いつもとても真摯で紳士な続木力が好きだ! 

力さんのいいところは、朴訥だがねばり強く誠実に語るところ。その語り口は決して速くて伸びのあるストレートではないのだが、球質は重い。23日の自由学園公演での生徒達からの質問コーナーでも、自身の学園生活をふりかえりながら、ひとことひとこと丁寧に語りかけていた。すばらしい。きっと生徒一人一人の心の中に確たるなにかが残ったことだと思う。礼! そして俊太郎は的確である。いつもそのコーナーいっぱいに投げ分ける制球力のよさには脱帽である。そして彼もまたひとつひとつの質問にまっすぐに時間をかけて対峙するので時間はかかるのだが、その選ばれた言葉の感覚の鋭さに人はふとたちどまり、なにかを考えてしまう。問いかけに対する問いかけ。これもまたすごいことだ。そして私はというと、、、すぐに「笑いと軽み」に逃げようとするきらいがある。直球は見せ球でストライクをとらずに、全部変化球を低めに(あらら これはノムさんが岩隈投手に語ったことだ こりゃ)ユーモアは大切なことだが、私も二人のストレートを少しは見習おうと思う。ストレートにキレがないとね、投手は。また野球たとえ話しになったのであるが、三者三様のQ&Aコーナーであった。 この力さんの写真いいよね! 撮影はスタッフMi  です。
 RIMG0390.jpg

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

copyright (c)2000 - 2009 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com