最高に素敵なまこりんの全てを惜しげもなくさらけ出しつつ歌いまくってるわけですが、yamasinさん&スタッフMiがとくに楽しみにしてるのが21日の黒田さんとまこりんのデュオ略して「まっくろりん」の『 耳を開く 』vol.3「いとおしく、カバレット」、これ、これです。
まっくろりんがどんなことするのか、とにかく一挙手一投足余すところなく全てを見たい!聴きたい!

もう、ほんとあのー、この日はyamasinさんとスタッフMi瞬きしません。
なにしろくろりんまこりんの二人が何度も飲み会を重ねながらなんとな〜く打ち合わせっぽいことをしてたり、まこりんなんて夜中にスタジオに入って歌ったり踊ったり居眠りしたりしながら案を練ったり練らなかったりしてるっつーことで、これ現代だから門仲天上ホールでやるけど古代ローマだったらコロッセオでしかやらない、そういうステージです。とにかくみなさまいますぐご予約ください!

詳細はまこりんオフィシャルサイト内 10/21(木)『 耳を開く 』vol.3 「いとおしく、カバレット」でご確認ください。


そして10月のDiVa、なぜかじわじわ岡山ブーム

で、そんなこんなのDiVa秋の大収穫ってことでやっとネットに繋がった賢作さんから秋のプレゼントがあります〜!!

それは何かというと、賢作さんから教えてもらったBlogなんだけど、ここがすごい。
もうなんかものすごい勢いでDiVaのファンをやってらっしゃるという岡山は倉敷の「かじゅん」さまがDiVaの情報を細大漏らさず書きまくってるという、とにかくDiVa、なにがなんでもDiVa、DiVaじゃなければDiVaじゃないという、えー、どういうんですか、なんかそんなものすごい感じのBlog「DiVaな日々〜白壁の街にて」、ここご覧ください。
いま見るといきなりまこりんソロのチラシが見られます。
(ちょっっっっっと小さいけど)←うおお、今見たらちゃんと大きくなってました、かじゅんさま、ありがとうございます!
もうこれだけでも見る価値があります。
ああもうほんとまこりんってどうしてこんなにまこりんなの…。

いやそれよりここ見ると岡山っていうか倉敷っていうかのいろんな面白いとこの情報も完璧にわかってしまうというお得&便利さ。
こういうのいいですね、地元の方が直接教えてくれる情報。
これ見てるとやっぱ岡山にも行きたくなりますよね。
いや、そこ軽く流さないでください。
一応もう一回書いときます。

これ見てると、やっぱ岡山にも行きたくなりますよね?

はい、ありがとうございます、なっていただけてスタッフMi非常に感激しております。
なにしろ賢作サイト、ほんとにサイトってのはあれは役に立ってるのかとかですね、冷静に考えると実はTAM officeにとってなんのメリットもないんじゃないかとかですね、実際どうなの集客とか売れ行きとかなんか貢献してんのスタッフMiってとかですね、そういう噂が主にスタッフMiの中でことあるごとに話題になってるわけですが、岡山に行ってみたくなっていただけたみなさまのお役に立てて本当に嬉しいです。

さてそんな岡山、何があるかというとまずなんと言っても10/31(日)の「赤磐 あっ晴れ! おかやま国文祭」。これですこれ。
嬉しいときには嬉しいことが重なるもんで、なんとこのイベント無料でDiVaが聴けてしまう!
もうそのへんが岡山のおおきいとこですね。
お金とか有価証券とかビール券とかそういう細かいこと言いません。
タダ、無料。
いいですねこのシンプルさ。
ネットとかコンピュータとかiPhoneとかそういう細かいこと言わない長野に通ずる大きさです。

なにしろタダなのでみなさま盛大に押し掛けていっぺんDiVaお聴きください。

そんでその「10/31(日) 赤磐 あっ晴れ! おかやま国文祭」 ではなんと「DiVaな日々〜白壁の街にて」の執筆者のかじゅんさまが「obla()t」の作品を猛烈な勢いで販売しまくるということなのでその辺も見逃せないイベントとなりそうです!
いやマジでこの顕微鏡面白いんでみなさま遠慮なく全て買い尽くしてください。
とにかくDiVa&倉敷の情報なら「DiVaな日々〜白壁の街にて」、ここ是非ご覧くださいね〜!!
倉敷のかじゅんさま、ありがとうございます!

そうそう、岡山といえばあれです、賢作さん&DiVaほんとなにかにつけ縁が深い岡山、岡山といえば「夏音2009」や「津山ドイツピアノ弾き比べ」などですっかり賢作サイトでおなじみとなったまっちゃんさんのいるとこでもあり、そうそう、22日に外苑前Z-IMAGINEでのライブがあるDoT.の土井さんの出身地でもあり、まこりんは倉敷でもソロライブをやってるし、なにしろ大原美術館にはスタッフMiが高校の修学旅行の自由時間の全てをつぎ込んで見とれてしまったカリエールの作品もあったりして、ちょっともうなんかああ、スタッフMiまた住みたいとこが増えてしまいました。
どっか家賃ただで住めるとこの情報とかないでしょうか、かじゅんさま…。

そんな感じで賢作さんといわずDiVaといわず俊太郎さんといわずスタッフMiといわずあらゆる人があらゆるときにあらゆる意味でお世話になったりなられたりの岡山!
みなさま長野の次は岡山、岡山及び近郊近県のみなさま、「10/31(日) 赤磐 あっ晴れ! おかやま国文祭」にDiVaが行きますからね〜!
待っててください!!
しかもなんとこれ無料だし、obla()tの顕微鏡も見られるし、かじゅんさま&販売スタッフのみなさんのものすごい販売力も見られます。

で、で、その前日、10/30(土)は「まこりんソロ in 倉敷」ってことでまこソロもあります!!
これいやもうスタッフMi10月月末は前後1週間くらい倉敷に行っていたい!
「まこりんソロ in 倉敷」についての詳細はまこりんオフィシャルサイト「makoring.com」でご確認くださいね。


いかがでしたか長野でのDiVa

ご来場いただいたみなさま、そして残念ながら今回はご来場いただけなかったけど心のすみっこのあたりでいつもDiVaを応援してくださってるみなさま、そしてやっぱりこの方達無しではステージが成り立たないってなわけで現地スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。
長らく連絡が途絶えていた賢作さんからも本日(9/21)朝にやっと連絡が復活、いやいやどんな様子だったのか、特に長野の食べ物情報がどんなか、道の駅中条では果たしていったいどんなご当地名産&ご当地グッズが売られていたのかそのへん非常に非常に非常〜〜に気になるとこではありますがなにしろネットに繋がらないという状況だったようで、んーでもそんなところがあるとこもまた長野の良さですよね〜。
スタッフMiも行きたかった…。

で、いま、賢作さんから長野での写真が届いてます!
賢作〜その旅の記録」でじっくりご覧ください〜!


お待たせしました秋のDiVa収穫祭、長野でDiVaと過ごす2日間

Highslide JS
秋の空気
なにが違うかわかんないけど、秋って気温だけじゃない夏とは違う何かを確かに感じます。
あーなんかもう秋です。
もう明らかに夏疲れてます。
なにしろいい気になって35度以上とかやってたもんだからここに来て急にがっくりと気温下がってます。
これに懲りて来年は少し考え直すと思います夏。

とにかくですね、秋だからちょっっとこうなんか文化的なものに触れたい。
どうしても理論的にそうなりますね。
どんな理論かはみなさま一人ひとりが心の中で独自の考察を繰り広げていただきたいそんな秋。

なんかこう文化的な雰囲気の空間に身を置きたい。
そしてそれはできればまこりんのいる空間。
そういうところにひっそりと身を置いてみたい。
いや、正直に言えば是非とも積極的に置いてみたい。

そんな長野のみなさま長らくお待たせしました。
9/19(日)と9/20(月・祝)の二日間、なんとDiVaが長野にやって来る!!
しかも、19日の中条音楽堂でのステージが待ちきれないみなさまにものすごいラッキーなお知らせ、なんと11時〜12時にSBC信越放送でO.A.中の番組「OTO Café」に賢作さんが出演します〜!
本番前なのでなにかといろいろあんなこんなあったりするし出演時間は5分くらいってな感じなようですが、一体何を喋るのかちょっっと気をつけて聞いておいてください。

ていうかO.A.時間のいつの5分間なのかわからないのであの、途中でトイレとか行くとダメです。そういときに限ってそこ出演時間だったりします。
なので予め準備は整えてお聴きくださいね。
しかしなにしろ5分なので下手すると野球の話の前振りだけで終わる恐れもありますが、どうなってしまうのか必聴です。

あ〜〜〜っと!!どこ行くんですかまだですまだまだまだまだ帰っちゃいけません落ち着いてくださいもう一つあるんですよ。
その出演の後12時からは道の駅中条でDiVaのミニミニライブがあるんです!
いやもうこの初秋の長野でこうね、ちょっとお出かけして道の駅でなんか買い食したりして遊びながらラジオ聞いてDiVaミニライブも聴いたりして16時からは中条音楽堂での「DiVa at 中条」を聴くなんてもうほんとこれ絶対楽しいですよね〜。
いいなあ長野。
秋の風を感じに長野に遊びに行きたい…。
ああこんなに素敵な気持ち、もしかして生まれて初めてかも。

なにしろDiVaなわけです。
mitatakeじゃないんです。
この2日間、長野に行くとDiVaが待ってるわけです。
mitatakeも日本のどこかで待ってるかもしれませんがとりあえずそれはまた今度ゆっくり考えることにしてともかくDiVaです。

賢作さんの美しいメロディーとピアノ。
大坪さんのきらめくベース。
そして何といっても日本で正真正銘DiVaといえばまこりんしかしないという美しくて可愛くて歌も最高、もう一挙手一投足までもが全てあますところなく芸術のまこりん!
もうスタッフMiいっそ長野に移住しようかと思うくらい羨ましいこの秋のDiVa in 長野。

みなさまも待ち遠しいでしょうがDiVaも相当楽しみにしてます。
大坪さんなんかたぶんもう長野に向かって歩いてるころ?
ていうかスタッフMiなぜかこの時期DiVaの音楽が聴きたくてたまりません。
曲も演奏も歌も全てが心の隅々に幸せを運んでくれる、これもう音楽というより人生のヘモグロビンといっていいと思います。

DiVaCDで聴くDiVaもちろんいい。いいけどライブはやっぱり3人がいまここで作り出す世界というものがあって、それはもう絶対にライブの会場にいないと感じられない奥行きがあって、賢作さんと大坪さんが描く背景の中でまこりんが歌ったり笑ったり踊ったりするその全てをみているうちに、もう音楽とか詩とかという名前さえも忘れてしまいます。
まこりんを通して、まこりんが生きていることを通して自分や他のあらゆる人の人生を見る、ああ、もう、そうです、映画です映画。DiVaって生きてる映画。人生そのものって感じなんですよね。

DiVaの魅力をどうお伝えしたらいいかスタッフMiずっと考えてきたけどなんか分かった気がします。
DiVaはDiVaの音楽を通して見る心の映画です。

賢作さんと大坪さんのすごいとこはまこりんが自由にまこりんでいられる音を作れるとこですね。
まこりんの魅力はまこりんがまこりんそのものであることで、賢作さんも大坪さんもそれを本当によく知ってる。
だからまこりんはDiVaの中でどんなふうにも変われるしどんなふうにも生きられる。だからDiVaを聴いた人はまこりんの歌のいろんなところにすぐに共感できて、言葉も音楽もまるで自分が体験したことみたいに直接感じられるんだと思うんです。

もう既にDiVaファンのみなさまにも、まだDiVaを聴いたことがないみなさまにも、DiVaという映画を見て欲しい、聴いて欲しい。
ほんとに心からそう願ってます。
DiVaの長野公演、9/18(日)長野市の中条音楽堂、9/20(月・祝)同じく長野市の公共の宿 奥裾花温泉 鬼無里の湯でお楽しみいただけます。

詳細はスケジュール「9/19(日)長野 DiVa at 中条」、「9/20(月・祝)長野 DiVaコンサート」をご覧ください。

いやもうスタッフMiもほんとDiVaに会いたい!


まこりん情報 10/08/28

10/21(木)、門中天井ホール『耳を開く vol.3』にまこりん出演決定!

デザイン部yamasinさん絶賛の黒田京子(pf)+高瀬"makoring"麻里子(vo)によるデュオ、くろりんまこりん(以下くまりん)の3度目のステージ!
みなさま、この日絶対予定空けて待っててください。

08/28追記:
デザイン部yamasinさんからチラシが届きました。下記関連URLのpdfです。
うおおお色がいい!
んでこのあぶり出しがやっぱりいいですね、この柔らかくあいまいな色。
チラシ裏面にはくろりんのこの公演にかける想いがよーく伝わってくる文章が書かれています。
是非ご覧ください。
ご予約は今すぐ!
関連URL : 「耳を開く vol.3 チラシ」(pdf, 1.1M)



なんと11/11(木)浜松公演の告知ページが!

11/11(木)、浜松ハーミットドルフィンでのDiVa公演の告知ページが開設されたとの情報を賢作さんよりキャッチしたのでお知らせします!

11/11(木)DiVa浜松公演告知&チケット購入申し込みページ

これなんとこのページから簡単にチケット申し込みもできるという、便利かつ潜在的購買意欲を激しく刺激する素晴らしいページです。
あまりに簡単に買えるので思わず大量に買ってしまいそうになるところがとっても素敵…。

みなさまにはぜひ今すぐチケットご予約いただいて公演当日を待ち焦がれていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

サイト作成者の岡林昌明さま、情報提供ありがとうございます〜!



まこりん情報 10/08/02


クリックするとpdfが開きます。「昔のゆうびん」vol.93 (pdf, 3.8M)

みなさまはいはいもうどうぞご覧くださいこれこのカワイ音楽教室昔のゆうびん局発行の「教室とおうちをむすぶ 昔のゆうびん vol.93」定価税込300円。

もうねこれまこりんのインタビューがどわ〜っっっと見開き2ページで掲載されてるという、まこりんファンならベッドサイド、風呂場、トイレと最低3冊は買いたくなる冊子なんですけどね、これもうほんとみなさま今日はほんとラッキー、いいとこ来ました、これ本来なら300円のところ関係各方面のみなさまよりまこりん&DiVaファンのみなさまへのお中元っつーんですか?なんかそんな感じで当サイトで無茶苦茶公開していいとそういう許可をいただきました〜!
カワイ音楽教室の関係者ならびに生徒のみなさんご両親親類縁者の皆様ほんとうにありがとうございます。

もう、この右側のまこりんなんてどうですか、スタッフMiがどこに行ってもこうね、見てるわけですまこりんが。
あれ?これまこりんじゃなくてモナリザじゃない?
まこりんったらこないだはクレオパトラだったのに今回はモナリザみたいなんて、ああもうまこりん見てるだけで世界中の美術館と博物館とひこにゃん見たのと同じというものすごいお得感の渦。
いやもうなんかあまりにお得過ぎてちょっと本格的に熱中症になりそうで辛い、スタッフMi…。

と、そんなことよりも、この記事、これ読んでいただくとまこりんのこれまでの活動や、まこりんのお母様のことや、なんかそんなこんながなんとな〜くわかるような気がするようなそんな予感がするような、そういうことになってます。
ぜひ読んでいただいて、まこりんの魅力、まこりんという人そのものの魅力の一端を感じていただけたら嬉しいです!!
ではじ〜っくりお楽しみくださいね〜っ!



いかがでしたでしょうか7/7の仁義なき戦い

7/7の賢作&大坪組 vs まこソロ、みなさまどちらをお聴きいただいたでしょうか。
スタッフMiはまこりんのいる代々木に行ったわけですが、賢作&大坪組の様子、どんなだったでしょうか。
いずれにしても目一杯お楽しみいただけたことと思います。

次回DiVaは7/21(水)山形です。
チケットは当日会場でのみ販売です。

その次が7/24(土)の大網でこちらは現在ご予約申し込み受付中です。
お早めのご予約をお願いします。

もう少しで行きますからね〜!待っててくださいね〜!



7月のまこりん

Highslide JS
7月もまたまこりんが
みなさまに幸せを運びます。
本日6/27(日)、まこりんは下北LADY JANE黒田京子さんとデュオをやってます!

19:30 start/charge:2,700円 + Drink Fee

みなさま遠慮なくどんどんどんどん押し寄せてください!!

ちなみに今日LADY JANEに行くとまこりん、黒田さんだけじゃなくデザイン部yamasinさんにも会えるというなんとも嬉しい特典付き!これは行かない手はありません。

ってなわけでもうとにかく生きてるだけで自動的に日々世界中に幸せを運びまくってしまうまこりん、なんと7月も歌とキュートな笑顔でますます世界中のあらゆる生き物に生きている喜びを実感させてくれるんですよ〜っ!

もうあれですね、ここまでいくとまこりんって完璧に天使ですね。
天使に会ったことない方、まこりんがその天使ですのでなにをおいてもまずまこりんのライブに来てください。
ちなみにスタッフMi、7/7(水)、この日は賢作さんと大坪さんは山へ芝刈りに、いや、池袋のApple Jumpへ「燃えよドラゴンカルテット」をやりに、まこりんは代々木でまこソロをやりに行くわけですが、一体どっちに行ったらいいのか非常に困ってます。

もちろん賢作サイト管理者としては賢作さんのいるApple Jumpに行くのが当然なんだけど、しかし、しかしですね、この代々木のお店、ここスタッフMiが18歳のころ住んでた家賃19,800円三畳一間、住民登録しようと区役所に行ったらどういうわけかその住所に該当の建物が無いだけでなく、なぜか新聞勧誘員の方さえも一切来ない&ふと何の気なしに戸袋を開けてみたら前住人の方の免許証保険証通帳印鑑入りの袋まで残ったまま、更にその後ここには書かないとある小事件があり、いよいよたまりかねて転出したい旨告げに2階の大家の部屋に行ってみたら大家の部屋のドアにべったり血の手形が付いていた、というごくごく一般的なアパートのもうほんと1区画隣ということもあり、あっさりまこりんの方に行くことに決定しました〜!

ってな感じでみなさまそれぞれ自分なりの楽しみを見つけてみてくださいね〜。

んーでは、まこりんからみなさまへのご挨拶から


makoring0912もう夏ですよ。信じてませんが。
こんにちわ、まこりんです。
今日(6/27)は、下北沢で黒田京子さんとデュオです。女優魂咲く1回となるでしょうかっ?!是非、お出かけ下さい。
7月は七夕に、まこソロからスタートします。


ということで、どうですみなさま、7月は七夕からスタートですって。
ああまこりん、なんてロマンチックなの…。

はい〜そこまで!!まこりんのご挨拶にうっとりするのは後回しにしてとりあえず日にちと場所をどーーーーーんと地味〜にピックアップ!
さらに詳しくはまこりんのブログもあるオフィシャルサイト「makoring.com」のスケジュールのページ「Sche-che」で穴が開くほどじっくりご覧ください!
あーっっとそうそう、DiVaのライブ、今月は21日山形と24日千葉の大網です!お近くのみなさま予約お済みでしょうか?楽しみに待っててくださいね!

そして、まこりんからのちょっとお知らせ
  • ・角川映画"沈まぬ太陽"DVD発売中。レンタルしたら、休憩時間こそ飛ばさずに!!そこに、まこりんの声が。。。

  • ・30年以上共に暮らしている、カリスマぬいぐるみの たぁ が最近、ツイッターはじめました。
    http://twitter.com/tarrchi
無茶苦茶な暑さもまこりんの笑顔さえあれば全て許せてしまう7月、とはいえやっぱ暑い7月、まこりんと一緒に元気に乗り切りましょう〜!



一方大坪さんの動きは?!

Highslide JS
池田千夏トリオ
ネペンシ録音時の池田千夏トリオ
左から池田千夏(pf), 大坪寛彦(b), 海沼正利(perc.)
©2010 高橋利行
はい〜っ、みなさまもうそろそろ早くも夏バテしてるころなんじゃないかなと思いますが大坪さんもまこりんも賢作さんも猛暑の中それぞれ頑張ってますよ〜っ!

賢作さんは今日(6/26)は射水市で「めざめる羽 はばたく四季」上演に立ち会っているわけですが、小樽から無事富山まで移動できたんでしょうかね?
もしかしたらそのうち写真レポが届くかもしれませんがとりあえずその連絡待ちの間スタッフMi大坪さん関連の情報を鋭くキャッチ!

どんな情報かっていうと、賢作 at クラシックス vol.24のライブレポでもちらっっっとお伝えした、大坪さんが参加しているCD/ライブ情報、これスタッフMiしっかり入手しました!

大坪さん一体なにをやってるかというとまあいろいろな活動をしてるわけですが、ピアニストの池田千夏さんのニューアルバムにも参加していて、そのCDが7/1(木)に発売となります〜!
が、その前になんと6/28(月)から山野楽器八王子駅ビル店にて先行発売開始!
もうなんかすごいです、山野楽器八王子駅ビル店スタッフのみなさまも発売が待ち遠しすぎて先に売ってしまいたくなってしまったこのアルバム、どう考えても買わずにいられません。

ネペンシ サムネイル
画像をクリックするとチラシのpdfが開きます。
(pdf, 348k)
池田千夏ニューアルバム
「Nepenthe ネペンシ ー妙薬ー」
nepenthe logo
CIJP-1002 税込2,000円
©mil verano 2010
池田千夏(p), 大坪寛彦(b.), 海沼正利(perc.)
喜多直毅(vin.), 和田啓(req.)

さらにというか当然というかやっぱりというかCD発売記念ライブもあります!
大坪ファンのみなさまはもとより大坪さんをなんとか実際自分の目で見てみたいという好奇心の強いみなさまにも必ず喜んでいただける嬉しい日程は以下の通りです。
料金など詳細は上のチラシ、また池田千夏サイトでご確認ください。

2010年7月2日(金)
千葉県山武郡大網白里町 Natural Harmony 2000
池田千夏(p.), 大坪寛彦(b.), 海沼正利(per.)

2010年7月24日(土)
吹田 KOIKE MUSIC STUDIO
池田千夏(p.) Piano Solo Live voI:5

2010年7月31日(土)
千歳烏山 TUBO
池田千夏(p.), 大坪寛彦(b.), 海沼正利(per.)

2010年8月14日(土)
渋谷 公園通りクラシックス
池田千夏(p.), 大坪寛彦(b.), 海沼正利(per.)
guest:
喜多直毅(vIn.), 和田啓(req.)

以上大坪さん関係ニュースでした〜!



6月のまこりんはというと

みなさま、スタッフMiいまとっても幸せです。
なんでかっていうと、まこりんからメールが来たからです。
それもBCCじゃないメールです。
ということは?
そう、まこりんがスタッフMiにダイレクトに送ってくれたメールなわけですね。
ダイレクトに送ってくれたメール、略してダイレクトメール!!
いや〜、どうですかみなさま、羨ましいですか。いいんですよ、悔しいときは悔しいって言っていいんですよ〜!

それがちょうどまこりんとひこにゃんの可愛さについて考えてるまさにそのとき、真最中だったので驚きました。
きっとスタッフMiの想いがまこりんにダイレクトに伝わったんだと思います。

しかし、それにしてもまこりんってなんであんなに可愛いんでしょうね。
なんであんなに可愛いのに大哺乳類展で特集コーナーが設けられていないのかが不思議です。

ってなわけでその大哺乳類まこりん、今月も頑張ってます〜!
6月11日にはみなさまお待ちかねのDiVa at モコモコ、これスタッフMiも行きますが、その他にもまこりんってば各所でライブをやってるのでここでお知らせです。
みなさま行ける時に行けるとこに行って、ぜひまこりんの歌と可愛さをじっくり味わっていただきたい!というわけで早速まこりん情報行ってみましょう〜。


まず、まこりんからみなさまへのご挨拶


makoringあぁ。遅れている梅雨の有り難さよ、定まらぬ政治の無念さよ、、日々色々ですね、こんにちわ。まこりんです。
今月は、バラエティに富んでおります。
お初にお目にかかりますのは、なんとパーカッションの山口ともさん!
廃材などを利用した打楽器を製作&演奏、教育テレビ "ドレミノテレビ" で、UAちゃんと共演していた個性的な風貌は目に焼き付いている事でしょう。
しかもデュオです、どうするんだ?どうなるんだ?
勿論、他のライブも含め、是非いらして下さい!!心より、御待ちしております!


って、どうですかこの文面からもにじみ出てしまう可愛さ…。

で、ですね、ここでは日にちと場所だけピックアップしてお知らせますがソロ有りまこりんが参加してるグループでのライブも有りもちろんDiVaもあるという充実ぶり。
まこりん強化月間って感じでもう、めいっぱいまこりんの歌を聴きまくっていただける6月。さらに詳しくはまこりんのブログもあるオフィシャルサイト「makoring.com」のスケジュールのページ「Sche-che」で余すところなくご覧いただけますのでそちらもご覧くださいね〜。

さらに、まこりんからのちょっとお知らせ
  • ・vocalで参加した"沈まぬ太陽"のDVDが発売されています。多くの賞も受賞したようです。
    レンタルしたら、休憩時間こそ是非飛ばさずに!!そこで、まこりんの声が聞こえてきますので。。。

  • ・30年以上共に暮らしている、カリスマぬいぐるみの たぁ が最近、、ツイッターはじめました。初心者状況かつ、つぶやきも時々ではありますが、御チェック下さい。やってらっしゃる方は、もしよろしければフォローしてやってください。ライブ情報などもつぶやかせますので。。
    http://twitter.com/tarrchi
まこりんサイトでブログもやってる「たぁ」、なんとtwitterまで始めたんですね。
「ライブ情報などもつぶやかせます」ということで、ど、どうなんでしょうか、なんといえばいいのか、ともかく たぁ、辛いことがあったらいつでもスタッフMiに連絡ください。


4/30の倉敷PennyLaneの写真が届きました!

28日の賢作ソロから続いて30日の倉敷までDiVa尽くしの3日間、みなさまほんとに心から楽しんでいただけたんじゃないかと思います。
ご来場くださったみなさま、主催&スタッフのみなさまありがとうございました。

で、そのDiVa尽くしのプチツアーの最終日の様子が届いたのでとるものもとりあえずアップ!

あっ、まこり~ん!!まこりんの写真もありました!!
どうしてこんなにいつ見てもいつまで見てても可愛いんでしょうか。
ちょっとだけ賢作さん&大坪さんの可愛さも混じってるけどそんな細かいことは全然気にしないスタッフMi、かなり男らしいです。
どのくらい男らしいかというと、痛い辛い苦しい以外のことなら大抵我慢できるくらいです。

ああ、みなさま、いいんですよここそんなに真剣に読まなくていいとこです、次です次、ともかく早速ご覧ください。

2010年4月30日(金) DiVa at 倉敷 "Penny Lane"
開場19:00 開演19:30

    セットリスト
  • 1st
  • スーラの点描画のなかでのように
  • こころのすみっこにイスをおいて
  • みんなやわらかい
  • どうしていつも
  • 私たちの星
  • さみしさ
  • メガネ
  • Face to Face

  • (休憩)

  • 2nd
  • まこりんソロ
  • ほん ~ うそ
  • 鉄腕アトム
  • とか
  • 歌っていいですか
  • ひとり
  • とおく
    enc.
  • Take me to a record shop
  • さようなら
Highslide JS
DiVa
DiVaを聴いていると、本当に言葉の意味がよくわかります。
言葉が言おうとしてる気持ちがよくわかるっていうか。
Highslide JS
まこりん
まこりんってものすごくいろんな気持ちがよくわかるんだと思うんです。
だから歌が聴く人の心にすっと溶け込んで、みんなそのまこりんの言ってることのどこかに共感できるんじゃないかなと思います。
まこりんの素敵なところは、そんなふうにまこりんが生きてるとこです。
すんごくアツイまなざしとダンボのような大きな耳できいてくださった皆様に深く感謝です!DiVa史にのこるすばらしいライブだったと思います(自他ともに認める 自は私 他は?だれかコメントちょうだいね~~ よろしく~~~)またお目にかかりましょう Kさんほんとありがとうございました~~ まっちゃん津山よろしくね~~(k)

いや~、倉敷PennyLane、まこりんがブッキングしたこのライブ、いつものようにやっぱり素敵なライブになったみたいで、賢作さんのコメントによるとDiVa史に残るステージだったらしいじゃないですか。
やっぱあれですよ、行ける時にどんどん行って聴いておかないとどんどん自動的に損しますね。
もうこんなことらスタッフMi倉敷に住んでおけば良かったとつくづく思いました。



4/30(金)は鎌倉じゃない倉敷散策&DiVaライブとか

Highslide JS
春なんです
たまたま降りた多摩駅近くの公園で咲いてた桜。
桜ってほんとに美しいですね。
まこりんくらい。

賢作&DiVaファンのみなさまお待たせしました、春ですよ~!
昨日、3月20日、賢作さんが「今日から春になった気がする、なんかそう思う」ということで、公式に春になってますよ~!
みなさま大丈夫ですか、まだ冬のままの方とかいませんか、もう春なので安心して出てきてくださいね。

で、どのくらい春かというと、もう実は桜咲いてます。
開花宣言とかそういうの関係ないです。咲きたくなったら咲く、桜すごいです。男らしいです。

Highslide JS
ぽわっと
善福寺川緑地の染井吉野も多摩に負けてません。 ひとつだけ咲いてます。
そこだけぽわっと暖かい色。
DiVaでいうとこれがまこりんですね。
TAM office近辺では善福寺川緑地の染井吉野がスタッフMi調べで2つ咲いてました。
2本じゃないですよ、2つ咲いてたんです。
あともうすぐ咲くつぼみが5~6個。
んで河津桜なんてずいぶん前からとっくに咲いてるし、ああ、なんかほんとに春です。


ってなわけで春なんですが、春といえばやっぱ4月、その4月の最後の日、4月30日(金)にDiVaの倉敷Penny Laneライブが決定しました!

Highslide JS
菜の花もこんなに
菜の花畑で遊ぶ大坪さんも見てみたいですね。
これなんとまこりんが自らブッキングしたライブです。
まこりん歌も最高だし可愛いいし愛らしいしドラえもん腹巻きも持ってるしその上ブッキングまでするって、なんでしょうね、もう、天はニ物を与えずなんて言いますけど、ニ物どころじゃない圧倒的な素敵さだと思いませんか。ということは、たぶん天から与えられたんじゃなくて地から与えられたかなんかだと思うんですよスタッフMi。

Highslide JS
てんとう虫も
春なのでてんとう虫も散歩をしてます。
鎌倉じゃない倉敷にも来てくださいね。
どっから与えられたかはこの際おいとくとして、とにかくそれだけまこりんがみなさまにDiVaを聴いて欲しい!と思ってるわけなのでこれはもうまこりんファン&DiVaファンの方は必ず今すぐ予約しないとまこりんに嫌われちゃうかもしれないですよね…。
いや、別にだから予約しろとかそういうんじゃなくて、なんとなくふと、そう思っただけですから気にしなくていいですよ。全然大丈夫です。

Highslide JS
三つの花
ふと見たら三つの花がDiVaみたいに静かに輝いてました。
やや微妙に僅かに横に大きいのが賢作さんだと思った方、スタッフMiはそんなこと全然言ってません。
ってなわけで、4月末なら気候もいいし、鎌倉じゃなくて倉敷散歩&DiVaライブで最高に楽しい一日になること間違いなしです。根こそぎ倒れた大銀杏跡などを視察したり、ちょっと江ノ電に乗って江ノ島行ったりとかですね、そういうのは鎌倉で楽しんでいただくとして、なにしろ倉敷、倉敷です、岡山県の倉敷、スタッフMiが大好きな大原美術館のある倉敷の散歩をしてDiVaを聴く、なんて、ああもうスタッフMi今から楽しみで仕方がありません。倉敷行きたいですね倉敷!
まこりんありがとう~!!とりあえず4/30にまこりんに会えると思うとスタッフMiそれまでは生きてみてもいいかなという気になってきました!!
もしかして行けたら行きます!
詳細は倉敷Penny Laneのサイト、またはスケジュールページをご覧くださいね。

倉敷のじゅんこさま、場所の間違いのご指摘ありがとうございました!
賢作サイトをちゃんと読んでいただいていて本当にありがとうございます~!


新特似フェス ついにまこりんが!

このところTAM office内部および関係者一同の間ではマイケル・ジャクソン(英語だとマイコー)の魅力を感覚的になんとなーくその日の気分で再検証するムーブメントが巻き起こっているんですが、そんな中、忰田麻理子さまより特殊似顔絵コンテスト、あれ?なんでしたっけ、フェスティバルか、そのフェスティバルに作品をお寄せいただきました。
忰田麻理子さまありがとうございます!

なんと今回はまこりんの似顔絵です!!
なんか大坪さんのときより喜びが激しいとかいうのは気のせいですよ。

Highslide JS

95年の大坪さん
なにしろスタッフMi大坪さんのファンだから古い写真も持ってるし。
これは大坪さんがユダヤ人ミュージシャン役で出演した「ゲットー」という舞台の舞台稽古時の写真です。
ちなみにちょっと腕が写ってるのはVlnの太田さんです。
あ、大坪さん、頭になにかとまってるような。


あー、そんなことより、かせだまさんというと、あ~、そうそう、賢作さんが前からかせだまさんのブログで賢作作品を紹介していただいてると言っていたけど、そのかせだまさまですね。
すみません、なんかDiVa Winter Live 2009のときお声かけていただいてたようなんですけど、まさかスタッフMiに声かけてくださる方がいらっしゃると思ってなかったので、全然気づいてませんでした。
次回真正面から肩掴んで前後に揺すりながらお声かけていただければ大抵気づくと思いますのでよろしくお願いしますね~!

私も賢作さん描いてみたい、なにを、わしもまこりん描き上げるまでは死ねん!!いやいや大坪さんの石像作らせたらうちの村が世界一と思われた方、是非この特殊フェスで作品を発表してくださいね。
イラストの送り先はTAM officeのページの賢作さんのアドレスかTAM officeのアドレスに送っていただければと思います。

で、賢作さんはいま賢作トリオ+で関西方面に旅に行ってる(スケジュールページ参照)ので、コメント届き次第アップしますので忰田さま楽しみにお待ちくださいね。

あ、来ました来ました、賢作さんからのコメント(1/15着)!
う~ん、さすが「まりこ」同盟!?
マコリンへの愛が感じられるキュートなイラストですね。礼!
当初アンコールは時間的に「かえる」までいけないのでは、と思われていましたが、このカットが描かれ、皆様にお見せできる、という一点でも「かえる」オーラスにやってよかったです。
かせだまさん、ほんとうにありがとうございました!
かせだまさんは「賢作曲」の発掘者でもあります。
丁寧に聴いてくださって、とてもうれしいです!

Highslide JS
忰田麻理子さまの作品
これはあれですね、スタッフMiが撮り損ねたまこりんがかえるになってかえるを歌ったとこですね。
いやー、フォローありがとうございます。
忰田さまがコメントに「(まこりんが)とってもかわいらしい方で感激いたしました」と書かれてますが、ほんとそうですね。
しかしすごいですよ、イチローとかいっくらすごいといっても4割?くらい打てるだけですけど、まこりんは100%常に歌も良くて、100%可愛いわけです。

ところで、可愛らしいとかわいそうってものすごい紛らわしいですよね。
日本語ってなんでこんなに難しいんでしょう。


2/11(木・祝)のDiVa「永瀬清子の詩の世界」の告知記事掲載

山陽新聞 web news の地域ニュース文化欄でDiVaがお披露目する「早春」(詩:永瀬清子/曲:谷川賢作)の紹介と「永瀬清子の詩の世界」の告知が掲載されています。
本紙をご購読の方は詳細が紙面で読める!らしいです。
はたしてその曲は一体どんな曲か?!
どんな曲になるんでしょうね。
なにしろ2月11日にお披露目が決まってこうして新聞で告知までされてるわけなので、もう多分とっくに出来上がってると思うんですけど、賢作さんってものすごい控えめで恥ずかしがり屋だからスタッフMiもまだ聴かせてもらってないんですよー。
どんな曲か聴けるみなさまが羨ましい…。
ってなわけで当日を是非お楽しみに!


2010/02/12追記
下記に当日の模様の記事が掲載されていますのでご覧ください。
関連URL:山陽新聞地域ニュース「詩「早春」を楽曲にして披露 赤磐出身・永瀬清子さん顕彰


新春特殊似顔絵フェスティバル

みなさま、新年明けましたがいつまでも正月気分でだらだらしててはいけません。
スタッフMiなんて今日賢作さんちに行ってDiVa Winter Live 2009のビデオ観賞してきました。
まだ1月3日なのにもう外出歴1回という快挙。
なんかすごいアウトドア派な感じです。
で、なんとスタッフMi、TAM office男子部有人くんにお年玉もあげず、逆に有人くんからお年玉としてiPod Touchを貰ってしまいました。有人くん本当にありがとう!
そのうえめぐみさんと賢作さんからもいろいろ貰ってきてしまいました…。
なんなら毎日明日もあさってもずっと毎日行きます。
え?新年早々大人としてそれはどうなのか?
いや、スタッフMi全然大人じゃなくていいです。
あっっっ、でもそうすると衣装部夢ちゃんに服を注文できるような立派な大人になれないわけで…ああ、なんか生きるってほんとにつらい…。

と、まあ、そんなこんないろいろとそれぞれに悩ましい人生を送る大人なみなさまにお目出度い初日の出をご覧いただきたいと思い、スタッフMi正月休み返上で働きます。

早速「新春特殊似顔絵フェスティバル」開催です~!
どういうフェスティバルかというとですね、DiVa Winter Live 2009で賢作さんのMCをまじめに聴いていた賢作&DiVaファンのかたがたはしっかり覚えていることと思いますが、賢作さんが大坪さんの似顔絵を書いて送ってくれと、そういう話をちらっっとしたところ北は北海道南は沖縄までの全国から約2名の方が似顔絵を送ってくださいました!!ありがとうございます!!
では、新春特別企画「新春特殊似顔絵フェスティバル2010」、お楽しみください。
まだまだ1月いっぱい募集していますのでみなさまどんどん応募してみてくださいね。
この際なので大坪さんに限らず賢作さん、まこりんも描いていただいて結構です。 ※最大サイズを400px×400pxにしています。それ以上の場合のみ400px×400pxに縮小します。

賢作さんからのコメント:
泉谷むつみ様 まつばらあつし様
心のこもったおちゃめなイラスト(まつばらさんのは、ちと大坪がかっこよすぎると思いますが、、、みなさんいかがでしょう?)ありがとうございます!みんな大坪のことが好きなんだなあ~ よかったねおおつぼ ハトを大事に飼うんだよ!
Highslide JS
泉谷むつみさまの作品
Highslide JS
まつばらあつしさまの作品



12/26 お待たせしました DiVa Winter Live 2009

ってなわけでみなさま、本日南青山MANDALAで19時からスタートです。
スタッフMiがなんとな~く入手した内部情報によるとまだ若干お席ご用意できる感じのような雰囲気なようですので、ぜひ2009年最後のDiVa、そして2009年最後の賢作さんのステージをお楽しみいただければと思います。
もうあの、もし超満員になって席空いてなかったらスタッフMiトイレとかドアの外とかで聴くんで大丈夫です。遠慮なくどんどんお越し下さいね。
TRAVESSIA&TAM office一同心からみなさまをお待ちしています。

で、スタッフMi久々にDiVa聴けるのが嬉しいのでなんとな~くDiVaの写真アップしちゃいます。
これは2008年の11/28の伊丹アイフォニックホールでの公演のときのものです。
なんかこのまこりんの着物のような洋服のような着物がまこりん似合っててすごい可愛いですね。まこりんの自前ですかね。これで西友とかも行ってるんでしょうか。

Highslide JS
まこりん
蝶みたいなまこりん
Highslide JS
大坪さん
不思議なんですけど、なんでベースの人ってみんなものすごい優しいんでしょう
Highslide JS
賢作さん
Piano Solo vol.4、セレッソ、うたをうたうとき、DiVa BESTと今年新譜ラッシュだった賢作さん。
夢と希望をひたひたにたたえた音楽のみずうみ。



もうすぐ今年最後のDiVa

はい~、みなさま、今年最後のDiVaライブ「DiVa Winter Live 2009」、ご予約お済みでしょうか、大丈夫ですか。
青山だからって緊張しないでいいですよ、夜だからどうせ顔も洋服も見えないし、普段着でそのまま来ていただいても全然恥ずかしくないです。もうほんと気軽にお出かけくださいね。
スタッフMiももちろん普段着で行きます。ていうか普段着しか持ってないんですけど。サンタさん、スタッフMi衣装部夢ちゃん作の服が欲しいです。プレゼント、まだ間に合いますでしょうか。

あーそうですそうです、間に合うといえば26日のチケット予約まだ間に合うんですよ!予約お済みでない方、ぜひお申し込みくださいね。
まこりんのサイトの予約受付フォームでいますぐお申し込みいただけます。

賢作さんも what's newで書いているとおり、まこりん素晴らしいです。
ごはんでいうとお米が立ってる状態ですね。もうほんと食べてもらうために存在するだけになったお米という感じです。そのお米の状態をまこりんで言うと、ただ歌になった、まこりんは歌になっちゃったという感じでしょうか。俊太郎さんはもうかなり前にかぼちゃになっちゃってますが。

いま、これこのDiVa、ほんと素晴らしいです。あとゲストの鶴谷さん、鶴谷さんもいいです。まこりんを追い立てない。歌を追い立てないドラムって案外貴重なんじゃないかと思うんです。
追い立てない、とか、取り立てない、とか、スタッフMi非常に好きです。

DiVaって風景ですね。賢作さんと大坪さんと鶴谷さんが描いた風景の中で、まこりんが自由に歌っている感じ。
あ、DiVaのライブに行くって、その風景の中で起こることを体験するってことかもしれません。音楽の体験型アトラクションですね。
この世のどこにもない風景の中に入れるなんて、素敵すぎ。
というわけで、みなさま、今年の最後のDiVaの世界、思う存分お楽しみくださいね。


第16回日本音楽録音賞受賞式の様子

Highslide JS
「Face to face」
09年12月3日の授賞式の模様です。
塩澤さんは残念なことに仕事で出席できなかったそうです。佐藤さんが出席し無事受賞。
かねてよりお伝えしていた第16回日本音楽録音賞の授賞式(12/03)の様子が、受賞者である塩澤利安さんと佐藤洋さんから届きました。
すでに日本音楽スタジオ協会web siteで各部門受賞者が発表されています。
その他日本ミキサー協会、日本オーディオ協会、演奏家権利処理合同機構Music People's Nest、日本レコード協会の各サイトでも順次アップされるとのことで、ほかの受賞作品についてもごらんいただけます。
活字媒体ではSound&Recording、CDJournal、SwingJournal、StereoSound、レコード芸術等で記事掲載があるそうです。
塩澤さん、佐藤さん、おめでとうございます。
DiVaの音楽を素晴らしい音で残していただいて本当にありがとうございます!

追記:塩沢さんと佐藤さんお二人の写真を提供していただきました。
塩沢さんのメッセージによるとお二人の写真は「滅多に見られない貴重物」ということです。
そういえば、エンジニアの方のスーツ姿ってなかなか見られないような…。

Highslide JS
輝く
授賞の盾をお披露目。
マスタリングエンジニアの佐藤洋さんです。
Highslide JS
音楽
世の中にいい音楽をいい音で楽しむ幸せを生み出すアーティスト。
左が佐藤さん、右が録音/Mixエンジニアの塩澤さん



待ちきれない!

なんかもうあちこちにいろんなイルミネーションやら飾り付けやらものすごいありまくってどんどんどんどん年末が近づいている雰囲気がしてますね。
こんだけ年末っぽくなってくるとやっぱりみなさまどうしても年末の支払い関係などで気持ちが塞ぎがちなんじゃないかと思いますが、もうあと少しです。あと少し逃げ切れば来年です。お互いがんばりましょう。

さて、そんな小さな日常をことごとく忘れ去るためにどうしても必要な小さな幸せとしてTRAVESSIAとTAM officeがお送りする12/26(土)の「DiVa Winter Live 2009」、これスタッフMiものすごく楽しみにしてるんですけど、もうなんかとっても待ちきれない感じで今日(12/7)、まこりんのソロライブに行ってきちゃいました。
レポートは例によって「スタッフMiが賢作さんに断りもなしに勝手に作ったスタッフMiのお出かけ日記」略して「ス記」をご覧ください!


というわけで

そんな受賞があったりしていたりするDiVa、どんな音なのかどんな音楽なのかどこがどうどうなのかを知るためにはライブが一番ということで、今年予定されてるライブはあと2回、三重県四日市のメリーゴーランドでのDiVaクリスマスライブ(同日同会場で俊&賢のレクチャー「絵と本とことば」もあり)と、年末ライブ「DiVa Winter Live 2009」ですね。
これを逃すともう来年まで聴けないのでこれはもう是非どっちか今すぐご予約いただきたいと思います。

えっあと2回?じゃ、その間どうしたらいいの、どっかでなんか聴けないの?と思いますよね?
大丈夫です。
賢作さんはいろんなとこでいろんなことやってるし、まこりんも各所で大活躍、大坪さんは大坪さんでいろんなとこで大坪さんです。

書いてて思ったけどほとんど外出てないのスタッフMiだけでしょうか。いいんです外寒いし。
もう夏まで外出ないことに決めました。

で、そんないろいろに活躍してるDiVa関係ライブ情報のお知らせです。
DiVa&まこりんファンのみなさま、スタッフMiまこりんの最新情報得てきました。なんかすごいですか?
いいんですそんなお金とかいらないです。そのぶんでライブに行ったりCD買ったりしていただければと思います。
得てきたっていうかたまたままこりんから聞いただけだし。

緊急臨時告知:12/7(月) 荻窪 Velvet Sun まこりんのソロライブにあのmitatakeがやって来る!!

どうですか。すごい極秘情報です。まだまこりんのライブチラシにも出てない情報です。なんかもうスタッフMiいろんな組織からヘッドハンティングされそうで怖い…。
それでなんとmitatakeが来るだけじゃないんです。演奏もするということで、ってことは対バンなのかまこりん×mitatakeなのかその辺はどうなのか確か聞いたんだけど忘れちゃったんです。

とにかくなんかいいですよね、この組み合わせ。どんなことになるんでしょうか。これスタッフMi今から聴きに行くの楽しみにしてます。みなさまも現地集合現地解散ということで、是非大集合していただきたいと思います。

まこりんのライブ詳細はまこりんのオフィシャルサイトmakoring.comでご覧いただけます!


DiVaの「Face to Face」が受賞

音響エンジニアの塩澤利安さん(録音、Mix)&佐藤洋さん(Mastering)によるDiVaの「うたをうたうとき」収録の「Face to Face」が第16回日本プロ音楽録音賞のクラシック・ジャズ部門で優秀賞を受賞しました!

普段、特に意識して録音物の音質やバランスなど聴いている方は少ないと思いますが、特にCDやレコードその他録音された音楽を聴くときに「ああいい音だな」と思われたことがある方、はい、手を挙げなくていいですスタッフMiに見えないんで挙げなくていいんですけど、心あたりのある方、その「いい音」、それはもちろんミュージシャンが出してる音なんです が、録音というもの、これが実に奥深いものだということ、ご存じでしょうか。

え?なんかそんなのiPodでだって録れるしただ録音ボタン押せばいいだけでしょ?そんなの誰だってできるし、うちの猫だってたまに押すし、とか思った方、はい、スタッフMiには見えないけど今度は廊下に立っててください。実際スタッフMi阿佐ヶ谷ジャズストリート2009のDoT.のステージで録音ボタン押すのに失敗してます。賢作さんすみません。
いや、そういうことじゃなくてですね、DiVaやパリャーソなどいわゆる声も含めて生楽器の音で作られた音楽ですよね。 こういう音楽、この生の音を生の通りに録音すること、実はこれがもう人類の夢と言っていいくらい至難の業なんですね。

まず人間の耳とマイクの聴いてる音は違うわけですね。その他いろんな機械的な事情などがあって録音した段階で必ず生の音とは違っちゃうわけです。それを、いかに生の音に近い状態でみなさまに聴いていただけるようにできるか、いい音をいい音のまま捕らえられるか。ここが音響エンジニアの手腕なわけです。
つまりいかに生らしい音、生に聞こえる音を作るかということになるんですが、ここ、これが超重要な部分なんですね。

Highslide JS
気持ちのいい音
この写真は「朗読と詩のコンサート」のときのものです。
うたをうたうとき録音時ではないけど、まこりんが気持ちよさそうにシェーカーを振っている姿があまりにいいのでここでお披露目。いろんな気持ちよさが集まって音楽になるんですね。
photo:賢作

もちろん生に近いのが絶対的にいいというわけじゃなくていろんな音楽のスタイルがありそのそれぞれに合った音を作るわけですけど、DiVaやパリャーソなどは完全に生楽器と声だけなので限りなく生に近い状態に保ちたいわけです。
じゃないとファンのみなさまから「大坪さんの鼻息はこんな音じゃない」とか「賢作さまのピアノはこんなに125Hzにピークがない」とか「俊太郎さんの声はもっと艶がある」とか「どうでもいいけどまこりん可愛い」とかいろいろ言われて大変なことになります。
そういうことを聴く人に感じさせず単にいい音として聴いていただくためにこうして素晴らしいエンジニアのみなさん(もちろんライブでの音を調整するPAエンジニアの方も含めて)が日夜活躍しているということ、ここをスタッフMiみなさまに是非お知らせしたい、こう思うわけです。

賢作さんがなぜブログでこの受賞を伝えたかというと、それはもうミュージシャンにとっては自分の演奏をみなさまに聴いていただく「最終出口」とも いえるエンジニアの方々の重要性をよーーーーーーーーーーく分かっているからに他なりません。

いやーしかしほんとスタッフMi常々こういう普段表立ってみなさまに知られることが少ない方々をご紹介したいと思ってて、その第一弾がyamasinさんだった(yamasinさんの個展に行く参照)んですけど、そのyamasinさんをはじめとしたグラフィックアーティスト、写真家の方々、調律の宮崎剛史さん(宮崎さんについては賢作さんがせんくらブログのここ、9月15日の記事で書いているのでご覧ください)、そして今回ご紹介できたエンジニアの塩澤さん&佐藤さんなどなど、谷川賢作の作品に関わる、目立たないけどほんとに重要な部分を担う方々もまたミュージシャンと同じアーティストであることをスタッフMi強調したいと思います。
そして各地のライブハウスやホールでの公演を支えてくださっている主催者やスタッフの方々、また作ったCDを販売してくれる方々、そういうみなさんがいてくれるからこそ身近に音楽を楽しむことができるわけだし、もちろんお客様みなさまがチケットやCDを買ってくださるからこそミュージシャンは音楽を作り続けられるんだし、あーもうほんとスタッフMi全人類のみなさまにどうやって恩返ししたらいいか…。

でもあるんですよね、お目当てのミュージシャンにはものすごく丁寧なんだけどそういう裏方のみなさんには「は?あんた誰?なに?」みたいな感じで接する方を目撃してしまうことがたまーに。
しょうがないんですけどね、裏方って普通の人にしか見えないし、なんか得体が知れないし。
ライブやCDで素晴らしい音楽を聴いたとき、それを楽しめるのはミュージシャンと各現場のいろんな裏方のみなさんの共同作業の結果だということ、ちょっとだけ思い出していただけたらと思うんです。

ともかく素晴らしい状態でDiVaを残してくださった塩澤利安さん&佐藤洋さん、ほんとうにありがとうございます!




お勧めの年末ライブとは

もうどうしてこう素敵な企画が思いつくんでしょうか。

クリスマスはどっちかっていうとあれですね、なんかこうバタバタと騒がしいイベントな感じでケーキ食べたりフライドチキン食べたりプレゼント貰ったり受け取ったりいただいたりしないといけない感じになっててとてもじゃないけど落ち着いて過ごせない方が多いんじゃないかと思うんですよね。
もうあんまりイベントが多くてとてもクリスマスどころじゃないのがクリスマスという、全然何の日だかわかんないてことになってるような気がします。

なわけでクリスマスは外に出ると混んでて絶対外には出ないとかデートがあるから来ないとかそういう言い訳ができないように目を付けたのがクリスマスの翌日というわけです。
この企画一体誰が考えたんでしょうね。頭良すぎです。
TRAVESSIAの前田さんとTAM officeのめぐみさんでしょうか、ほんとに素敵な思いつきです。
どうでしょう、DiVaの音楽くらい素敵ですよね。

と、いうわけで、その素敵なライブのチケットがなんと、もう、発売になってるということで、スケジュールページにはもうアップしてましたが改めてここでもお伝えしたと思います。

DiVa Winter LiVe 2009チラシ表

DiVa Winter Live 2009
日時:2009年12月26日(土) 19:00開演(18:00開場)
会場:南青山MANDALA
出演:DiVa [高瀬"makoring"麻里子(Vo.), 谷川賢作(Pf.), 大坪寛彦(B.)]
そしてゲストに鶴谷智生(dr)! チケット:4,700円(税込・ドリンク付)
チケット取り扱い場所は:
南青山MANDALA店頭 (03-5474-0411), TRAVESSIA (090-8720-0487 travessia@mbn.nifty.com)
主催:TRAVESSIA 協力:TAM office

チケット予約申し込みの詳細はスケジュールのページでご覧いただけます

ここを見たのをきっかけに、後でなんて言わずに今すぐご予約くださいね。
今ご予約いただけると当日までより長く楽しみが味わえます!
ものすごいお得感ですね。

それで、このチラシ、これご覧ください。
ほんとに美しいです。
あ、まこりんはもちろん美しいんですけど、今スタッフMiが見てるのは、大坪さんです。
違います、そうではなくて、このチラシのグラフィックです。
これはトップページでもご紹介したyamasinさんの描き下ろし作品なんです。
この柔らかい青。青という言葉では表せない青。これ冬の街の夜の色ですよね。
夜って黒じゃないですね、青。
で、このまこりんが今日のおやつは何にしようかと想いに耽っている家の形のにじみというかボケが、暖かい家の灯りそのものです。こういう暖かい家庭の灯りって、憧れますね。


12/26は南青山MANDALAが美しいものに出会う幸せいっぱいの暖かい家になってTRAVESSIA&TAM officeとともにみなさまをお待ちしていますのでぜひぜひお出かけください。
スタッフMiも今から楽しみにしてます。



10/10締め切りなので

DiVa&俊太郎ファンのみなさま、秋です。
スタッフMiが個人的に秋をお知らせします。

秋って、なんとなく気が抜けませんか。
夏が終わってほっとするというのもあるし、あの寒い冬に向かう心構えをするための準備期間だから、まあちょっとくらい休んでもいい、そんな気がするのが秋ですよね。
そんな気が抜けた状態にいい感じで刺激を与えるDiVa、直近のステージはトップページでもお伝えしている26日の鎌倉です。

で、そのあとは10/25の井の頭公園彫刻館でのステージなんです、が、これの申し込み締め切りが10/10なんで、もう今、ちょっとあとでとかまた今度とか言わずに今どんどん申し込んでくださいね。

スタッフMiこれものすごい楽しいと思うんです。
もうほんとお勧めです。
だって井の頭公園の動物園ってツシマヤマネコいるんですよ。
でも対馬に住んでるからツシマヤマネコなんだから吉祥寺に住んでたらキチジョヤマネコになっちゃうんじゃないですか。
やっぱりそれなりに悩みがあると思うんですよねツシマヤマネコの立場上。
やっぱなるべく対馬っぽくしないといけないのかなとか、本当の自分とは違うけどちょっとワイルドさを出した方がいいのかとか。

ともかくそんなキチジョヤマネコもいるし、それでまたここ、この会場の彫刻館、ここ面白いです。
スタッフMiは以前、全然彫刻に興味ないのに人がいないところを探して歩くうちに偶然この彫刻館に入ってしまって、仕方なく観てたんですが、ここになぜか平和の像があるのを発見!
なんかしかも大きい。すごい大きい。
大きい偽物ってなんかすごくないですか。

で、この偽物、偽物と言っても本物を作った人が作ったという由緒正しい本物の偽物なんですけど、とにかくこっちにあるのは本物を作る前の偽物ということになり、けど本物を作る前に作った偽物ならそれが本物なんじゃないか、と、当然そういうことになると思うんですがどうなんでしょうか。

ところでこの本物を作った人、北村西望という方、ものすごい量の彫刻作ってます。
すごいたくさん作ってるのが加藤清正の像で、加藤清正を極小から特大まですんごい作ってます。マトリョーシカみたいです。
しかも会ったことないから想像で作ってます。すごいです。

ちなみに加藤清正ってスタッフMiの中ではなんか特攻隊員かなんかの人のはずだったんですけどここで熊本城に住んでた人だと知りました。ていうか誰なんでしょうか。

で、中にはどう考えてもわざとばかばかしいのを作ったなと思うのもあるんですが、せっかく笑ってもらえると思って作ったのに、たぶんここに飾ってあるってことはこれも有り難がられちゃったんだなあと北村さんの心中についても深く思わざるを得ません…。
っていう感じで、そんないろんなことを考えさせられる井の頭公園、ここでDiVaのライブも聴けちゃうなんてどう考えても幸せ過ぎます。しかもなんと無料!!
その代わり200名限定ではがきでの申し込み、10/10消印有効なので、お申し込みはお早めに!



CDジャーナルの俊賢インタビュー特別編

お待たせしました、CDジャーナル小沼さまよりDiVaファン俊太郎ファン賢作ファンのみなさまに特別プレゼントです!
ああ何が書いてあるんでしょうか。もう2行待ってください。
ではここに全て惜しみなく全文掲載してしまいましょう!
小沼さまありがとうございます。



CDジャーナル「親子対談」 interview&text / 小沼純一
番外編

以下、CDジャーナルにはいりきらなかったインタヴュー

谷川俊太郎の詩につけられた曲

-----これまでいろいろなところで俊太郎さんの詩に音楽がつけられています。

俊太郎:これまで、僕の詩が歌になった歴史を振りかえってみるとね、最初は團伊玖磨とか芥川也寸志とか偉い先生だった。僕はまだペーペーで。書いてくだすって、面白いと思うのもあるし、それから向こうは西洋クラシックの重鎮ですから、なんかよそよそしく感じちゃったりすることもあった。それから間もなく、高石ともやとか、関西の方からフォークの運動が起こってきて、小室等なんかがすごい気軽に歌を作ってくれる。その方がずっと、お偉いさん方が作るよりも親身に感じて、ああこういう風に現代詩が歌になるのは素敵だなっていう風に思っていた。それでもそういった歌の人たちと一緒に朗読の舞台とかいうのはあんまりない。それが、もう字を書くのが嫌だななんて僕が思ってたときにライヴの話が来た。それまでも朗読はすごく大事だとは思っていたけど、そうチャンスがなかった。でも今度の場合には歌もあるし、こっちも気軽に参加できていい。それから参加しているうちに、声を出してお客さんにウけるのが面白くなってくるわけ(笑)。活字だとねえ、何にも返ってこないじゃない? たまにハガキが来るくらいで。今の客はときどき笑ったりなんかするし、たまに出て行っちゃったりするやつがいると、こっちはドキッとしたりね。それでなんか深みにハマっていった。

-----俊太郎さんの詩はたしかに歌になっていることが多い。でも、一方で「現代詩」というと、声に出して聴けない、意味がとれないというものが少なくないですよね。声にだしてわかる、ということは詩を書き始めた頃から意識されいらしたのでしょうか。

俊太郎:いや、初めは全然意識してなかった。基本的に僕は大学にも行っていないし、教養がないんですよね。あ、笑ったね(笑)。でもほんとなんだ。うちは父親が哲学者だったから、なんかみんな教養があると思いこむらしいんだけどさ、僕は本当に歴史の知識とかそういうのがだめで、詩を書くときも難しい言葉が使えないんですよ。使おうとも思わないし。それからもう一つは、僕は最初から物を書くことで食ってきたわけですよね。他に能がなくて。だからやっぱりわかってもらわないと売れないわけじゃないですか。それが一番大きな理由で、そんな難しい言葉で書くということがなかった。とはいえ、なかにはけっこう難解な現代詩もあるんですよ。みんなそれは無視してますけど(笑)。だから僕はそんなに意図的じゃなく書き始めて、でもやっぱり読者を広げたいとか、それから、現代日本語の問題点というのは、僕は漢字漢語にあると思ってるから、できるだけひらがなに開いたものを書きたいなと思って、それでやはり歌に接近してるんでしょうね、きっと。それからもう一つは、現代詩の音の質に関して、僕は相当敏感ですね。そうじゃない人たちもいるんだけど。僕は意味と同時に音韻面での推敲というのをすごくするから、それがやっぱり歌にしやすいことの一つの原因だと思います。でも前に林光だか湯浅譲二だかに、「君の詩は歌にしやすくて困る」って言われたことがありますよ。「なんかメロディが出てきちゃうからよくない」みたいな(笑)。

-----いま、ひらがなっておっしゃいましたけれども、ひらがなだと、複数に、多義的にとれるというところがあります。それが、声にしてしまうと意味が確定してしまう。そこがちょっとつまらなく感じてしまったり、難しいなと思ったことがあります。歌でもやっぱりある種意味が固定してしまう。そこがひらがなっていう問題の難しさなのかもしれませんが。 俊太郎:僕の詩を中国語に翻訳してくれている中国人は、ものすごいひらがなの詩を嫌がりますね。ものすごく訳しにくいって。だいたいたどりにくいっていう。それは日本人の読者にも言われますね。だからそれは意味を多義的にとってしまう場合もあるし、僕はひらがなはわざと、「しらべ」のようにしたいからあんまり句読点はつけないんです。それで余計わかりにくくなるみたいね。

口ずさまれる曲、表現としての詩/詞

-----俊太郎さんの詩が曲になって、口ずさめるようになりますよね。ただ受動的に聴くだけじゃなくて、それが鼻歌になったり、そういうことは望まれていますか?

賢作:望んでますね。

-----そういう意味では、歌曲でもロックでもほとんどはいまの音楽は受動的に鑑賞するものなわけでしょう。カラオケに行って歌うことはあるかもしれないけれど、とはいえ、口ずさむっていうのとはちょっと違う行為じゃないか。だからそういう意味では俊太郎さんと賢作さんの接点というかな、言葉があって音楽が口ずさまれるというところでは、ひじょうに重なっているところがある。

賢作:もう口ずさまれるところにいきたいですね。

-----そういう意味では賢作さんの音楽は、童謡などにも近い、とか?

賢作:近いかなあ。でも、ヘンな曲はヘンなんですよ。この《Face to Face》とか《Three Melodies-1》なんていう曲は、絶対カヴァーできないだろう、っていう曲です。ものすごい傲慢な自意識で書いた曲で。そういうのがDiVaには混在してこんがらかってる。だからこれコンセプト何?って聴かれても「ない」んです。

-----さっき3人の考え方が違うという風におっしゃっていましたが、どうですか?

賢作:まこりんのおもいは新作のライナーノートにびっしり書いてありますから、代弁することもない。でも、彼女はやっぱり、すごい楽しんで歌ってくれているし、彼女のすごいところは、僕の口ずさみ系の曲から自意識過剰系の曲まで自在に歌ってくれるところかな。

-----例えば、いろんな人が歌うという可能性がありますよね。他の人が歌いたいという話が出てきたりはしない?

賢作:いやあ、宣伝力不足ですね(笑)。まずは曲の存在を知ってもらうしかないかな。僕の誇りは「さようなら」を矢野(顕子)さんが歌ってくれたことです。聴いた時は衝撃だった。

-----では逆に他の人が俊太郎さんの詩につけた曲を、DiVaでやろうとは思わない?

賢作:高橋悠治さんの《はこ》とか《ゆめのよる》とかもう大好きだしね。やってみたいですね。

-----俊太郎さんの詩というところから、歌になるような詩、といういうところに広がってね。いまの子は詩を知らないんです。歌詞、「詞」は知ってるけど、現代「詩」というものが存在していることを知らない。けっこう危機的な状態で。

賢作:コンサートで、女の子とかけっこう持ってきますね。自分が書いた詩を。
俊太郎:詩を書いている子はすごく多いですよね。

-----どうですか、そういう詩は。

賢作:まあほとんどがぴんときませんけども(笑)。それで、なんだかわからないけれども、みんな音楽の方にゆるゆる向かって行っちゃってるような気がするんだけどな。

-----俊太郎さんの詩は歌になってもある種のイマジネーションを刺激するというところがあると思いますけれど、どうも多くの歌についている詞は日本語として独立したものではない、そのまま読めるものではない。そこがこれからどうなっていくのかなっていう気にはなります。

賢作:それは啓蒙していくっていうことに繋がるよね。俺もなんかそういうことを言いそうになっちゃうんだけど、すべての表現は出尽くしていると思うんですよ。映画も音楽も新しいものはいらないし。そうすると過去のものすごい豊穣な表現の遺産を知らずに若者は成長し、死んでいく。ほんとはそういう評論家みたいなことはいいたくないんだけど(笑)。新しいもん作ってる場合じゃねえだろって(笑)。言いそうになっちゃいますよね。まあだけどしょうがないです。

コンサート・ツアー

-----今度の白寿ホールでのコンサート、さらにコンサート・ツアーはどういう風につくられるのでしょう?

賢作:もうプログラムは作ってあります。1時間40分でギリギリのプログラムを作りました。今これを聴かせたいという私のエゴが1時間40分ビシっと詰まったものになりますね。朗読はいつもと同じように、歌の間にふっと入ってくる感じです。

----ホールはどうですか?

賢作:実は僕、新しいソロのCDをここ、白寿ホールで録ってます。ピアノのコンディションも最高ですし、ホールとしては大好きです。あと、やっぱり待っててくれた人もいるわけだから、我々の中でのスタンダードはプログラムには入れるようにしましたね。

-----じゃあスタンダードと新しいものを合わせて、それで新しい聴き手に来てほしいというところがある、と。こういう人に聴いてほしいというのはありますか?

俊太郎:僕はもうお客さまは神様、という人だから、もう自由に聴いてほしい。自由に読んでほしいというだけですね。

------言葉を最大限に活かそうという感じで作曲してらっしゃいますか?

賢作:それは100%の人たち、歌詞の言葉がよく聴こえないロックの人たちもそう考えているはずなんだよね。思わず「何言ってるんだろう」ってライナーノートを開かせたらそれは勝ちだもん。言葉が文字から伝わってくるっていう逆の感じ方がもう既にあるわけだから。だからDiVaも実験色を出すならば、そういう曲を作ってもいいかもしれない。わざと発音を不明瞭にして、「何言ってるんだろう」って気になるような曲ね。それは彼女、まこりんの弱点なんですよ。あまりにも発音がクリアで、すべてが明瞭なのが。

-----曲を書くときに、彼女の声とか歌い方というのは想定していますか?

賢作:いい質問ですね(笑)。テクニカルなものは想像しています。童謡的なものは「あ、これは俺でも歌えそうだ」っていう下心とともに作ってます(笑)。音域などもばっちりわかってますから。その関係性は現代のクラシックの作曲とパフォームの関係性と一緒ですね。

いかがでしたか。とっても興味深い話で、なんかこういうプレゼントって嬉しいですよね。
ところでそうなると気になるのがCDジャーナルのインタビュー本編ですよね?まだ買ってないという方、大丈夫です、そんなこともあろうかと、まだ全国の書店で売ってます!
なんという幸せ。このインタビューを読んでそして「うたをうたうとき」「詩は歌に恋をする ~DiVa BEST」を聴く、そんな小さな楽しみがしみじみと生きる喜びに思えることが幸せなのかも、なんて思うんです。



DiVaアルバムリリース記念ツアー、第1クール終了です

5/22 Hakuju ホールでスタートした、Wリリース記念コンサート&ライブツアーの各会場にご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
歌姫 makoring 本人によるツアーレポートは下記から
http://www.makoring.com/blog/dddd/

ツアー時の写真が届きました。
浜松と飯田のみではありますがまこりんブログと併せてお楽しみください!


Highslide JS
浜松 Hermit Dolphin
店名がうなぎだったらどんな看板になっていたんでしょうか
Previous | Next
Highslide JS
待っていて
CDでは聴けない音
体全体で聴く音楽
Previous | Next
Highslide JS
うたっているですよ
ああまこりん、もうどんどん歌って歌って!
「うたをうたうとき」って「うたをうたっているとき」とすごい似てるけど全然違うんですよね。
こういう違いを人はいつどこで覚えるんでしょう。
ところで3枚目のタイトルはどうなるのか気になります。「ほんとうにうたっていいんですか」だと思うんですが。
Previous | Next
Highslide JS
賢作さん
DiVa、パリャーソ、ソロと今年新作ラッシュの賢作さん
Previous | Next
Highslide JS
大坪さん
ほんとに楽しそうな大坪さん
いい笑顔です
Previous | Next
Highslide JS
三人で
DiVa
それぞれがそれぞれにそれぞれを
Previous | Next
Highslide JS
飯田CANVAS
打ち上げでのスナップ
音楽はミュージシャンだけが作るのではないと、いつもそう思います
全国のお客さんみなさんとスタッフのみなさんに感謝しつつ
Previous | Next
Highslide JS
これは!!
いいえ、違います
大坪さんです
ケムール人じゃないんです
賢作さんからのコメントにそう書いてあったので多分大坪さんです
Previous | Next


DiVa新録音のCMオンエア!

ツアーの合間を縫って録ったCMの曲、一体どんな曲でしょう?
6月6日(土曜日) フジテレビ「めざまし土曜日」の中のコーナー「めざ街エコクロック」(8:00~8:18) のCMです。



「うたをうたうとき」5/24発売

ライブ会場では特別先行販売をしていたNew Album「うたをうたうとき」が24日正式リリースとなります。「うたをうたうとき」、そしてWリリースのBEST盤についての詳細はアルバムのことをご覧ください。



いよいよツアースタート

Wリリース記念コンサートにご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
ツアーは23日の千葉から始まり31日の福島まで5箇所を旅します。皆様お近くの会場で是非お会いしましょう。ツアーの日程を含むDiVaのスケジュールはDiVaのスケジュールページでご覧いただけます。



DiVa オンエア情報

仙台のFMいずみで、ニューアルバム「うたをうたうとき」からTake me to a record shopがオンエアされることになりました。 残念ながらインターネット配信はありませんが、圏内にお住まいの方は是非チェックしてみてください!
FMいずみ
3/21(土)16:00~「さとうの気持ち」
アルバム「うたをうたうとき」特集第一弾!
4月からはエンディングテーマとして「Take me to a record shop」採用!



DiVa、インターネットTV「はいからCHANNEL」で配信中!

1ch「はいから万歳」で前編/後編として2週にわたり配信されたDiVaインタビュー、バックナンバー配信中です。
4/17~4/23 前編 出演:谷川賢作&高瀬 "makoring" 麻理子
4/24~4/30 後編 出演:大坪寛彦&高瀬 "makoring" 麻理子
トップページ中央左手「1ch はいから万歳」をクリックしてご覧ください。
なお、ご使用のコンピュータ、回線状況によって再生までに少し時間がかかる場合があります。

関連URL :
スケジュールページ >>
DiVaオフィシャル・サイト http://www.makoring.com/diva/

谷川賢作 official website - DiVa

DiVa

  • News
  • うたがうまれる
  • うたをうたうとき
  • DiVaって?
  • なんか自由
  • そのほかのDiVa
  • もっとDiVa
DiVa news  
最新ニュース | うたがうまれる関連 | 過去のニュース



9/5(木)、「うたがうまれる」発売記念ライブ第一弾、是非ご予約ください

みなさまお待たせしました!
いよいよ9/5(木)、DiVaニューアルバム「うたがうまれる」の発売記念ライブ開催です。

Highslide JS
130905 チラシ表

Highslide JS
130905 チラシ表
9/5(木)「うたがうまれる」リリース記念ライブ第一弾

会場:音楽実験室 新世界

出演:DiVa
高瀬"makoring"麻里子(vo)
谷川賢作(pf,pianica)
大坪寛彦(bass,recorder,ukulele)

時間:開場18:30 開演19:30

チケット:ライブチャージ
予約3,000円
当日3,500円
(共に別途ドリンク代)

新世界の公演情報ページからオンラインで予約可能

DiVaファンのみなさまはもちろんだけど、スタッフMiほんと今回このライブをきっかけにDiVaは知ってはいたけどいままで聴いたことがなかったとかDiVaの存在自体を知らなかったというみなさまに是非聴いていただきたいなと思ってます。

詩とか全然興味ないみなさま、大丈夫、それ全然大丈夫です。
なにしろスタッフMiも詩とか俳句とか百人一首とかどれがどれやらわかりません。
もういい、この際言うけどそういうのわかんない。

スタッフMi実際のところDiVaは短編映画だと思ってます。
DiVaを聴いてると情景が見えてきて、最初はまこりんがその情景を案内してくれてるんだけどそのうちいつのまにかまこりんの声が自分の声になってだんだん自分がその世界の中でいろんな人生や暮らしや光景を体験するんです。
誰かが言ってるのでも誰かが歌ってるのでもなく自分がその気持ちを感じるわけですね。解説も翻訳も無しで。

映画は自分は自分としてちゃんといて、別の誰かの気持ちを想像する立場だけど、DiVaは自分がいろんな人生を生きる自分を味わう体験型アトラクションなわけです。
ここ、ここです、ここがDiVaの最高に素敵なとこ!
もうね、スタッフMiなんでDiVa好きかっていうとそこです。
自分の人生の中でDiVaの歌の数だけ別の自分の人生を生きられる、これみなさま冷静に考えてください、こんなお得なことありません。
スタッフMiほんとにDiVaいっぺん聴いてみてほしいと心からそう思ってます。

で、そんなことよりもまずこのチラシこれがいい。実にいい。
賢作さんとyamasin(g)さんがなにやら相談して作ってたということですが、ぜんっぜん今回のアルバムのジャケットともブックレットとも関係ないイメージを持ってくるあたりマジで最高です。

と思うと思うんです、みなさまは。
が!!
ちゃんと読んでるみなさまはこれが「うたがうまれる」と密接に絡み合う非常に深い内容だと気付くっつーことで、あーもうこういうのほんと好きですスタッフMi。
なんでしょう、もしかして賢作さんとyamasin(g)さんってスタッフMiのことものすごい好きなんじゃないですか。
どうなんですかその辺のとこ。

そういえば、しゃがんでるジャケット写真ってジャケットとしては非常に珍しいのでですね、ジャケットコレクターのみなさまとか珍品収集家のみなさまとかとにかくなんでもいいからみなさまに買って欲しい「うたがうまれる」、聴くたびにみなさまひとりひとりの心の中にうたがうまれるDiVaの歌の世界をじっくりと楽しんでいただきたいと思います!

ご予約はいますぐ、新世界の公演情報ページからオンラインでご予約くださいね。
TAM office一同&新世界スタッフ一同完全にお待ちしています〜!

関連URL : DiVaオフィシャルページ
関連URL : スケジュール「9/5(木)六本木 DiVaニューアルバム「うたがうまれる」リリース記念ライブ第一弾
関連URL : アルバム詳細情報ページ「うたがうまれる



7/28(日)は大津で歌に恋して&新譜「うたがうまれる」ついにリリース!

Highslide JS
DiVaの今
おおお!!まこりんが可愛いのは当然として賢作さんと大坪さんがカッコいい!!
衣装はポエガールいく子さんとも親しいツクリバナシさんの作品&スタイリングは元衣装部夢ちゃん現谷川夢佳さんが担当してます。
はい〜!
なんかまだまだ先だと思ってたら発売日はもうすぐそこ!のDiVaの新譜「うたがうまれる」まであと少し、もういま既にAmazon では予約受付開始してるっつーことでスタッフMiサンプル版持ってるにも関わらず思わず予約してしまいそうなんですが、なぜかというとサンプル版にはジャケットが無いからです。
「うたがうまれる」はジャケット/ブックレットにも力入ってて、もうね、ほんとこのアルバム、曲も歌も全部いい、だからこそ今度のアルバムはこんな風にしたいとDiVa及びTAM OfficeスタッフそれぞれのDiVaが詰まったとっても大切にして作ったアルバムで、だからジャケットもブックレットも見て楽しみたいからなんです。

で、そのアルバム発売日7/28(日)は大津での俊太郎+DiVaの公演「歌に恋して」の当日でもあるってことで是非この日なんとな〜く新譜リリース当日のDiVaを聴きに行ってみるなんてそれとっても素敵!
まだご予約可能なのでいますぐご予約くださいませ。

もちろんいずれはiTunesとかね、そういう配信サイトでも買えるようになると思うんですけど、ダウンロードで買うと一番困るのはジャケットもブックレットもついてないってことで、ついてるのもあるけどついてないのがほとんどで、ともかくこれ同じ料金払ってるのにブックレット見られないってのはなんかこう、ね?なんか寂しいんですよね。
だからまずCD現物を買ってじっくり隅々まで楽しんで味わっていただきたいと思います〜!

「うたがうまれる」はほんとに全曲全域余すところ無くいんだけど、スタッフMiが特に1曲だけこれは絶対にみなさまに聴いて欲しいと思うものをピックアップしてと言われたら迷わず「階段の上の子供」を挙げますねこれ。
これがいい。本当にいい。
スタッフMiこれ聴いてなんだか泣いてしまいました。
階段の上にいる子供が可哀想とかいうんじゃないし、何もしてあげられないの自分が悲しいとかいうんじゃないんです。
なんかこうね、なにか話しかけたいのに名前がないから呼ぶことができないってとこ、ここ、ここでなんかわかんないけど寂しくなったんです。
なんなんでしょうこの純粋な寂しさ。
詩の自動販売機俊太郎さんいやー、これいい、俊太郎さんもうこれ書いたってだけでね、他何も書いてなかったとしてもいい詩人ですよマジで!!
んで、ここです、ここで賢作さんの音楽がいい。
この夢の中の出来事みたいな光景だけを作ってるとこが本当にいい。

この曲では可愛いまこりんが大きな、なんか、空ですね、空ですまこりんは。空なんです。
空が見てるわけですスタッフMiと子供を。
その空がまこりん。
大坪さんは階段とその両脇のブロック塀。
スタッフMiと子供を見てる空を見てる。

「階段の上の子供」、この美しい寂しさを聴いて欲しいスタッフMi…。

あとね、あと「Three Meodies 2」もすごい好きです。
これこの揺れ動く美しさはなんなんでしょう。
もうほんとまこりんが歌わないと意味ないし全部!
「おいで〜」とか言われたらスタッフMi全然メロディーじゃないけど行く行く!いますぐ!どこ?まこりんどこっ?

あやつり人形劇場もいいですねーこれ。
この詩、これこの詩にこの曲だからいいんですこれ。
これ以外にどんな曲つけられるかって言ったら、これしかないわけです。
この曲で海沼さんが演奏してるある楽器がとっても効果的で大好きです。
海沼さん本当にいい音楽家です。

それと!「いるか」も実にいい。
これはもうねスタッフMiいるかですいるか。いまいるかですスタッフMi。
泳げないスタッフMiこの曲の時だけ泳いでます。
すいすいと深い海の中をどんどん泳いでます。 この曲はミックス担当の塩澤さんのセンスが特に素晴らしい…。
なんてロマンチックな「いるか」。

もちろんそれ以外の曲もいいんですけど全部お勧めになったらお勧めじゃなくなっちゃうし!
ていうか最初1曲だけってことだったのにああまだ書きたい…。
そんなこんなとにかく全部がお勧めなんですね結局のところ。

ってな感じで発売もうすぐの「うたがうまれる」、発売日公演の「歌に恋して」、そして六本木新世界での「うたがうまれる」発売記念ライブ「9/5(木)六本木 DiVaニューアルバム「うたがうまれる」リリース記念ライブ第一弾」この3つ、ついでだから全部ぜひご予約しまくっていただきたいと思います〜!

utagaumareru


みなさまお待たせしました!
広く深く高く広がるDiVaの新しい世界、「うたがうまれる」いよいよ7月28日リリースです。

前々作が「うたっていいですか」、そして前作が「うたをうたうとき」ときて次のタイトルはどんなんかな〜?とDiVaファンのみなさまきっと各自独自にタイトル考えたりなんかして楽しんでいただいてたと思うんですけど、今作は「うたがうまれる」ってことでですね、なんですか、なんかだんだん時間を遡っていってる感じな様相のものすごい意外な展開になってるあたりがとってもDiVaらしい楽しさにあふれてると、スタッフMiそう思うんです。

普通はあれですね、生まれてからだんだんいろいろ覚えたり学んだり悩んだり苦しんだり挫折したり打ちひしがれたりもうだめ前々だめこの人生!!ってなったりしたあとで、でも、とにかくもうなんかほんとなんていうか歌っていいですかっ!!!ってなると思うんですけど、いきなりうたっていいですかって訊かれてちょっとうろたえたみなさま、大丈夫です、スタッフMiみなさまの気持ちよーくわかってます。

そんなことはともかくあっさり本題に入りますがいいでしょうか大丈夫でしょうか。
今回前置き短いです。
なにしろお伝えしたいことが多いので個人的に先を急いでます。



utagaumareru_jacket 「うたがうまれる」収録曲
01 あなた
02 ころころ
03 しあわせ
04 数える
05 黒い王様
06 うそつき きつつき
07 歌に恋して
08 あやつり人形劇場
09 階段の上の子供
10 Three Melodies 2
11 すり
12 はこ
13 腕の家
14 いるか
15 私たちの星

作曲:谷川賢作 作詩:谷川俊太郎 ※10 作詩:谷川賢作, ※13 作詩:テラサキミホ

DiVa:
高瀬"makoring"麻里子 vokal
谷川賢作 piano
大坪寛彦 bass, recorder, etc.

guest musician
海沼正利 percussion

発売元:トゥルバドールカフェ/地底レコード 配給:メタカンパニー



はい〜っ!!!
ってなわけでDiVaの「うた」3部作の完結編となるDiVaの細心アルバム「うたがうまれる」、これスタッフMi一体どんなとこが好きかっていうと、まずなんといってもまこりんが好きです。

まこりん、まこりんはなんでそんなに素敵なの?

いや、答えなくていい、答えなくていいです。
ていうかみなさま勝手に答えないでください、いまスタッフMi家賃のこととか年金支払のこととか各種締め切りとかなんか俊太郎さんが買ったけど自分で飛ばせないから飛ばせて見せてくれっていうラジコンのヘリコプター飛ばす練習したりとかそういうの一切忘れて心の中でまこりんとの会話を楽しんでるのでほっといていただきたいと思います。
あと2年くらい前に入れた奥歯の差し歯がとれちゃったけどいまそういうのも関係ないです。

ともかく、まこりんがなぜこんなにも素敵なのか、まこりんがなんでこんなに魅力的な姿で自分の中に現れるのかというと、きっとまこりんの歌が自分の歌のように自然に気持ちに馴染むからだと思うんです。
ここです、ここんとこです、俊太郎さんが「まこりんの歌で聴くと、詩が活字で読むよりもずっと深く心にとどくのに驚く」と言ってるのは。
ね?ですね?そうですね俊太郎さん!
いや、答えないでください、違ってたらここまでの流れ書き直さないといけないんでそういうことにしましょうとりあえず!!
ていうか、聞いたけど、答えを聞きたいわけじゃない、これね!この気持ち!
もしかしてこの気持ちこそが詩?

ってな具合にですね、DiVaを聴くとそれだけでスタッフMiまで詩人化してしまうというなんとも微妙にお得なおまけがやや嬉しいですかみなさま。
どうでしょうその辺。

Highslide JS
うたがうまれる チラシ表
Highslide JS
うたがうまれる チラシ裏
そんなこんないろんな感情を呼び起こしたり呼び覚ましたり、したりされたりされたりしたりする「うたがうまれる」。

収録曲15曲の全曲が賢作さんの作品なんですが、賢作さんの曲がいい。
賢作さんの曲の良さはなんと言っても言葉・詩のその世界を、解釈するよりも先に感じさせてくれる、ここです。
これほどうまく言葉と音を結びつけてイメージを作れる人はいないと、そこんとこスタッフMiが自信を持ってお知らせします。
この言葉にこのメロディー、このメロディーにこの響きだからこそ感じられる感情。
賢作さんの作る歌は詩の新たな楽しみかたのひとつです。

んで大坪さんがこれまたいい。
詩と曲から大坪さんが作り出す情景、みなさまこれこれ、ここを聴いてください。
DiVaの音楽の世界の骨格と奥行きを作る大坪さんのこの音はDiVaの中を流れる大きな川です。
広くゆったり流れる水面、川底の激しい潮流、渦があったり滝があったり水草なんかもあるしいろんな魚も泳いでる、そういう川です。
ただの川じゃなくて地球の裏側とかにも流れて行くし天の川にも繋がってたりします。

で!
今回ゲストパーカッショニストとして参加してる海沼正利さん。
海沼さんは賢作さんが音楽を担当してたズッコケ三人組の音楽にも参加してたりとかいろんなとこで賢作さんと一緒にやってきてるんですが、海沼さんいいですね〜!
必要最小限の音で最大限音楽に広がりを出せる海沼さんがすごい。
もうね、あれ?DiVaはいままでずっと4人組じゃなかったっけ?って感じで海沼さん入りが標準に思えるくらいです。
DiVaの風景が海沼さんの音で一層印象的な光景になってて、これぜひみなさまにこの海沼さん入りDiVaをお楽しみいただきたいんです!

ピアノチューナーは高木裕さん、そしてDiVaの音楽の良さをそのままみなさまに聴いていただけるよう、録音からCDになるまでを前作「うたをうたうとき」に引き続きレコーディング/ミックスエンジニア塩澤利安さん&マスタリングエンジニア佐藤洋さんコンビが担当!
細心の注意で丁寧に収録、記録されたDiVaを味わっていただきたいと思います。

コ・プロデューサーはTAM officeめぐみさんでありながらゆめある舎「せんはうたう」発行人でもある谷川恵さん、ジャケット/ブックレットデザインはyamasin(g)さん、更に今回スタイリストとしてなんと夢ちゃん、いやもうすっかり大人だから夢さんか…っていうかそんなことどうでもいいけど谷川夢佳さんが担当、衣装協力はツクリバナシécumesuzuki takayuki、いよべしづこ、Yumekaっつーことでなんかこうなんとな〜くポエガール方面のみなさまの注目度もうなぎ上りな予感!!
ぐおおおおおなんかいま急激にスタッフMi「うたがうまれる」欲しくなってきました。

はい?
いま二ホンウナギ絶滅危惧種?
えーっとそれなんか全然スタッフMi聴こえなかったんでもう一回好きなだけ言っててもらえますか各自心の中で!

ってな感じでTAM officeが勝手にその周辺もろとも総力を挙げて楽しく和やかにみなさまにお送りする「うたがうまれる」、お楽しみくださいね〜!

既にAmazonでは予約受付中です。
みなさまのご予約お待ちしています。

うたをうたうとき

わたしはうたう。うまれたばかりのような、この思い。

オリジナルアルバム
「うたをうたうとき」
&
「詩は歌に恋をする ~ DiVa BEST」


各紙誌紹介記事アップしました

DiVa(ディーヴァ)は、1995年、高瀬麻里子(Vo)、 谷川賢作(Pf)、大坪寛彦(B)によって結成された、「現代詩をうたう」バンドです。

詩人・谷川俊太郎の作品を中心につぎつぎとオリジナル作品を発表、個性的な楽曲のクオリティは結成当初から注目を集め、矢野顕子など多数のミュージシャンによってカヴァーもされています。
1997年インディーズ・レーベルから1stアルバム「なあに」をリリース後、1998年には日本コロムビアからメジャー・デビュー。2枚のアルバムとシングルを発表したほか、年間50本以上のライブを国内外で精力的に行うも、2002年1月、突然の活動休止。

その後ソロやユニットでの活動などをとおして、それぞれの世界を豊かにふくらませてきた3人は2007年のエイプリルフールに5年ぶりのライブ「はるのゆめ」をきっかけに新たな歩みをはじめました。そしてこの春、2枚のアルバムを同時リリース。

うたわれることを待っていたかのような言葉たちのスピリットが、ますます自由度を増したDiVaサウンドによって新たな輝きを放ちます。

Wリリースチラシ表Wリリースチラシ裏

ベスト盤&ニューアルバムを5月にリリース

オリジナルニューアルバムは、そのサウンド、コトバとの関わりがさらに自由さをました、DiVaの「いま」が伝わってくる内容。収録している詩は中原中也、谷川俊太郎など近・現代詩の世界から、前作「うたっていいですか」に続きメンバー自身が作詩を手がけた作品まで多彩。

ちょっと懐かしいポップテイストの「Take me to a record shop」、まるで歌曲のように端正にして幻想的な旋律の「湖上」、makoringがカリンバ1本でうたう印象的な「夏が終る」、ゲストミュージシャンに鶴谷智生(Dr.)を迎えたスリリングなセッションは必聴!

image

そして、以前から再販のご希望の高かった、コロムビア在籍時代の2枚のアルバムから「DiVaスタンダード」をベスト盤としてお届けいたします。ライブではなじみの深い楽曲の新録音、谷川俊太郎さんの書き下ろし2編の朗読と、盛りだくさんの内容です。
サウンドエンジニアにはコロムビア時代からのベスト・スタッフを迎え、シンプルにして奥行きのあるサウンドを強力にサポートしています。

「うたわれることを待っていた言葉たち」のスピリットは、あなたのこころの奥ふかく届くことでしょう。


◆オリジナル・ニューアルバム『うたをうたうとき』


DiVa 
ゲスト・ミュージシャン 鶴谷 智生(ドラムス)
トゥルバドールカフェ TRBR0013 
2009年5月24日発売:2,000円(税込)

収録曲

1 Take me to a record shop 谷川賢作 詩 谷川賢作 曲
2 こころのすみっこにイスをおいて 木坂 涼 詩 大坪寛彦 曲
3 Three Melodies-1 谷川賢作 詩 谷川賢作 曲
4 みなもと 谷川俊太郎 詩 谷川賢作 曲
5 みんなやわらかい 谷川俊太郎 詩 谷川賢作 曲
6 夏が終る 谷川俊太郎 詩 小室等 曲
7 どんぐり まど・みちお 詩 大坪寛彦 曲
8 Face to Face 谷川賢作 詩 谷川賢作 曲
9 湖上 中原中也 詩 谷川賢作 曲

ネットで購入!
amazon うたをうたうとき >>
TOWER RECORDS うたをうたうとき >>

 

DiVa BEST

◆ベスト盤『詩は歌に恋をする ~ DiVa BEST』


DiVa + 谷川俊太郎
コロムビアミュージックエンタテインメント COCQ-84618
2009年5月20日発売 2,500円(税込み)

収録曲

1 歌に恋して(朗読) 谷川俊太郎 書き下ろし
2 スーラの点描画のなかでのように 正津勉 作詩 谷川賢作 作曲
3 ひとり(*新録音) 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
4 かわからきたおさかな 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
5 セミ まど・みちお 作詩 大坪寛彦 作曲
6 ほほえみ 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
7 夢の中にだけ 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
8 夜はやさしい 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
9 ラブレター いしだえつこ 作詩 大坪寛彦 作曲
10 土曜日の朝 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
11 どうしていつも まど・みちお 作詩 大坪寛彦 作曲
12 とおく 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
13 さようなら 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
14 歌われて(朗読) 谷川俊太郎 書き下ろし

※BEST盤ブックレット中で「ラブレター」の作編曲が谷川賢作となっていますが正しくは「大坪寛彦 作・編曲」です。
大坪さんすみません。
というわけで、大坪さんファンおよびDiVaファンみなさま、再プレスになれば訂正できると思うので、全国のCDショップから現流通在庫を一掃すべく、見つけ次第買えるだけ買っちゃってくださいね!よろしくお願いします。

ネットで購入!
amazon 詩は歌に恋をする~DiVa BEST >>
7&Y 詩は歌に恋をする~DiVa BEST >>




makoring

小さい頃から、うたいて になりたい と思った事はない。
いまだに、うたっている自分 に実感がない事さえある。
こえ というものくらいが 私と音楽を結びつけるものだったから....
私は うたう 事になった。

13年くらいも前のことか。
大坪さんから「まこりんに合っていると思うよ」と
賢作さんのデモテープを渡された。
それを聴いた時の衝撃は忘れられない。
"うたう!" と思った。
"これは私がうたうべきだ"とさえ思った。

私が うたう 事になった。
私は うたう 場を得た。

そこから約7年間
選ばれし言葉達は、さらにメロディがついて
"うた"として生まれ変わり、
どんどん私の元へ運ばれて来た。
生みの親 ではない、でも、育ての親 のような、
だからこそ宿る、託された責任感のようなものに
私の うたいて としての礎が築かれていった。

DiVaが活動休止になって
私は うたう 事をやめた。
うたう 必然性がなくなった。
うたっていられればそれでいい わけじゃない。
私には 当たり前の事だった。 2年ほど うたう 事はなかった。
でも
このまま うたう 事はないのか と言えば
それは 絶対違う とわかっていた。
私は いつか うたいだすのだろう と思っていた。
その とき は 自分で生み出さなければ と思っていた。

そして なんとか
その1歩を踏み出した頃
あらためて
DiVaが 再始動した。

久々にうたわれるDiVaナンバーは
私の からだ を通り
次々と飛び出していった。
驚いた。
私は うたう というより
こえ だけを放って
その様子を 眺めていた。
押し付けがましいものは 何一つ無い
ただただ 誇り高く 喜びに満ちた
うた 自身の 強い生命力 を 見つめていた。
とても明るくて なんとも頼もしかった。
それは 私だからこそ 見えたんだ と 自負している。

私は うたう 事にした。
やっとこさ うたおう と思うようになった。
生まれたばかりのような その思いは
やってきた事、やれる事との差に戸惑いがちだけれど
いま あらためて
うたおう
と思った。

うたをうたうとき が 来た。

高瀬 ”makoring” 麻里子

DiVaってなんですか?      谷川賢作

 このフライヤーを見て「ふ~ん、おもしろそうだな」聴いてみようかな、と思ってくれた方に少しだけDiVaのことを書きます。DiVaは1996年私が「父である詩人谷川俊太郎の詩、それも歌になることを想定して書かれていない詩を歌にした作品」がここ数年書き続けてきてたまってきて、それを発表できるバンドを組みたいなと思い、大坪寛彦(ベース)に声をかけ、彼がmakoring(ヴォーカル)を紹介してくれて、3人でやってみようかということになり、始まりました。俊太郎の詩は合唱曲としては多くとりあげられていますが、このようにバンド形態で歌われるソロの曲はあまりなかったので、静かな話題をよび、また、俊太郎&DiVaとして「詩の朗読と歌が交互に進むコンサート」というのもおもしろい試みとして全国各地でコンサートを開催していただいたりしました。アルバムもインディーズで1枚、コロムビアから2枚発表しました。順風満帆はおおげさですが、ユニークな活動は自他ともに認めるところであったのです。
 ところが2002年の1月の公演を最後にいったん活動をやめます。理由は、私が他のことをやってみたくなったから、ということなのですが、その好奇心旺盛でいろんなことに首をつっこむ私の性格に周りの人間はいつも振りまわされています(ごめんなさい この場をかりて)
 2007年の春、ひさしぶりに「そろそろまたやってみようか」と私が二人に声をかけ、再び牛歩の歩みをすすめることになりました。いや、この言い方は決して自虐的な言い方ではなく、DiVaというグループはそれぞれが自分の音楽活動の母体を持ちつつ、現代詩を歌うという「企画ものプロジェクト」として参加するというスタンスなので、これでいいのだと思います。
 今後もゆるやかに活動を続けていきますが、より多くの方に聴いていただきたいという強い気持ちは、もちろん表現者としてあります。だからCDをリリースします。このたび、コロムビア時代の2枚から選りすぐりの曲を集めたベスト盤、新たな作品をおさめた新盤の2枚を同時にリリースします。昔からのファンの方々にも「おもしろくて今までにない歌」に渇望している方々にもアピールできると、胸をはってお届けします。どうぞ聴いてください!


Wリリースチラシ表Wリリースチラシ裏



ナイーブなフォークでもなく、歌謡曲(J-POP)でもない日本語の歌を聴きたかったらDiVaなんだけど、今回のアルバムはとりわけものです。

もしかしたら僕、今までのなかで一番好きかもしれない。

楽曲も好きだし、アルバム全体がなんか自由なんだよね。

「夏が終る」は、矢野顕子さんが歌ったときもなんて素敵なんだろうと驚いたけど、今回も感心しちゃった、偉そうだけど。

やるせない夏の終わりのカリンバによりそうヴォーカル、矢野さんとも、もちろんのこと僕のとも違う、高瀬さんの新しい 「夏が終る」ですね。


小室 等(フォークシンガー/『夏が終る』作曲)







各レコード店やインターネット通販、また、各ライブ会場で扱っています。
「通販可能な作品」のカテゴリはTAM officeでの通販が可能な作品一覧です。
画像をクリックすると通販の方法が表示されます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


copyright (c)2000 - 2010 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com
谷川賢作 official website - DiVa

DiVa

  • News
  • うたがうまれる
  • うたをうたうとき
  • DiVaって?
  • なんか自由
  • そのほかのDiVa
  • もっとDiVa
DiVa news  
最新ニュース | うたをうたうとき関連 | 過去のニュース



2009年歳末大感謝祭スペシャルプレゼント!

みなさま、おそらくいまみなさま年越しの準備やら夜逃げの準備など、それぞれの事情でそれぞれに忙しい人生真っただ中ですよね。
でも、そんな忙しいときだからこそいつも心にマイコーを、いや、いつも心にまこりんを、というわけで、日頃DiVaを支えてくださっているファンのみなさまのためにスタッフMi感謝の気持ちを込めて特別なプレゼントをご用意させていただきました。

それは一体何か。
「まこりん時計」です。

使い方は簡単。
1. まこりん時計をダウンロード後、インターネットブラウザで開く
2. まこりんを見る
以上です。

あ~、いま、なんだそれだけか…と思ったみなさま。
いいですよ、見るだけにしてください。
いやそれだけじゃないはずだ、なんかある、と思った方だけ先を読んでくださいね~。

これ、まこりんが一回「くいっ」とする時間が約0.5秒。
もう一回「くいっ」として初めの姿勢に戻る時間が約0.5秒。
と、いうことはどういうこと?
60回往復するとだいたい1分ですね?
と、いうことは?どういうことかというと?
カップラーメンにお湯を入れて、これを見つめて180往復数えると、なんと、不思議なことにラーメンが出来上がってるというわけです!
4分ものなら、えーと、180往復プラス60往復だから、えーと、スタッフMiが言わなくてもみなさまもうお分かりですね。そういうことです。

どうですか、ものすごい便利ですよこれ。
しかも何度見てもずっと見てても飽きない。
あああ、ということは、遭難した時とかに万が一時計が壊れてもこれとコンピュータと発電装置さえあれば1年でも2年でも何十年でも数えている限り時間がわかるじゃないですか!!
なんか、ちょっとこれスタッフMi大金持ちになってしまうかも。

ってなわけで、みなさま、来年もどうぞDiVaを目一杯楽しんでくださいね。
まこりんのDiVa以外のライブ、その他活動等はまこりんオフィシャルサイトmakoring.comでご覧いただけます。
どんどん行ってどんどんまこりんの歌を聴いて幸せに浸ってくださいね。


もうすぐ今年最後のDiVa

はい~、みなさま、今年最後のDiVaライブ「DiVa Winter Live 2009」、ご予約お済みでしょうか、大丈夫ですか。
青山だからって緊張しないでいいですよ、夜だからどうせ顔も洋服も見えないし、普段着でそのまま来ていただいても全然恥ずかしくないです。もうほんと気軽にお出かけくださいね。
スタッフMiももちろん普段着で行きます。ていうか普段着しか持ってないんですけど。サンタさん、スタッフMi衣装部夢ちゃん作の服が欲しいです。プレゼント、まだ間に合いますでしょうか。

あーそうですそうです、間に合うといえば26日のチケット予約まだ間に合うんですよ!予約お済みでない方、ぜひお申し込みくださいね。
まこりんのサイトの予約受付フォームでいますぐお申し込みいただけます。

賢作さんも what's newで書いているとおり、まこりん素晴らしいです。
ごはんでいうとお米が立ってる状態ですね。もうほんと食べてもらうために存在するだけになったお米という感じです。そのお米の状態をまこりんで言うと、ただ歌になった、まこりんは歌になっちゃったという感じでしょうか。俊太郎さんはもうかなり前にかぼちゃになっちゃってますが。

いま、これこのDiVa、ほんと素晴らしいです。あとゲストの鶴谷さん、鶴谷さんもいいです。まこりんを追い立てない。歌を追い立てないドラムって案外貴重なんじゃないかと思うんです。
追い立てない、とか、取り立てない、とか、スタッフMi非常に好きです。

DiVaって風景ですね。賢作さんと大坪さんと鶴谷さんが描いた風景の中で、まこりんが自由に歌っている感じ。
あ、DiVaのライブに行くって、その風景の中で起こることを体験するってことかもしれません。音楽の体験型アトラクションですね。
この世のどこにもない風景の中に入れるなんて、素敵すぎ。
というわけで、みなさま、今年の最後のDiVaの世界、思う存分お楽しみくださいね。


第16回日本音楽録音賞受賞式の様子

Highslide JS
「Face to face」
09年12月3日の授賞式の模様です。
塩澤さんは残念なことに仕事で出席できなかったそうです。佐藤さんが出席し無事受賞。
かねてよりお伝えしていた第16回日本音楽録音賞の授賞式(12/03)の様子が、受賞者である塩澤利安さんと佐藤洋さんから届きました。
すでに日本音楽スタジオ協会web siteで各部門受賞者が発表されています。
その他日本ミキサー協会、日本オーディオ協会、演奏家権利処理合同機構Music People's Nest、日本レコード協会の各サイトでも順次アップされるとのことで、ほかの受賞作品についてもごらんいただけます。
活字媒体ではSound&Recording、CDJournal、SwingJournal、StereoSound、レコード芸術等で記事掲載があるそうです。
塩澤さん、佐藤さん、おめでとうございます。
DiVaの音楽を素晴らしい音で残していただいて本当にありがとうございます!

追記:塩沢さんと佐藤さんお二人の写真を提供していただきました。
塩沢さんのメッセージによるとお二人の写真は「滅多に見られない貴重物」ということです。
そういえば、エンジニアの方のスーツ姿ってなかなか見られないような…。

Highslide JS
輝く
授賞の盾をお披露目。
マスタリングエンジニアの佐藤洋さんです。
Highslide JS
音楽
世の中にいい音楽をいい音で楽しむ幸せを生み出すアーティスト。
左が佐藤さん、右が録音/Mixエンジニアの塩澤さん



待ちきれない!

なんかもうあちこちにいろんなイルミネーションやら飾り付けやらものすごいありまくってどんどんどんどん年末が近づいている雰囲気がしてますね。
こんだけ年末っぽくなってくるとやっぱりみなさまどうしても年末の支払い関係などで気持ちが塞ぎがちなんじゃないかと思いますが、もうあと少しです。あと少し逃げ切れば来年です。お互いがんばりましょう。

さて、そんな小さな日常をことごとく忘れ去るためにどうしても必要な小さな幸せとしてTRAVESSIAとTAM officeがお送りする12/26(土)の「DiVa Winter Live 2009」、これスタッフMiものすごく楽しみにしてるんですけど、もうなんかとっても待ちきれない感じで今日(12/7)、まこりんのソロライブに行ってきちゃいました。
レポートは例によって「スタッフMiが賢作さんに断りもなしに勝手に作ったスタッフMiのお出かけ日記」略して「ス記」をご覧ください!


というわけで

そんな受賞があったりしていたりするDiVa、どんな音なのかどんな音楽なのかどこがどうどうなのかを知るためにはライブが一番ということで、今年予定されてるライブはあと2回、三重県四日市のメリーゴーランドでのDiVaクリスマスライブ(同日同会場で俊&賢のレクチャー「絵と本とことば」もあり)と、年末ライブ「DiVa Winter Live 2009」ですね。
これを逃すともう来年まで聴けないのでこれはもう是非どっちか今すぐご予約いただきたいと思います。

えっあと2回?じゃ、その間どうしたらいいの、どっかでなんか聴けないの?と思いますよね?
大丈夫です。
賢作さんはいろんなとこでいろんなことやってるし、まこりんも各所で大活躍、大坪さんは大坪さんでいろんなとこで大坪さんです。

書いてて思ったけどほとんど外出てないのスタッフMiだけでしょうか。いいんです外寒いし。
もう夏まで外出ないことに決めました。

で、そんないろいろに活躍してるDiVa関係ライブ情報のお知らせです。
DiVa&まこりんファンのみなさま、スタッフMiまこりんの最新情報得てきました。なんかすごいですか?
いいんですそんなお金とかいらないです。そのぶんでライブに行ったりCD買ったりしていただければと思います。
得てきたっていうかたまたままこりんから聞いただけだし。

緊急臨時告知:12/7(月) 荻窪 Velvet Sun まこりんのソロライブにあのmitatakeがやって来る!!

どうですか。すごい極秘情報です。まだまこりんのライブチラシにも出てない情報です。なんかもうスタッフMiいろんな組織からヘッドハンティングされそうで怖い…。
それでなんとmitatakeが来るだけじゃないんです。演奏もするということで、ってことは対バンなのかまこりん×mitatakeなのかその辺はどうなのか確か聞いたんだけど忘れちゃったんです。

とにかくなんかいいですよね、この組み合わせ。どんなことになるんでしょうか。これスタッフMi今から聴きに行くの楽しみにしてます。みなさまも現地集合現地解散ということで、是非大集合していただきたいと思います。

まこりんのライブ詳細はまこりんのオフィシャルサイトmakoring.comでご覧いただけます!


DiVaの「Face to Face」が受賞

音響エンジニアの塩澤利安さん(録音、Mix)&佐藤洋さん(Mastering)によるDiVaの「うたをうたうとき」収録の「Face to Face」が第16回日本プロ音楽録音賞のクラシック・ジャズ部門で優秀賞を受賞しました!

普段、特に意識して録音物の音質やバランスなど聴いている方は少ないと思いますが、特にCDやレコードその他録音された音楽を聴くときに「ああいい音だな」と思われたことがある方、はい、手を挙げなくていいですスタッフMiに見えないんで挙げなくていいんですけど、心あたりのある方、その「いい音」、それはもちろんミュージシャンが出してる音なんです が、録音というもの、これが実に奥深いものだということ、ご存じでしょうか。

え?なんかそんなのiPodでだって録れるしただ録音ボタン押せばいいだけでしょ?そんなの誰だってできるし、うちの猫だってたまに押すし、とか思った方、はい、スタッフMiには見えないけど今度は廊下に立っててください。実際スタッフMi阿佐ヶ谷ジャズストリート2009のDoT.のステージで録音ボタン押すのに失敗してます。賢作さんすみません。
いや、そういうことじゃなくてですね、DiVaやパリャーソなどいわゆる声も含めて生楽器の音で作られた音楽ですよね。 こういう音楽、この生の音を生の通りに録音すること、実はこれがもう人類の夢と言っていいくらい至難の業なんですね。

まず人間の耳とマイクの聴いてる音は違うわけですね。その他いろんな機械的な事情などがあって録音した段階で必ず生の音とは違っちゃうわけです。それを、いかに生の音に近い状態でみなさまに聴いていただけるようにできるか、いい音をいい音のまま捕らえられるか。ここが音響エンジニアの手腕なわけです。
つまりいかに生らしい音、生に聞こえる音を作るかということになるんですが、ここ、これが超重要な部分なんですね。

Highslide JS
気持ちのいい音
この写真は「朗読と詩のコンサート」のときのものです。
うたをうたうとき録音時ではないけど、まこりんが気持ちよさそうにシェーカーを振っている姿があまりにいいのでここでお披露目。いろんな気持ちよさが集まって音楽になるんですね。
photo:賢作

もちろん生に近いのが絶対的にいいというわけじゃなくていろんな音楽のスタイルがありそのそれぞれに合った音を作るわけですけど、DiVaやパリャーソなどは完全に生楽器と声だけなので限りなく生に近い状態に保ちたいわけです。
じゃないとファンのみなさまから「大坪さんの鼻息はこんな音じゃない」とか「賢作さまのピアノはこんなに125Hzにピークがない」とか「俊太郎さんの声はもっと艶がある」とか「どうでもいいけどまこりん可愛い」とかいろいろ言われて大変なことになります。
そういうことを聴く人に感じさせず単にいい音として聴いていただくためにこうして素晴らしいエンジニアのみなさん(もちろんライブでの音を調整するPAエンジニアの方も含めて)が日夜活躍しているということ、ここをスタッフMiみなさまに是非お知らせしたい、こう思うわけです。

賢作さんがなぜブログでこの受賞を伝えたかというと、それはもうミュージシャンにとっては自分の演奏をみなさまに聴いていただく「最終出口」とも いえるエンジニアの方々の重要性をよーーーーーーーーーーく分かっているからに他なりません。

いやーしかしほんとスタッフMi常々こういう普段表立ってみなさまに知られることが少ない方々をご紹介したいと思ってて、その第一弾がyamasinさんだった(yamasinさんの個展に行く参照)んですけど、そのyamasinさんをはじめとしたグラフィックアーティスト、写真家の方々、調律の宮崎剛史さん(宮崎さんについては賢作さんがせんくらブログのここ、9月15日の記事で書いているのでご覧ください)、そして今回ご紹介できたエンジニアの塩澤さん&佐藤さんなどなど、谷川賢作の作品に関わる、目立たないけどほんとに重要な部分を担う方々もまたミュージシャンと同じアーティストであることをスタッフMi強調したいと思います。
そして各地のライブハウスやホールでの公演を支えてくださっている主催者やスタッフの方々、また作ったCDを販売してくれる方々、そういうみなさんがいてくれるからこそ身近に音楽を楽しむことができるわけだし、もちろんお客様みなさまがチケットやCDを買ってくださるからこそミュージシャンは音楽を作り続けられるんだし、あーもうほんとスタッフMi全人類のみなさまにどうやって恩返ししたらいいか…。

でもあるんですよね、お目当てのミュージシャンにはものすごく丁寧なんだけどそういう裏方のみなさんには「は?あんた誰?なに?」みたいな感じで接する方を目撃してしまうことがたまーに。
しょうがないんですけどね、裏方って普通の人にしか見えないし、なんか得体が知れないし。
ライブやCDで素晴らしい音楽を聴いたとき、それを楽しめるのはミュージシャンと各現場のいろんな裏方のみなさんの共同作業の結果だということ、ちょっとだけ思い出していただけたらと思うんです。

ともかく素晴らしい状態でDiVaを残してくださった塩澤利安さん&佐藤洋さん、ほんとうにありがとうございます!




お勧めの年末ライブとは

もうどうしてこう素敵な企画が思いつくんでしょうか。

クリスマスはどっちかっていうとあれですね、なんかこうバタバタと騒がしいイベントな感じでケーキ食べたりフライドチキン食べたりプレゼント貰ったり受け取ったりいただいたりしないといけない感じになっててとてもじゃないけど落ち着いて過ごせない方が多いんじゃないかと思うんですよね。
もうあんまりイベントが多くてとてもクリスマスどころじゃないのがクリスマスという、全然何の日だかわかんないてことになってるような気がします。

なわけでクリスマスは外に出ると混んでて絶対外には出ないとかデートがあるから来ないとかそういう言い訳ができないように目を付けたのがクリスマスの翌日というわけです。
この企画一体誰が考えたんでしょうね。頭良すぎです。
TRAVESSIAの前田さんとTAM officeのめぐみさんでしょうか、ほんとに素敵な思いつきです。
どうでしょう、DiVaの音楽くらい素敵ですよね。

と、いうわけで、その素敵なライブのチケットがなんと、もう、発売になってるということで、スケジュールページにはもうアップしてましたが改めてここでもお伝えしたと思います。

DiVa Winter LiVe 2009チラシ表

DiVa Winter Live 2009
日時:2009年12月26日(土) 19:00開演(18:00開場)
会場:南青山MANDALA
出演:DiVa [高瀬"makoring"麻里子(Vo.), 谷川賢作(Pf.), 大坪寛彦(B.)]
そしてゲストに鶴谷智生(dr)! チケット:4,700円(税込・ドリンク付)
チケット取り扱い場所は:
南青山MANDALA店頭 (03-5474-0411), TRAVESSIA (090-8720-0487 travessia@mbn.nifty.com)
主催:TRAVESSIA 協力:TAM office

チケット予約申し込みの詳細はスケジュールのページでご覧いただけます

ここを見たのをきっかけに、後でなんて言わずに今すぐご予約くださいね。
今ご予約いただけると当日までより長く楽しみが味わえます!
ものすごいお得感ですね。

それで、このチラシ、これご覧ください。
ほんとに美しいです。
あ、まこりんはもちろん美しいんですけど、今スタッフMiが見てるのは、大坪さんです。
違います、そうではなくて、このチラシのグラフィックです。
これはトップページでもご紹介したyamasinさんの描き下ろし作品なんです。
この柔らかい青。青という言葉では表せない青。これ冬の街の夜の色ですよね。
夜って黒じゃないですね、青。
で、このまこりんが今日のおやつは何にしようかと想いに耽っている家の形のにじみというかボケが、暖かい家の灯りそのものです。こういう暖かい家庭の灯りって、憧れますね。


12/26は南青山MANDALAが美しいものに出会う幸せいっぱいの暖かい家になってTRAVESSIA&TAM officeとともにみなさまをお待ちしていますのでぜひぜひお出かけください。
スタッフMiも今から楽しみにしてます。



DiVaアルバムリリース記念ツアー、第1クール終了です

5/22 Hakuju ホールでスタートした、Wリリース記念コンサート&ライブツアーの各会場にご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
歌姫 makoring 本人によるツアーレポートは下記から
http://www.makoring.com/blog/dddd/

ツアー時の写真が届きました。
浜松と飯田のみではありますがまこりんブログと併せてお楽しみください!


Highslide JS
浜松 Hermit Dolphin
店名がうなぎだったらどんな看板になっていたんでしょうか
Previous | Next
Highslide JS
待っていて
CDでは聴けない音
体全体で聴く音楽
Previous | Next
Highslide JS
うたっているですよ
ああまこりん、もうどんどん歌って歌って!
「うたをうたうとき」って「うたをうたっているとき」とすごい似てるけど全然違うんですよね。
こういう違いを人はいつどこで覚えるんでしょう。
ところで3枚目のタイトルはどうなるのか気になります。「ほんとうにうたっていいんですか」だと思うんですが。
Previous | Next
Highslide JS
賢作さん
DiVa、パリャーソ、ソロと今年新作ラッシュの賢作さん
Previous | Next
Highslide JS
大坪さん
ほんとに楽しそうな大坪さん
いい笑顔です
Previous | Next
Highslide JS
三人で
DiVa
それぞれがそれぞれにそれぞれを
Previous | Next
Highslide JS
飯田CANVAS
打ち上げでのスナップ
音楽はミュージシャンだけが作るのではないと、いつもそう思います
全国のお客さんみなさんとスタッフのみなさんに感謝しつつ
Previous | Next
Highslide JS
これは!!
いいえ、違います
大坪さんです
ケムール人じゃないんです
賢作さんからのコメントにそう書いてあったので多分大坪さんです
Previous | Next


DiVa新録音のCMオンエア!

ツアーの合間を縫って録ったCMの曲、一体どんな曲でしょう?
6月6日(土曜日) フジテレビ「めざまし土曜日」の中のコーナー「めざ街エコクロック」(8:00~8:18) のCMです。



「うたをうたうとき」5/24発売

ライブ会場では特別先行販売をしていたNew Album「うたをうたうとき」が24日正式リリースとなります。「うたをうたうとき」、そしてWリリースのBEST盤についての詳細はアルバムのことをご覧ください。



いよいよツアースタート

Wリリース記念コンサートにご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
ツアーは23日の千葉から始まり31日の福島まで5箇所を旅します。皆様お近くの会場で是非お会いしましょう。ツアーの日程を含むDiVaのスケジュールはDiVaのスケジュールページでご覧いただけます。



DiVa オンエア情報

仙台のFMいずみで、ニューアルバム「うたをうたうとき」からTake me to a record shopがオンエアされることになりました。 残念ながらインターネット配信はありませんが、圏内にお住まいの方は是非チェックしてみてください!
FMいずみ
3/21(土)16:00~「さとうの気持ち」
アルバム「うたをうたうとき」特集第一弾!
4月からはエンディングテーマとして「Take me to a record shop」採用!

utagaumareru


みなさまお待たせしました!
広く深く高く広がるDiVaの新しい世界、「うたがうまれる」いよいよ7月28日リリースです。

前々作が「うたっていいですか」、そして前作が「うたをうたうとき」ときて次のタイトルはどんなんかな〜?とDiVaファンのみなさまきっと各自独自にタイトル考えたりなんかして楽しんでいただいてたと思うんですけど、今作は「うたがうまれる」ってことでですね、なんですか、なんかだんだん時間を遡っていってる感じな様相のものすごい意外な展開になってるあたりがとってもDiVaらしい楽しさにあふれてると、スタッフMiそう思うんです。

普通はあれですね、生まれてからだんだんいろいろ覚えたり学んだり悩んだり苦しんだり挫折したり打ちひしがれたりもうだめ前々だめこの人生!!ってなったりしたあとで、でも、とにかくもうなんかほんとなんていうか歌っていいですかっ!!!ってなると思うんですけど、いきなりうたっていいですかって訊かれてちょっとうろたえたみなさま、大丈夫です、スタッフMiみなさまの気持ちよーくわかってます。

そんなことはともかくあっさり本題に入りますがいいでしょうか大丈夫でしょうか。
今回前置き短いです。
なにしろお伝えしたいことが多いので個人的に先を急いでます。



utagaumareru_jacket 「うたがうまれる」収録曲
01 あなた
02 ころころ
03 しあわせ
04 数える
05 黒い王様
06 うそつき きつつき
07 歌に恋して
08 あやつり人形劇場
09 階段の上の子供
10 Three Melodies 2
11 すり
12 はこ
13 腕の家
14 いるか
15 私たちの星

作曲:谷川賢作 作詩:谷川俊太郎 ※10 作詩:谷川賢作, ※13 作詩:テラサキミホ

DiVa:
高瀬"makoring"麻里子 vokal
谷川賢作 piano
大坪寛彦 bass, recorder, etc.

guest musician
海沼正利 percussion

発売元:トゥルバドールカフェ/地底レコード 配給:メタカンパニー



はい〜っ!!!
ってなわけでDiVaの「うた」3部作の完結編となるDiVaの細心アルバム「うたがうまれる」、これスタッフMi一体どんなとこが好きかっていうと、まずなんといってもまこりんが好きです。

まこりん、まこりんはなんでそんなに素敵なの?

いや、答えなくていい、答えなくていいです。
ていうかみなさま勝手に答えないでください、いまスタッフMi家賃のこととか年金支払のこととか各種締め切りとかなんか俊太郎さんが買ったけど自分で飛ばせないから飛ばせて見せてくれっていうラジコンのヘリコプター飛ばす練習したりとかそういうの一切忘れて心の中でまこりんとの会話を楽しんでるのでほっといていただきたいと思います。
あと2年くらい前に入れた奥歯の差し歯がとれちゃったけどいまそういうのも関係ないです。

ともかく、まこりんがなぜこんなにも素敵なのか、まこりんがなんでこんなに魅力的な姿で自分の中に現れるのかというと、きっとまこりんの歌が自分の歌のように自然に気持ちに馴染むからだと思うんです。
ここです、ここんとこです、俊太郎さんが「まこりんの歌で聴くと、詩が活字で読むよりもずっと深く心にとどくのに驚く」と言ってるのは。
ね?ですね?そうですね俊太郎さん!
いや、答えないでください、違ってたらここまでの流れ書き直さないといけないんでそういうことにしましょうとりあえず!!
ていうか、聞いたけど、答えを聞きたいわけじゃない、これね!この気持ち!
もしかしてこの気持ちこそが詩?

ってな具合にですね、DiVaを聴くとそれだけでスタッフMiまで詩人化してしまうというなんとも微妙にお得なおまけがやや嬉しいですかみなさま。
どうでしょうその辺。

Highslide JS
うたがうまれる チラシ表
Highslide JS
うたがうまれる チラシ裏
そんなこんないろんな感情を呼び起こしたり呼び覚ましたり、したりされたりされたりしたりする「うたがうまれる」。

収録曲15曲の全曲が賢作さんの作品なんですが、賢作さんの曲がいい。
賢作さんの曲の良さはなんと言っても言葉・詩のその世界を、解釈するよりも先に感じさせてくれる、ここです。
これほどうまく言葉と音を結びつけてイメージを作れる人はいないと、そこんとこスタッフMiが自信を持ってお知らせします。
この言葉にこのメロディー、このメロディーにこの響きだからこそ感じられる感情。
賢作さんの作る歌は詩の新たな楽しみかたのひとつです。

んで大坪さんがこれまたいい。
詩と曲から大坪さんが作り出す情景、みなさまこれこれ、ここを聴いてください。
DiVaの音楽の世界の骨格と奥行きを作る大坪さんのこの音はDiVaの中を流れる大きな川です。
広くゆったり流れる水面、川底の激しい潮流、渦があったり滝があったり水草なんかもあるしいろんな魚も泳いでる、そういう川です。
ただの川じゃなくて地球の裏側とかにも流れて行くし天の川にも繋がってたりします。

で!
今回ゲストパーカッショニストとして参加してる海沼正利さん。
海沼さんは賢作さんが音楽を担当してたズッコケ三人組の音楽にも参加してたりとかいろんなとこで賢作さんと一緒にやってきてるんですが、海沼さんいいですね〜!
必要最小限の音で最大限音楽に広がりを出せる海沼さんがすごい。
もうね、あれ?DiVaはいままでずっと4人組じゃなかったっけ?って感じで海沼さん入りが標準に思えるくらいです。
DiVaの風景が海沼さんの音で一層印象的な光景になってて、これぜひみなさまにこの海沼さん入りDiVaをお楽しみいただきたいんです!

ピアノチューナーは高木裕さん、そしてDiVaの音楽の良さをそのままみなさまに聴いていただけるよう、録音からCDになるまでを前作「うたをうたうとき」に引き続きレコーディング/ミックスエンジニア塩澤利安さん&マスタリングエンジニア佐藤洋さんコンビが担当!
細心の注意で丁寧に収録、記録されたDiVaを味わっていただきたいと思います。

コ・プロデューサーはTAM officeめぐみさんでありながらゆめある舎「せんはうたう」発行人でもある谷川恵さん、ジャケット/ブックレットデザインはyamasin(g)さん、更に今回スタイリストとしてなんと夢ちゃん、いやもうすっかり大人だから夢さんか…っていうかそんなことどうでもいいけど谷川夢佳さんが担当、衣装協力はツクリバナシécumesuzuki takayuki、いよべしづこ、Yumekaっつーことでなんかこうなんとな〜くポエガール方面のみなさまの注目度もうなぎ上りな予感!!
ぐおおおおおなんかいま急激にスタッフMi「うたがうまれる」欲しくなってきました。

はい?
いま二ホンウナギ絶滅危惧種?
えーっとそれなんか全然スタッフMi聴こえなかったんでもう一回好きなだけ言っててもらえますか各自心の中で!

ってな感じでTAM officeが勝手にその周辺もろとも総力を挙げて楽しく和やかにみなさまにお送りする「うたがうまれる」、お楽しみくださいね〜!

既にAmazonでは予約受付中です。
みなさまのご予約お待ちしています。

うたをうたうとき

わたしはうたう。うまれたばかりのような、この思い。

オリジナルアルバム
「うたをうたうとき」
&
「詩は歌に恋をする ~ DiVa BEST」


各紙誌紹介記事アップしました

DiVa(ディーヴァ)は、1995年、高瀬麻里子(Vo)、 谷川賢作(Pf)、大坪寛彦(B)によって結成された、「現代詩をうたう」バンドです。

詩人・谷川俊太郎の作品を中心につぎつぎとオリジナル作品を発表、個性的な楽曲のクオリティは結成当初から注目を集め、矢野顕子など多数のミュージシャンによってカヴァーもされています。
1997年インディーズ・レーベルから1stアルバム「なあに」をリリース後、1998年には日本コロムビアからメジャー・デビュー。2枚のアルバムとシングルを発表したほか、年間50本以上のライブを国内外で精力的に行うも、2002年1月、突然の活動休止。

その後ソロやユニットでの活動などをとおして、それぞれの世界を豊かにふくらませてきた3人は2007年のエイプリルフールに5年ぶりのライブ「はるのゆめ」をきっかけに新たな歩みをはじめました。そしてこの春、2枚のアルバムを同時リリース。

うたわれることを待っていたかのような言葉たちのスピリットが、ますます自由度を増したDiVaサウンドによって新たな輝きを放ちます。

Wリリースチラシ表Wリリースチラシ裏

ベスト盤&ニューアルバムを5月にリリース

オリジナルニューアルバムは、そのサウンド、コトバとの関わりがさらに自由さをました、DiVaの「いま」が伝わってくる内容。収録している詩は中原中也、谷川俊太郎など近・現代詩の世界から、前作「うたっていいですか」に続きメンバー自身が作詩を手がけた作品まで多彩。

ちょっと懐かしいポップテイストの「Take me to a record shop」、まるで歌曲のように端正にして幻想的な旋律の「湖上」、makoringがカリンバ1本でうたう印象的な「夏が終る」、ゲストミュージシャンに鶴谷智生(Dr.)を迎えたスリリングなセッションは必聴!

image

そして、以前から再販のご希望の高かった、コロムビア在籍時代の2枚のアルバムから「DiVaスタンダード」をベスト盤としてお届けいたします。ライブではなじみの深い楽曲の新録音、谷川俊太郎さんの書き下ろし2編の朗読と、盛りだくさんの内容です。
サウンドエンジニアにはコロムビア時代からのベスト・スタッフを迎え、シンプルにして奥行きのあるサウンドを強力にサポートしています。

「うたわれることを待っていた言葉たち」のスピリットは、あなたのこころの奥ふかく届くことでしょう。


◆オリジナル・ニューアルバム『うたをうたうとき』


DiVa 
ゲスト・ミュージシャン 鶴谷 智生(ドラムス)
トゥルバドールカフェ TRBR0013 
2009年5月24日発売:2,000円(税込)

収録曲

1 Take me to a record shop 谷川賢作 詩 谷川賢作 曲
2 こころのすみっこにイスをおいて 木坂 涼 詩 大坪寛彦 曲
3 Three Melodies-1 谷川賢作 詩 谷川賢作 曲
4 みなもと 谷川俊太郎 詩 谷川賢作 曲
5 みんなやわらかい 谷川俊太郎 詩 谷川賢作 曲
6 夏が終る 谷川俊太郎 詩 小室等 曲
7 どんぐり まど・みちお 詩 大坪寛彦 曲
8 Face to Face 谷川賢作 詩 谷川賢作 曲
9 湖上 中原中也 詩 谷川賢作 曲

ネットで購入!
amazon うたをうたうとき >>
TOWER RECORDS うたをうたうとき >>

 

DiVa BEST

◆ベスト盤『詩は歌に恋をする ~ DiVa BEST』


DiVa + 谷川俊太郎
コロムビアミュージックエンタテインメント COCQ-84618
2009年5月20日発売 2,500円(税込み)

収録曲

1 歌に恋して(朗読) 谷川俊太郎 書き下ろし
2 スーラの点描画のなかでのように 正津勉 作詩 谷川賢作 作曲
3 ひとり(*新録音) 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
4 かわからきたおさかな 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
5 セミ まど・みちお 作詩 大坪寛彦 作曲
6 ほほえみ 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
7 夢の中にだけ 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
8 夜はやさしい 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
9 ラブレター いしだえつこ 作詩 大坪寛彦 作曲
10 土曜日の朝 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
11 どうしていつも まど・みちお 作詩 大坪寛彦 作曲
12 とおく 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
13 さようなら 谷川俊太郎 作詩 谷川賢作 作曲
14 歌われて(朗読) 谷川俊太郎 書き下ろし

※BEST盤ブックレット中で「ラブレター」の作編曲が谷川賢作となっていますが正しくは「大坪寛彦 作・編曲」です。
大坪さんすみません。
というわけで、大坪さんファンおよびDiVaファンみなさま、再プレスになれば訂正できると思うので、全国のCDショップから現流通在庫を一掃すべく、見つけ次第買えるだけ買っちゃってくださいね!よろしくお願いします。

ネットで購入!
amazon 詩は歌に恋をする~DiVa BEST >>
7&Y 詩は歌に恋をする~DiVa BEST >>




makoring

小さい頃から、うたいて になりたい と思った事はない。
いまだに、うたっている自分 に実感がない事さえある。
こえ というものくらいが 私と音楽を結びつけるものだったから....
私は うたう 事になった。

13年くらいも前のことか。
大坪さんから「まこりんに合っていると思うよ」と
賢作さんのデモテープを渡された。
それを聴いた時の衝撃は忘れられない。
"うたう!" と思った。
"これは私がうたうべきだ"とさえ思った。

私が うたう 事になった。
私は うたう 場を得た。

そこから約7年間
選ばれし言葉達は、さらにメロディがついて
"うた"として生まれ変わり、
どんどん私の元へ運ばれて来た。
生みの親 ではない、でも、育ての親 のような、
だからこそ宿る、託された責任感のようなものに
私の うたいて としての礎が築かれていった。

DiVaが活動休止になって
私は うたう 事をやめた。
うたう 必然性がなくなった。
うたっていられればそれでいい わけじゃない。
私には 当たり前の事だった。 2年ほど うたう 事はなかった。
でも
このまま うたう 事はないのか と言えば
それは 絶対違う とわかっていた。
私は いつか うたいだすのだろう と思っていた。
その とき は 自分で生み出さなければ と思っていた。

そして なんとか
その1歩を踏み出した頃
あらためて
DiVaが 再始動した。

久々にうたわれるDiVaナンバーは
私の からだ を通り
次々と飛び出していった。
驚いた。
私は うたう というより
こえ だけを放って
その様子を 眺めていた。
押し付けがましいものは 何一つ無い
ただただ 誇り高く 喜びに満ちた
うた 自身の 強い生命力 を 見つめていた。
とても明るくて なんとも頼もしかった。
それは 私だからこそ 見えたんだ と 自負している。

私は うたう 事にした。
やっとこさ うたおう と思うようになった。
生まれたばかりのような その思いは
やってきた事、やれる事との差に戸惑いがちだけれど
いま あらためて
うたおう
と思った。

うたをうたうとき が 来た。

高瀬 ”makoring” 麻里子

DiVaってなんですか?      谷川賢作

 このフライヤーを見て「ふ~ん、おもしろそうだな」聴いてみようかな、と思ってくれた方に少しだけDiVaのことを書きます。DiVaは1996年私が「父である詩人谷川俊太郎の詩、それも歌になることを想定して書かれていない詩を歌にした作品」がここ数年書き続けてきてたまってきて、それを発表できるバンドを組みたいなと思い、大坪寛彦(ベース)に声をかけ、彼がmakoring(ヴォーカル)を紹介してくれて、3人でやってみようかということになり、始まりました。俊太郎の詩は合唱曲としては多くとりあげられていますが、このようにバンド形態で歌われるソロの曲はあまりなかったので、静かな話題をよび、また、俊太郎&DiVaとして「詩の朗読と歌が交互に進むコンサート」というのもおもしろい試みとして全国各地でコンサートを開催していただいたりしました。アルバムもインディーズで1枚、コロムビアから2枚発表しました。順風満帆はおおげさですが、ユニークな活動は自他ともに認めるところであったのです。
 ところが2002年の1月の公演を最後にいったん活動をやめます。理由は、私が他のことをやってみたくなったから、ということなのですが、その好奇心旺盛でいろんなことに首をつっこむ私の性格に周りの人間はいつも振りまわされています(ごめんなさい この場をかりて)
 2007年の春、ひさしぶりに「そろそろまたやってみようか」と私が二人に声をかけ、再び牛歩の歩みをすすめることになりました。いや、この言い方は決して自虐的な言い方ではなく、DiVaというグループはそれぞれが自分の音楽活動の母体を持ちつつ、現代詩を歌うという「企画ものプロジェクト」として参加するというスタンスなので、これでいいのだと思います。
 今後もゆるやかに活動を続けていきますが、より多くの方に聴いていただきたいという強い気持ちは、もちろん表現者としてあります。だからCDをリリースします。このたび、コロムビア時代の2枚から選りすぐりの曲を集めたベスト盤、新たな作品をおさめた新盤の2枚を同時にリリースします。昔からのファンの方々にも「おもしろくて今までにない歌」に渇望している方々にもアピールできると、胸をはってお届けします。どうぞ聴いてください!


Wリリースチラシ表Wリリースチラシ裏



ナイーブなフォークでもなく、歌謡曲(J-POP)でもない日本語の歌を聴きたかったらDiVaなんだけど、今回のアルバムはとりわけものです。

もしかしたら僕、今までのなかで一番好きかもしれない。

楽曲も好きだし、アルバム全体がなんか自由なんだよね。

「夏が終る」は、矢野顕子さんが歌ったときもなんて素敵なんだろうと驚いたけど、今回も感心しちゃった、偉そうだけど。

やるせない夏の終わりのカリンバによりそうヴォーカル、矢野さんとも、もちろんのこと僕のとも違う、高瀬さんの新しい 「夏が終る」ですね。


小室 等(フォークシンガー/『夏が終る』作曲)







各レコード店やインターネット通販、また、各ライブ会場で扱っています。
「通販可能な作品」のカテゴリはTAM officeでの通販が可能な作品一覧です。
画像をクリックすると通販の方法が表示されます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


copyright (c)2000 - 2010 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com



makoring

小さい頃から、うたいて になりたい と思った事はない。
いまだに、うたっている自分 に実感がない事さえある。
こえ というものくらいが 私と音楽を結びつけるものだったから....
私は うたう 事になった。

13年くらいも前のことか。
大坪さんから「まこりんに合っていると思うよ」と
賢作さんのデモテープを渡された。
それを聴いた時の衝撃は忘れられない。
"うたう!" と思った。
"これは私がうたうべきだ"とさえ思った。

私が うたう 事になった。
私は うたう 場を得た。

そこから約7年間
選ばれし言葉達は、さらにメロディがついて
"うた"として生まれ変わり、
どんどん私の元へ運ばれて来た。
生みの親 ではない、でも、育ての親 のような、
だからこそ宿る、託された責任感のようなものに
私の うたいて としての礎が築かれていった。

DiVaが活動休止になって
私は うたう 事をやめた。
うたう 必然性がなくなった。
うたっていられればそれでいい わけじゃない。
私には 当たり前の事だった。 2年ほど うたう 事はなかった。
でも
このまま うたう 事はないのか と言えば
それは 絶対違う とわかっていた。
私は いつか うたいだすのだろう と思っていた。
その とき は 自分で生み出さなければ と思っていた。

そして なんとか
その1歩を踏み出した頃
あらためて
DiVaが 再始動した。

久々にうたわれるDiVaナンバーは
私の からだ を通り
次々と飛び出していった。
驚いた。
私は うたう というより
こえ だけを放って
その様子を 眺めていた。
押し付けがましいものは 何一つ無い
ただただ 誇り高く 喜びに満ちた
うた 自身の 強い生命力 を 見つめていた。
とても明るくて なんとも頼もしかった。
それは 私だからこそ 見えたんだ と 自負している。

私は うたう 事にした。
やっとこさ うたおう と思うようになった。
生まれたばかりのような その思いは
やってきた事、やれる事との差に戸惑いがちだけれど
いま あらためて
うたおう
と思った。

うたをうたうとき が 来た。

高瀬 ”makoring” 麻里子

DiVaってなんですか?      谷川賢作

 このフライヤーを見て「ふ~ん、おもしろそうだな」聴いてみようかな、と思ってくれた方に少しだけDiVaのことを書きます。DiVaは1996年私が「父である詩人谷川俊太郎の詩、それも歌になることを想定して書かれていない詩を歌にした作品」がここ数年書き続けてきてたまってきて、それを発表できるバンドを組みたいなと思い、大坪寛彦(ベース)に声をかけ、彼がmakoring(ヴォーカル)を紹介してくれて、3人でやってみようかということになり、始まりました。俊太郎の詩は合唱曲としては多くとりあげられていますが、このようにバンド形態で歌われるソロの曲はあまりなかったので、静かな話題をよび、また、俊太郎&DiVaとして「詩の朗読と歌が交互に進むコンサート」というのもおもしろい試みとして全国各地でコンサートを開催していただいたりしました。アルバムもインディーズで1枚、コロムビアから2枚発表しました。順風満帆はおおげさですが、ユニークな活動は自他ともに認めるところであったのです。
 ところが2002年の1月の公演を最後にいったん活動をやめます。理由は、私が他のことをやってみたくなったから、ということなのですが、その好奇心旺盛でいろんなことに首をつっこむ私の性格に周りの人間はいつも振りまわされています(ごめんなさい この場をかりて)
 2007年の春、ひさしぶりに「そろそろまたやってみようか」と私が二人に声をかけ、再び牛歩の歩みをすすめることになりました。いや、この言い方は決して自虐的な言い方ではなく、DiVaというグループはそれぞれが自分の音楽活動の母体を持ちつつ、現代詩を歌うという「企画ものプロジェクト」として参加するというスタンスなので、これでいいのだと思います。
 今後もゆるやかに活動を続けていきますが、より多くの方に聴いていただきたいという強い気持ちは、もちろん表現者としてあります。だからCDをリリースします。このたび、コロムビア時代の2枚から選りすぐりの曲を集めたベスト盤、新たな作品をおさめた新盤の2枚を同時にリリースします。昔からのファンの方々にも「おもしろくて今までにない歌」に渇望している方々にもアピールできると、胸をはってお届けします。どうぞ聴いてください!


Wリリースチラシ表Wリリースチラシ裏



ナイーブなフォークでもなく、歌謡曲(J-POP)でもない日本語の歌を聴きたかったらDiVaなんだけど、今回のアルバムはとりわけものです。

もしかしたら僕、今までのなかで一番好きかもしれない。

楽曲も好きだし、アルバム全体がなんか自由なんだよね。

「夏が終る」は、矢野顕子さんが歌ったときもなんて素敵なんだろうと驚いたけど、今回も感心しちゃった、偉そうだけど。

やるせない夏の終わりのカリンバによりそうヴォーカル、矢野さんとも、もちろんのこと僕のとも違う、高瀬さんの新しい 「夏が終る」ですね。


小室 等(フォークシンガー/『夏が終る』作曲)







各レコード店やインターネット通販、また、各ライブ会場で扱っています。
「通販可能な作品」のカテゴリはTAM officeでの通販が可能な作品一覧です。
画像をクリックすると通販の方法が表示されます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


copyright (c)2000 - 2010 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com