語るためには その2

「ペットサウンズ」が桁外れな傑作であることを実感。とにかく聴くべし、べし、べしべし。「ペットサウンズセッションズ」というBOXセットでは、オケのみトラックもヴォーカルのみのトラックも存分に聴くことができる。オケを作っているまさにそのアツイ現場をリアルタイムで体験もできる。この探求と実験がすごい。「欲しい音は欲しい」ただそれだけだよ。すごくよくわかります 礼!そういえば私もその昔TASCAMのカセット4tr.レコーダーで始めたのだよなあ、、、チャンネル足りないからピンポンなんかいっぱいして。あの頃の初々しい気分はどこへいってしまったのだろう。今のスタジオはオールプロツールス。てきぱきてきぱきパンチインして、効率良くすすんでいく。同期なんてかけられなくて、失敗したらもう一度あたまから通しでやってた昔の自分よ、君はえらい!そうやってIKIFの「流砂」も作ったのでした。いったいあたまから何回通しでやったのだろう あはは

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

copyright (c)2000 - 2009 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com