2011年6/17(金) 賢作ソロ vol.30@公園通りクラシックス
開場19:00 開演19:30


1st.
1. Your Song
2. The man who smokes on the street
3. Unreasonable passion
4. We know we forget almost everything but still we remember something
5. 腕(かいな)の家
6. ツヒノスミカ


休憩

2nd.
1. Raindrops keep fallin' on my head
2. A song after dark
3. My back pages
4. The Hero Medley [サンダーバード〜バットマン〜鉄人28号〜鉄腕アトム]
5. 11PMのテーマ
6. Kirara girls meets tunisian girls at Edo

Enc. What a wonderful world〜朗読「ありがとう」

ゲスト:飯田雅春(ベース)/羽生一子(ドラムス)/福井賀子(ピアノ)/伊藤奈美(ピアノ)/櫻田奈緒子(ピアノ)/石井聖子(ヴォーカル)/レイチェル・チャン(朗読)

2011年6/10(金)
谷川賢作ソロ&パリャーソ@アミュゼ柏クリスタルホール
ゲスト:大館克子(朗読)
開場18:00 開演18:30

第一部 賢作ピアノソロ
1. ヒロくん
2. その時歴史が動いた
3. ゴジラのテーマ
4. 埴生の宿

第二部 大館克子&パリャーソ
1. 紙風船
2. 南の絵本
3. 雀のかあさん
4. 夕方の三十分
5. 仲なおり
6. 星とたんぽぽ
7. かぜのひきかた
8. わたしが一番きれいだったとき
9. 生きる
10. 赤ん坊がわらふ

休憩

第三部 パリャーソ
1. 六月のうた
2. 夕焼小焼~七つの子〜赤とんぼ〜ちいさい秋みつけた
3. ハーモニカミニ講座〜汽車と川
4. じしんなだめうた〜腕(かいな)の家
5. We know we forget almost everything but still we remember something
6. まりと殿様

enc. 鉄腕アトム〜ふるさと


歌われた曲のプログラムのみ記載させていただきます。ごめんなさい詩は当日に俊太郎がその場で選んでいます


1st
1. スーラの点描画の中でのように(詩・正津勉/曲・谷川賢作)
2. ぴあの(詩・谷川俊太郎/曲・谷川賢作)
3. ほん(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)
4. ころころ(詩・谷川俊太郎/曲・谷川賢作)
5. Face to Face(詩曲・谷川賢作)
6. 歌に恋して(詩・谷川俊太郎/曲・谷川賢作)
7. 歌っていいですか(詩・谷川俊太郎/曲・谷川賢作)


2nd
1. さる(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)
2. いるか(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)
3. おんなの子(詩・まど・みちお曲・大坪寛彦)
4. うそ(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)
5. 夜はやさしい(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)
6. 私たちの星(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)
7. さようなら(詩・谷川俊太郎曲・谷川賢作)

Enc. 鉄腕アトム(詩・谷川俊太郎曲・高井達雄)


 なんだかんだ言いながら、ひいきの選手の笑顔を見るのが好きです。饒舌な人も寡黙な人もおちゃめな人もこわそうな人も、みんな優勝の瞬間は笑顔になる。剛キャプテンは泣いていましたが、、、優勝という二文字を使っていいのかどうか。まあとにかく千葉ロッテマリーンズ、日本シリーズ出場権獲得、心からおめでとうございます!ファンとしてアドレナリン沸騰です!!すごくうれしいです!!!しかし、毎年のことながら今年はよりいっそう壮絶なシーズンでしたね。強いんだか弱いんだか、最後まではらはらどきどきのしどおしでした。投手陣からいきます。まずは大嶺さん、唐川さん、二人が一年間通してローテーションを守りとおすシーズンを来年から10シーズンは見たいです。お願いします。ファンはいつも盤石の「投手陣」が形成されているシーズンが楽しみ。成田、木樽、小山、八木沢、兆治さんら大先輩に一歩でも近づいてくださるのが楽しみです。成瀬さん、ものすごくほんのちょびっとだけ「稲尾さん」状況でしたね。ほんとに中4日で年間いきますか!?西村監督が「うそうそ、つぶれちゃうよ」とおっしゃってましたが、そのとおりですよね。しかし投手の身体も精神も微妙なのですね。でもホークスの2試合、トーシロの私がTV画面で見ても、フォームと間合いがきまっていて、珠のキレもいい時の成瀬さんの感じが伝わってきました。俊さんのスローカーブもリピートで流れてましたが、グッときます。まだまだいけます。よろしくお願いします。マーフィーさん「良い誤算」のブレーク、ありがとうございました。あなたがはじけなければ到底シーズン3位にはなれなかったでしょう。吉見さん、横浜より居心地がいいのではないですか?と勝手に思っていますが、「良いとき」がもう少し多いとなあ、、、宏之さん一年間おつかれさまでした。まだ日本シリーズありますが、抑えよろしくお願いします。きつい仕事ですよね。今年神宮の3塁側であなたがキャッチボールしてるのを近くで見ましたが、やっぱりプロの球はものすごい。「シューッ」て音がしてミットにおさまる「ばすっ」もドスがきいた音でびびります。(その試合はヤクルト投手陣をめった打ちにした試合でした 6/7 14vs2 七回に10点とってます金さんの満塁HRもあり)伊藤さん、小野さん、藪田さん、中継ぎの方々おつかれさまです。内さん救世主的登場、ファンとしてはほんとスカッとしました。来年はフルシーズンお願いします。投手だけで、こんなに長すぎです。野手の皆さんおつかれまさまです。日本シリーズよろしく!剛さん、2005年の清水さんのマネちょっとはいってましたか?締めのお言葉、拝受いたしました。シリーズでのご活躍期待しています。今江さん、今年の打棒、待ってました!打順も来年も固定されるかわかりませんが期待しています。井口さん、サブローさんまだまだよろしく!精神的な支柱です。荻野さんそして早坂さんカムバック楽しみ。清田さん、いけてます。レギュラーとっちゃえ。大松さん、金泰均さん、二人の大失速がファンとしての器をためされるとこすね。二人が打った時の爽快なイメージのほうが鮮烈に焼き付いておりますので、フルシーズンよろしくお願いします。福浦さん、ここぞの一打さすがです。体重増やして正解ですね。今シーズンはなんども、ここぞのHR、しびれました。里ちゃ〜ん、「痛い痛い言ってないで早くもどってくればいいのに」のキャプテンの暴言、ファンも同じ気持ちです。最高です。留守宅の的場さんもありがとうございます。あああ書きすぎです。ロッテファン以外の人には意味のない文字の羅列、、、でも、少しは読んで知ってね!しかし今日は気分がいいわい。なんでパとセとCSの日程ずらすのかなあ、明日から日本シリーズやってほしい。おっと成瀬さんの中4日だから、24日開幕がいいか!ははは
2010  6/11(金) DiVa at 町田モコモコ

1. スーラの点描画のなかでのように
2. こころのすみっこにイスをおいて
3. メガネ
4. Face to Face
5. ころころ
6. さみしさ
7. ばか
8. けしゴム
9. ひとり

 (休憩)

10. ぽつねん(まこりんソロ)
11. 歌に恋して
12. ほん〜うそ
13. 鉄腕アトム
14. 土曜日の朝
15. さようなら
16. セミ

enc.1 かえる
enc.2 夜はやさしい


その次回はいまのところまだ未定ですが、必ずやります。私、かなり積極的です。ひさしぶりにがっぷり四つに取り組める新人(注 では、ありません。若いですが、相当経験もつんでらっしゃいます でも年齢差20歳だど!) パリャーソナンバーから「地平線」 DiVaナンバーから「ほん」「かぼちゃ」 ソロナンバーから「ネリリのゆうぐれ」など、次々に歌ってくださいました。賢作曲に関する取り組み方ははんぱではないです。そして、それぞれの曲にまた新たな光をあててくださいました。こう書くと評論家みたいですが、そうとしか言いようがないのです。彼らがよく書く「曲の魅力を再発見」というやつですね 礼!×100 他にメセニー曲から「Better days ahead」「Praise」「Tell her you saw me」なども。皆様の次回のライブをお楽しみに!では、いざ大阪へ 朝9時開演にそなえて、今夜は大阪の夜はひかえます  
アットホームな楽しい会でした くりくら音楽会の今後のプログラムも楽しみです!

第一部
            朗読とピアノ
   1.生長 
   2.自己紹介  (詩集「魂のいちばんおいしいところ」より)
   3.自己紹介  (詩集「私」より)
   4.臨死船  
            朗読
 5.ネリー
 6.クール
            ピアノ
   7.愛のあと
   8.ネリリのゆうぐれ
          ~休憩~
 
第二部

        朗読:俊太郎&ピアノ黒田京子セッション 世界初演です!
    9.二十億光年の孤独
   10.悲しみは
   11.テーブルの上に
   12.花三題
          賢作歌
   13.詩人は辛い
          朗読
   14.詩集「詩めくり」より、会場のリクエストに答えて 8月19日、12月8日、12月15日、6月17日、11月13日、10月7日、9月17日、8月16日、7月21日、6月29日、5月10日、4月26日、3月23日、2月9日、1月9日、5月20日
           賢作歌
   15.ほん
           朗読
   16.まり
   17.まり また
   18.はこ
   19.はこ また
   20.いす
   21.ひも
   22.ひも また
      俊太郎歌
   23.宿題 
       賢作歌
   24.うそ

       ~アンコール~
       朗読
    25.からだの中に
       ピアノ 
   26.鉄腕アトム
2010 3/26(金) DiVa at コントラストガレリア
開場18:30 開演19:00

1. 猫を見る
2. 猫に見られる 〜 黒ねこ
3. Take me to a record shop
4. こころのすみっこにイスをおいて
5. みんなやわらかい
6. うしなう
7. ほん 〜 うそ
8. メガネ
9. 歌に恋して
 
 (休憩)
 
10. まこりんソロ
11. ころころ 〜 けいとのたま
12. かぼちゃ
13. かえる
14. あのひとが来て
15. ひとり
16. さようなら
17. とおく
 
enc.
突然のおくりもの
ばか

あわせて絶好調スタッフMiのライブレポもお楽しみください〜
ピザうま〜 しあわせ〜
と、思わず尋ねたくなるような「お仕事取材」が時々ある。「お忙しいところすみません」などと言いつつも「忙しいところ取材に来てやってんだ ありがたく思え」的な空気を全身から発散させ、さっそくですがの前置きとともに「なんの詩を読むか」「曲のタイトルは」「お二人で活動されたきっかけは」「当地の印象は」眼光鋭くメモをとりながら立ったまま矢継ぎ早の質問。我々(俊+賢)のステージはアドリブで進行しているので、当日の詩や曲はなかなか「確定」で言いにくいのに、、、とにかく固有名詞が大事主義。あと年齢と続柄も「おいくつですか?」「ご長男さんですか?」もうなんどきかれたことだろう、、、あと「思い」と「メッセージ」 ちょっと乱暴な言い方ですが、お客様には勝手にかんちがいしてほしいし、発信したものは予想もつかない受信をしてほしいのです。楽しいではないですか、そういうの。なのに自分が「楽に」書きたいもんだから「わかりやすい決めの一言」がほしいのである(ため息) もちろんこの方々、ステージは冒頭ちょっとしか見ない「申し訳ありませんが、途中で失礼させていただきます」が決まり文句。あっ調律師さんも仕事が終わるとさっさと帰る人ばかり。「立ち会いはお金かかりますよ」って立ち会いじゃなくて、演奏聴いていけばいいのに、と思うのだけど。どうせあっしの演奏なんか価値ねえはな、と、ついいじけたくなる。盟友の名調律師M君は必ずステージ聴いてく、おまけに必ず飲んでく。えらいぞ! ♪リハしてライブしてもりあがってうちあがって酔いつぶれて寝るだけ〜 で、でました〜〜!!!脱線しましたが、元に戻ると、挙げ句の果てに、朗読のいいところでおかまいなしにフラッシュばちゃばちゃたく。いいアングルでいい写真(ご当人がそう思ってらっしゃる)を紙面に掲載することが、同じ時間と空間を共有する方々より大切なのである。ようするに聴衆より読者のほうがえらいというわけだな。ははっわかりやすい記者魂。まあほんとのところは朗読とピアノの取材なんつうものは、世間を騒がす事件にくらべればどうでもいいことなんだろうけど、谷川俊太郎という「アイコン」には「よくは知らないが有名なので」一度会っておきたい、見ておきたいのだろうな。賢はどうでもいいけど(ってまたいじけてるし)とは言いつつも仲よくなる記者さんも少しずついます。金沢のTさん、また一緒に飲みましょう
「ペットサウンズ」が桁外れな傑作であることを実感。とにかく聴くべし、べし、べしべし。「ペットサウンズセッションズ」というBOXセットでは、オケのみトラックもヴォーカルのみのトラックも存分に聴くことができる。オケを作っているまさにそのアツイ現場をリアルタイムで体験もできる。この探求と実験がすごい。「欲しい音は欲しい」ただそれだけだよ。すごくよくわかります 礼!そういえば私もその昔TASCAMのカセット4tr.レコーダーで始めたのだよなあ、、、チャンネル足りないからピンポンなんかいっぱいして。あの頃の初々しい気分はどこへいってしまったのだろう。今のスタジオはオールプロツールス。てきぱきてきぱきパンチインして、効率良くすすんでいく。同期なんてかけられなくて、失敗したらもう一度あたまから通しでやってた昔の自分よ、君はえらい!そうやってIKIFの「流砂」も作ったのでした。いったいあたまから何回通しでやったのだろう あはは

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

copyright (c)2000 - 2009 TANIKAWA Kensaku,TAM office このサイトの記事および画像の無断転載を禁じます。 webmaster@tanikawakensaku.com